東京駅八重洲 東京ギフトパレット

遠方へのお土産やちょっとした手土産を探すならココ。迷うのも楽しいラインナップ。 東京駅八重洲の〈東京ギフトパレット〉が拡大リニューアル。注目の新店を紹介します。 Learn 2022.11.21

東京駅八重洲北口改札を出てすぐの場所にある〈東京ギフトパレット〉。トレンドのスイーツを中心としたお土産もののお店がたくさんが揃います。その〈東京ギフトパレット〉が11月16日にリニューアルしました。注目したい新店を中心にご紹介します。

アマンドピンクが目印の〈アマンド東京〉。吸い寄せられそうな「ナポレオンパイ」は限定品。

東京 八重洲 東京ギフトパレット

11月16日のリニューアルでは〈東京ギフトパレット〉のエリアが拡大。その新しいエリアに登場した3店舗のうちひとつが、待ち合わせの目印にもなってくれそうなアマンドピンクが印象的な〈アマンド東京〉です。

「ナポレオンパイ」1本3,456円、ハーフ1,814円、1個626円。
「ナポレオンパイ」1本3,456円、ハーフ1,814円、1個626円。

ショーケースの中で目を引くのは真っ赤なイチゴを使った「ナポレオンパイ」。〈アマンド東京〉限定の商品です。パイ生地が重なったスイーツですが、切り分けやすく、食べやすいのが特徴。上下のパイはホワイトチョコレートを塗ってサクッと、中央のパイはカスタードの水分を吸ってしっとりして、全体がまとまっています。季節ごとに旬のいちごを使って年中販売されます。

「ボン・ナポレオン」2個入り540円。
「ボン・ナポレオン」2個入り540円。
ナポレオンパイは季節のフルーツを使ったものもあります。「リングシューアマンド」も東京駅限定。
ナポレオンパイは季節のフルーツを使ったものもあります。「リングシューアマンド」も東京駅限定。

遠方のお土産には「ボン・ナポレオン」がおすすめ。フリーズドライのイチゴとホワイチョコクリームを使ったミルフィーユです。日持ちして軽くて、パッケージも本体もかわいいお菓子です。

動物性食品不使用!新しいデニッシュブランド〈プティマーブル〉。

東京 八重洲 東京ギフトパレット

〈プティマーブル〉は、動物性の食品を使用しないデニッシュの専門店として新エリアに。京都発祥のマーブルデニッシュ専門店〈グランマーブル〉による新ブランドです。

4枚入りの「プティデニッシュ アソート」は3種類各1,026円。
4枚入りの「プティデニッシュ アソート」は3種類各1,026円。

「プレーン」「あん」「祇園辻利抹茶あん」「ショコラ」「マロン(善兵衛栗)」の5種類ある「プティデニッシュ」。スライスされたものが4種類ずつかわいいボックスに入って販売されます。

デニッシュは、卵や乳などの動物性食品を使っていないのにしっとりしていてやわらか。技術の高さを伺わせます。

「プティクランチ ショコラ 5 pieces」648円。
「プティクランチ ショコラ 5 pieces」648円。

「プティクランチ」は「プティデニッシュ」を2度焼きしてショコラを絡めたクランチチョコです。サイズは小さいながら香ばしさと食べ応えのある食感が魅力。こちらも動物性の食品は不使用です。キュートなバッグ型のボックスに5個入りで、値段も手頃。気負わないプレゼントとして活躍してくれそう。

〈コートクール〉の生チョコレートのような「生ブラウニー」は1本から購入可能。

東京 八重洲 東京ギフトパレット

日本初のブラウニー専門店として恵比寿に本店を持つ〈コートクール〉も新エリアに出店しました。

「東京ブラウニー」6本入り1,350円、10本入り2,106円。
「東京ブラウニー」6本入り1,350円、10本入り2,106円。

定番の「東京ブラウニー」は厳選した2種類のクーベルチュールチョコレートを生地に練り込んでいます。外側はサクッと軽やかな食感、内部はなめらかでしっとり。くるみの食感がアクセントです。

「生ブラウニー」は5種類。右の「ピスタチオ&ヘーゼルナッツ」が東京駅限定品です。
「生ブラウニー」は5種類。右の「ピスタチオ&ヘーゼルナッツ」が東京駅限定品です。

要冷蔵の「生ブラウニー」には5種類。生チョコレートのような食感が楽しめます。「生ブラウニー ピスタチオ&ヘーゼルナッツ」が〈東京ギフトパレット〉限定です。1本から購入可能なので、自分用にも買いたくなります。

甘いオリーブ!?〈La Boutique TERAKOYA〉の「オリーブサンド」。

東京駅八重洲 東京ギフトパレット

既存エリアの新店のうち、〈La Boutique TERAKOYA〉は東京西部の小金井に1954年に創業したフレンチレストランが作るスイーツを販売しています。都心では初出店です。

「オリーブサンド」6個入り1,490円。
「オリーブサンド」6個入り1,490円。
期間限定の「クレームブリュレ」1,382円。
期間限定の「クレームブリュレ」1,382円。

「オリーブサンド」は、スペイン・アンダルシア地方で採れた大粒のオリーブを甘くして、クリームと一緒にビスキュイクッキーでサンドしたもので、世界初。

オリーブを使ったスイーツは、産地のスペインでも例がなかったそうですが、現地でも好評だったそう。

〈La Boutique TERAKOYA〉では期間限定で今だけ「クレームブリュレ」を販売中です。クレームブリュレと名付けられているものの、ヨーグルトとマスカルポーネを使ったムースや、ブルベリーのソース、オレンジラメル、ブルーベリーのソースにパンケーキなど、いくつものおいしさが重ねられた贅沢な商品です。

頬張って食べたい〈Bubby's(バビーズ)〉の「マイルハイアップルパイ」もテイクアウトでお土産に。

東京駅八重洲 東京ギフトパレット

ニューヨークに本店があり、東京都内や横浜にレストランを展開する〈Bubby's〉はテイクアウト専門店として新たに〈東京ギフトパレット〉に登場しました。

「マイルハイアップルパイ」590円。
「マイルハイアップルパイ」590円。
「サワーチェリーパイ」690円。
「サワーチェリーパイ」690円。

1切れにりんごが2個ほど使われているという「マイルハイアップルパイ」や「サワーチェリーパイ」のほか、「ニューヨークチーズケーキ」など、アメリカのおばあちゃんが作る素朴さのあるスイーツが並びます。

自宅へのお土産にもぴったりな飾らないおいしさが魅力です。

リニューアル前からあるお店も含めて、36もの店舗がならぶ〈東京ギフトパレット〉。定番からトレンドのスイーツまで、贈る人や一緒に食べたい人の顔を思い浮かべながら選べる空間として、これまで以上に楽しいお買い物ができそうです。

〈東京ギフトパレット〉
■東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅八重洲北口
■03-3210-0077(東京駅一番街代表)
■9:30~20:30(土日祝 9:00~)※一部店舗は営業時間が異なる場合があります。
■無休
公式サイト

Videos

Pick Up

記事4_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅④ | カヌーで巡るマングローブ原生林、海が青すぎる展望台…世界自然遺産を体感!絶滅危惧種を含むユニークな動植物が数多く生息する鹿児島県の奄美大島。奄美群島のひとつである徳之島、沖縄島北部、西表島とともに2021年に世界自然遺産に登録され、海外からも熱い視線が集まっています。 サンゴを育む奄美ブルーの海と白砂がまぶしいビーチ、アマミノクロウサギをはじめとする天然記念物も暮らす亜熱帯の森やマングローブの原生林。地球の宝ともいえる、奄美ならではの美しい自然を味わってみませんか? 奄美大島は「アクセスが良くない」というイメージもありますが、LCCのPeachが運航する直行便なら、成田空港から約3時間、関西空港から約2時間。そして時期によっては片道4,990円からとリーズナブル! “遠い楽園”が身近になるPeachの直行便で奄美大島2泊3日の旅に出たのは、ハナコラボパートナーである藤井茉莉花さん。今回は美しい海岸と展望台、マングローブの森でのカヌーツアーを体験した絶景&アクティビティ編をお届けします。 ※奄美群島のアクティビティの情報は、「あまみシマ博覧会」のサイトでも探せます。 https://www.amami-shimahaku.com/ 公式サイトはこちらTravel 2023.03.22 PR
お散歩がてら“おいしい”を満喫!東京・町田のレトロなグルメスポット5選お散歩がてら“おいしい”を満喫!東京・町田のレトロなグルメスポット5選いま最も注目を集めるスポット・町田。活気あふれる商店街を始め、地元の人に愛される洋食店、100年以上続く名店など、気になるお店が盛りだくさんなんです。そこで、今回は“レトロ”をキーワードに、いま行くべきグルメスポットを厳選。次の休日、きっと町田に行きたくなる!(PR/町田市)Food 2023.03.22 PR
SPpeachPeachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅。2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で豊かな森も美しい海も楽しめ、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高くなるのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です! 日本のLCCを代表するPeachなら、奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損!Travel 2023.02.28 PR
記事2_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅② | とれたての海鮮丼から、島唄居酒屋で歌って踊って!?2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で、豊かな森も美しい海も楽しめ、「沖縄より混雑していない」ことでも注目されて、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高いのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です!日本のLCCを代表するPeachなら奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4,990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損! そこで、ハナコラボ パートナーである藤井茉莉花さんが奄美大島2泊3日の旅へ。 奄美に魅せられて移住し、現在は多拠点でライターや通訳士として活動する藤原志帆さん(https://enjoy-amami.com/)に教わったおすすめスポットをまわります。 今回は海鮮丼、島唄割烹、お土産のセレクトショップなど、グルメ&お買い物編をお届けします。 公式サイトはこちらTravel 2023.03.07 PR