IMG_1292

全国初「タバコの匂いがつかない」横丁! 赤坂に気軽にハシゴ酒が楽しめるスタイリッシュなバル横丁が誕生! Food 2017.06.24

赤坂見附駅から徒歩3分にある〈赤坂バル横丁〉は、6月15日(木)にオープンしたばかりの今注目の最新グルメスポット。ちょっとずつ色んな美味しいものを味わいたい女性や、テレビで話題の「はしご酒」を楽しんでみたい方、必見です!

■9つのお店がひしめく、ニュースタイル横丁とは。

pic1

〈赤坂バル横丁〉は、飲食店が軒並み立ち並ぶ「赤坂みすじ通り」にあります。バラエティに富んだ9つの店舗が集結しており、女性でも気軽にハシゴ酒が楽しめるようになっています。

pic2

スタイリッシュでオシャレな店内は、いるだけでテンションが上がります!

しかも、喫煙はIQOS(アイコス)という加熱式タバコのみが認められているため、タバコの匂いが苦手な人でも安心して楽しめます!(IQOSを持ってない方は各店舗で貸し出しもやってます)まずはぐるっと回って、気になるお店に入ってみましょう。

■女性必見!泡とムール貝の専門店。

pic3

一番奥の区画にあるのが、スパークリングワインとムール貝の専門店、〈Gracia〉。

pic4

お店イチオシのメニュー「ソースで食べるムール貝」(490円)は、5種類のソース(ピリ辛トマト・バジル・ブルーチーズ・和風・エスニック)から選べます。

中でも人気のトマトソースは、主役のムール貝に負けずとも劣らない本格的な味付けで、あっという間に完食。1人1皿は注文したい絶品メニューです。

pic5

併せて飲みたいのが「こぼれスパークリング」(490円)

目の前で、スパークリングワインがこぼれ落ちるまで注がれるのを見ている時の幸福感と言ったら、たまりません!これで490円とはかなりお得です。

■東北の地酒と旬の海産物を味わうならココ。

pic6

赤坂の人気店「トレジオン」が手がける日本酒バル。

今が旬の宮城県雄勝湾産の殻付きウニ(780円)は、甘みがあってクリーミー。南三陸のゴロゴロたこわさび(480円)は身が大きくて噛み応えがあり、口いっぱいに旨味が広がります。
他にも、宮城県石巻の炙りしめ鯖(880円)や三陸の活ホタテの刺身(580円)などがあり、美味しいお魚と東北6県の地酒が心ゆくまで堪能できます。

pic7
pic8

オーナーの吉田慶さんと奥様の貴子さん。

もともとNPO職員で東日本大震の復興ボランティアなどをしていたオーナーが、「震災後も東北と関わりたい」という思いで始めたのがキッカケだそうです。お二人の明るい笑顔と熱い想いにキュン。

■普通じゃない「進化系」の餃子を食べるならココ。

pic9

餃子〈GYOZA!365〉

最近では女性にも根強い人気を誇る餃子ですが、そろそろ普通の餃子に飽きてきた人もいるのでは?そんな方にオススメなのがこちらの餃子、いや「GYOZA!」です。

肉ペッパーGYOZA!

牛肉とニンニクとペッパーが効いた、ガツンと系餃子。
ひんやり冷たくて、口に入れた瞬間にホロホロと溶けてなくなるゴルゴンエアロソース(150円)との相性も抜群です。
肉ペッパーGYOZA!

牛肉とニンニクとペッパーが効いた、ガツンと系餃子。
ひんやり冷たくて、口に入れた瞬間にホロホロと溶けてなくなるゴルゴンエアロソース(150円)との相性も抜群です。

肉ペッパーGYOZA!

牛肉とニンニクとペッパーが効いた、ガツンと系餃子。
ひんやり冷たくて、口に入れた瞬間にホロホロと溶けてなくなるゴルゴンエアロソース(150円)との相性も抜群です。

クラシックGYOZA!

一見普通の餃子と思いきや、中にニラが入っていない代わりに、奥に見える緑色のソース(ニラとオリーブオイルを合わせて色と香りを抽出したもの)につけて食べるという、新感覚餃子。
クラシックGYOZA!

一見普通の餃子と思いきや、中にニラが入っていない代わりに、奥に見える緑色のソース(ニラとオリーブオイルを合わせて色と香りを抽出したもの)につけて食べるという、新感覚餃子。

クラシックGYOZA!

一見普通の餃子と思いきや、中にニラが入っていない代わりに、奥に見える緑色のソース(ニラとオリーブオイルを合わせて色と香りを抽出したもの)につけて食べるという、新感覚餃子。

pic12

お豆やアボカドなどの野菜が主役の「ベジ揚げ餃子」は、メキシカンテイストのソースにつけていただきます。野菜の重厚感がしっかりと感じられるので、ヘルシーだけど食べ応えのある逸品です。

■まだまだあります!魅力的なお店。

他にも、鶏肉専門店による焼鳥屋〈白金気鶏〉、ラムチョップの〈CHOP SHOP〉、焼野菜の〈畑人 焼野菜〉、国産ワインとご当地料理の〈Editor’s Fav るるぶキッチン〉、スパイスバル/カレーの〈GSC/Good Spice Curry〉、燻製とウイスキーの〈PIER69〉といった、個性派店舗が大集結。ランチタイムも営業中なので、思いきって昼から飲みに行くのはいかがでしょうか?

隣の席の人とも店員さんとも距離が近いので、一人酒も楽しめそう。婚活中の皆さんは、素敵な出会いに期待大です!

pic13
pic14
pic15
pic16
赤坂バル横丁

〈赤坂バル横丁〉
■東京都港区赤坂3-17-1 いちご赤坂317ビル1F
■赤坂見附駅より徒歩3分・赤坂駅より徒歩5分
■平日 11:30〜14:00/17:00〜23:30
 土曜 11:30〜23:30
 日祝 11:30〜22:30
※連休の場合は最終日は日曜同様、その他は土曜扱い。
■定休日無
■約160席(全体)

こんな記事もオススメ!
☆イマ東京で飲みに行きたいお店まとめはコチラ!
☆クラブ前にオススメ!六本木に誕生したラグジュアリーなバーラウンジはコチラ!
☆銀座コリドー街に誕生した〈メーカーズマーク〉のスタンディングバーはコチラ!

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR