170628_Hanako_597.eps

野菜とミートたっぷりのブリトーがたまらない! 夏に食べたい、スパイシーでヘルシーなメキシカンが東京に!都内のおいしいメキシコ料理店4選 Food 2018.06.23

暑さが厳しいこの時期、食べ物にも刺激を求めてしまうのはなぜでしょう…!そんな人にオススメなのがスパイシーでクセになるメキシコ料理。都内のメキシコ料理店を4店Hanakoがご紹介します!ビールにも合うラテンの味が、たまりません!

1.【閉店情報あり】辛いソースとシャキシャキ野菜がやみつき〈グズマン イー ゴメズ 六本木一丁目店〉/六本木

DSC3380

ブリトーの中に入れる具材とソースを三段階の辛さから自由に選べるこちらは、辛い物好きな人にオススメしたいお店だ。

「ブリトーボウルレギュラー」820円
「ブリトーボウルレギュラー」820円

グルテンフリーのブリトーボウルはとってもヘルシーでジューシーなチキンとソースの辛さがやみつきになる。野菜もシャキシャキであと引く美味しさ。

トルティーヤで巻いた「ブリトー」820円も人気。

(Hanako1138号P81掲載/photo : Masato Moriyama text : Mariko Uramoto)

2.キューバお馴染みの味を楽しめるメキシカンダイナー〈Café Habana TOKYO〉/渋谷・代官山

habana-003

NY発の人気キューバンメキシカンダイナーが日本初上陸!

DMA-habana-019

柑橘やハーブでマリネした豚の塊肉を約5 時間じっくりと火を入れた「シトラスマリネのローストポーク」は、キューバでおなじみの一品。ほろほろとやわらかく、さっぱりとした酸味がクセになる味。

1,500円。プレート左がポーク。イエローライス、ブラックビーンズと、揚げバナナ、ピコデガヨ(フレッシュサルサ)添え。シンプルなおいしさが◎

(Hanako1127号P34掲載/photo:Kayoko Aok(i P.34) text:Yumiko Ikeda)

3.音を感じる店内でのびのび〈バレアリック飲食店〉/世田谷

DMA-A26A1514

「お客さんに自由に使ってほしかったので、広い意味で“飲食店”と名付けました」と店主の國本快さんが話す通り、たくさんのグリーンで彩られた店内は、昼から夜まで居心地がいい。店名に“バレアリック”と掲げていることからも窺えるように、音楽好きが集まる店としての一面もあり、DJがプレイするイベントも不定期開催中。

メキシカンブリトー900円、ブルームーン樽生650円
メキシカンブリトー900円、ブルームーン樽生650円

(Hanako1143号/photo : Ikuko Yamada, Yutaro Tagawa, Jiro Fujita text : Kayo Yabushita, Makoto Tozuka, Rio Hirai)

4.ブリトーもタコスも野菜満載な〈with PADDY〉/吉祥寺

paddy_0010_atari

「ジャンクなイメージをヘルシーにシフトしたい」。具材をぎっしり巻いたブリトーは、ずしりと重量感はあるが食後感は軽やか。

ビーフブリトー1,100円
ビーフブリトー1,100円

+300円で、コーンチップ(またはポテト)とドリンクが付く。写真のドリンクはオーガニックレモネード700円(セット可)。

その理由は、レタス4種、タマネギスライス、ダイコン&ニンジンの千切りなど、驚きの野菜量なのだ。さらに、アマランサスやチアシードなど、スーパーフードも加わり栄養バランスもばっちり。ライス抜きやベジタリアン対応も。

シュリンプブリトーボウル1,100円
シュリンプブリトーボウル1,100円
s_paddy_0001_atari

燻製赤唐辛子、ハラペーニョ、マヨネーズベースの3種の自家製サルサはお好みで。

(Hanako1151号掲載/photo : Michi Murakami text : Yumiko Ikeda)

Videos

Pick Up

記事4_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅④ | カヌーで巡るマングローブ原生林、海が青すぎる展望台…世界自然遺産を体感!絶滅危惧種を含むユニークな動植物が数多く生息する鹿児島県の奄美大島。奄美群島のひとつである徳之島、沖縄島北部、西表島とともに2021年に世界自然遺産に登録され、海外からも熱い視線が集まっています。 サンゴを育む奄美ブルーの海と白砂がまぶしいビーチ、アマミノクロウサギをはじめとする天然記念物も暮らす亜熱帯の森やマングローブの原生林。地球の宝ともいえる、奄美ならではの美しい自然を味わってみませんか? 奄美大島は「アクセスが良くない」というイメージもありますが、LCCのPeachが運航する直行便なら、成田空港から約3時間、関西空港から約2時間。そして時期によっては片道4,990円からとリーズナブル! “遠い楽園”が身近になるPeachの直行便で奄美大島2泊3日の旅に出たのは、ハナコラボパートナーである藤井茉莉花さん。今回は美しい海岸と展望台、マングローブの森でのカヌーツアーを体験した絶景&アクティビティ編をお届けします。 ※奄美群島のアクティビティの情報は、「あまみシマ博覧会」のサイトでも探せます。 https://www.amami-shimahaku.com/ 公式サイトはこちらTravel 2023.03.22 PR
お散歩がてら“おいしい”を満喫!東京・町田のレトロなグルメスポット5選お散歩がてら“おいしい”を満喫!東京・町田のレトロなグルメスポット5選いま最も注目を集めるスポット・町田。活気あふれる商店街を始め、地元の人に愛される洋食店、100年以上続く名店など、気になるお店が盛りだくさんなんです。そこで、今回は“レトロ”をキーワードに、いま行くべきグルメスポットを厳選。次の休日、きっと町田に行きたくなる!(PR/町田市)Food 2023.03.22 PR
SPpeachPeachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅。2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で豊かな森も美しい海も楽しめ、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高くなるのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です! 日本のLCCを代表するPeachなら、奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損!Travel 2023.02.28 PR
記事2_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅② | とれたての海鮮丼から、島唄居酒屋で歌って踊って!?2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で、豊かな森も美しい海も楽しめ、「沖縄より混雑していない」ことでも注目されて、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高いのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です!日本のLCCを代表するPeachなら奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4,990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損! そこで、ハナコラボ パートナーである藤井茉莉花さんが奄美大島2泊3日の旅へ。 奄美に魅せられて移住し、現在は多拠点でライターや通訳士として活動する藤原志帆さん(https://enjoy-amami.com/)に教わったおすすめスポットをまわります。 今回は海鮮丼、島唄割烹、お土産のセレクトショップなど、グルメ&お買い物編をお届けします。 公式サイトはこちらTravel 2023.03.07 PR