FotoJet (15)
s

蔵前の新星ロースター〈LEAVES COFFEE ROASTERS〉|斉藤アリスのコーヒースタンド探訪 Food 2023.01.06

カフェ好きで知られるモデルの斉藤アリスの連載がリニューアル!今度は「コーヒースタンド」をテーマに、気になるお店をご案内します。

アリスが来た!
アリスが来た!
(左から)石井康雄さんと斉藤アリス。
(左から)石井康雄さんと斉藤アリス。
お店の外観。
お店の外観。

2019年に蔵前に生まれたロースター〈LEAVES COFFEE ROASTERS〉へ行ってきました。有名店のバリスタさんやコーヒー通の方に「おすすめのお店は?」と聞くと、必ず名前のあがるお店です。そしてオーナーバリスタの石井康雄さん、実は私がライターデビューした頃にご取材させていただいたことがあるんです。うれしい再会に笑顔が溢れる。

管理職の1年分の給料は下らない?高価な焙煎機。
管理職の1年分の給料は下らない?高価な焙煎機。
1950年代の「Probat UG-15」。
1950年代の「Probat UG-15」。
入口に飾られた幸運の絵葉書。
入口に飾られた幸運の絵葉書。

お店に入ってまず目に飛び込んできたのは、大きな焙煎機。ドイツから取り寄せたという1960年代の「Probat UG-15」は、まるで蒸気機関車のよう。男のロマンを感じます。「上質な鉄は蓄熱性が高いので、豆の内部までしっかりと熱を伝えてくれます。それが優しくて立体感のあるコーヒーを作ってくれます」と石井さん。年代物なうえに海外製のため、日本とは電圧が異なり、動くまでに苦労したそうだ。
「もうダメかなぁと思った頃に小包が届いて、なぜかそのタイミングで稼働したんですよ。その小包に入っていた絵葉書は、験担ぎとして今でもお店に飾っています」(石井さん)。

石井さんが淹れてくれました。
石井さんが淹れてくれました。
ガスが少ないため泡立ちは控えめ。
ガスが少ないため泡立ちは控えめ。
エチオピアのゲシャ。
エチオピアのゲシャ。

カフェがオープンしているのは、土日月と祝日のみ。それ以外の日はロースターとして、お豆の焙煎に集中しています。さっそく挽きたてのお豆を淹れてもらいました。「浅煎りだから新鮮な豆でもあまり泡が立たなんです」(石井さん)」。

いただきまーす。
いただきまーす。
2杯目はグアテマラ。
2杯目はグアテマラ。
1杯のコーヒーと向き合う時間。
1杯のコーヒーと向き合う時間。

最初にいただいたのは、エチオピア産のゲシャ種。優しい柑橘の甘さのあとに、ジャスミンの花のような香りが鼻を抜けます。
「それぞれの産地と品種の個性を出すことを大切にしています。冷めてからの方がフレーバーを感じると思うので、ゆっくりと温度変化を感じながら楽しんでみてください」(石井さん)。

グルテンフリーのクッキー。
グルテンフリーのクッキー。
左はチョコのフレーバー。
左はチョコのフレーバー。
塩気が効いていておいしい。
塩気が効いていておいしい。

カウンター横では、コーヒーのお供になるクッキーを販売しています。京都市にある焼き菓子教室〈Kathy's Kitchen〉のもの。グルテンフリーのクッキーは、ほんのり塩気が効いていておいしい。実は絵葉書入りの小包を送ってくれたのが、このクッキーを作っているキャシーさんだったんです。なんだか運気、アップしそう!

コーヒーコンブチャ。
コーヒーコンブチャ。
シュワっと爽快感!
シュワっと爽快感!

埼玉県川口市のコンブチャブルワリー〈_SHIP〉とコラボした期間限定のコーヒーコンブチャも頂きました。
「うちのような浅煎りのコーヒー豆と、コンブチャは相性がすごくいいんですよ。いろいろ試した結果、1番相性の良かったケニアの豆を使っています」(石井さん)。コンブチャのもつ繊細な酸や甘さと、ケニアのもつベリーの風味が合わさって、とても爽やか!ノンアルのクラフトビールのようでした。

自家製ラテベース。
自家製ラテベース。
布製のコーヒーネル。
布製のコーヒーネル。
グッズコーナー。
グッズコーナー。
近所にある支店〈Leaves Coffee Apartment〉。
近所にある支店〈Leaves Coffee Apartment〉。

お店の一角では、オリジナルグッズやお豆の販売も。地球環境と健康をテーマに、石井さんの選び抜いたこだわりの品々が並びます。今回、取材した本店のロースターから歩いて6分のところには、コーヒースタンド〈Leaves Coffee Apartment〉があります。こちらは月曜日以外、営業しているので、平日にはこちらへどうぞ。

〈LEAVES COFFEE ROASTERS(リーブス コーヒー ロースターズ)〉

■東京都墨田区本所1-8-8
■03-5637-8718
■10:00〜17:00
■火水木金休

photo:Miyu Yasuda

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR