駒場東大前をぶらり。歴史の残り香を捕まえて|花井悠希の「この街この駅このパン屋」
FotoJet (15) 駒場東大前をぶらり。歴史の残り香を捕まえて|花井悠希の「この街この駅このパン屋」

駒場東大前をぶらり。歴史の残り香を捕まえて|花井悠希の「この街この駅このパン屋」 Food 2023.01.05

ヴァイオリニストの花井悠希さんがお届けする、新しいカタチのパン連載。1つの駅、1つの街にフォーカスを当て、ここでしか出会えないパン屋さんを見つけていきます。

始まりました、新連載!

駒場東大前をぶらり。歴史の残り香を捕まえて|花井悠希の「この街この駅このパン屋」
駒場東大前をぶらり。歴史の残り香を捕まえて|花井悠希の「この街この駅このパン屋」

その名も「花井悠希の『この街この駅このパン屋』」。駅に降り立ち、街をぐるりと見渡してみる。実際に降り立たなければ分からない街の音や香り、彩り、空気。耳を澄まして、じっと見つめて、鼻をクンクンさせて…と、五感をフルに使って街を味わう感覚は、パンと向き合うときと少し似ているかも?
こちらの連載では、毎回1つの駅、1つの街にフォーカスを当て、この街この駅だからこそ出会えるパン屋さんを見つけていきます。パン屋だけじゃなく街も引っくるめて味わい尽くそうというわけです。

今回の街…駒場東大前駅周辺

「駒場東大前駅」を散策します!
「駒場東大前駅」を散策します!
東口を出ると東京大学駒場キャンパスに。(撮影:花井悠希)
東口を出ると東京大学駒場キャンパスに。(撮影:花井悠希)

そんな新連載第1回目に取り上げるのは、京王線「駒場東大前駅」。改札を通り抜け、コンコンと一段ずつ階段を降りると、目の前に立ちはだかった景色に「わぁ!」と声をあげてしまいました。あのテレビでよく見る(おのぼりさんか!)東大がそびえ立っているではありませんか。そりゃあ駒場東大前駅だものね、恐れ入りました!この駅、そしてこの街は、この景色と共にあるのね。と、象徴的な景色を前に、新たなテーマでの第一歩にぴったりな駅を選んだなぁと、自分自身にそっとグッドサイン。

1軒目〈BUNDAN COFFEE & BEER〉

旧前田家本邸洋館。
旧前田家本邸洋館。
カフェは、青い看板が目印。
カフェは、青い看板が目印。
日本近代文学館に併設されています。
日本近代文学館に併設されています。

東大のおとなりにある駒場公園には旧前田家本邸など重要文化財が残されており、子どもたちが遊ぶ公園らしい姿と、大人がじっくりと建築や歴史の息吹を感じられる側面が同居しているのが興味深い。その中にある日本近代文学館に併設されているのが〈BUNDAN COFFEE & BEER〉です。

駒場東大前をぶらり。歴史の残り香を捕まえて|花井悠希の「この街この駅このパン屋」

天井まで見上げる本棚が印象的な店内には、稀少本から日本文学史を彩る名作まで約2万冊の書籍があり、どの本も自由に閲覧ができます。メニューも、文学の中に出てきたお食事や作家をイメージしたコーヒーのブレンドなど、文学好きにはたまらないラインナップ。そんなこちらで、三宿の名店〈シニフィアン・シニフィエ〉のパンを使ったサンドイッチがいただけると聞きつけて、お邪魔してきました。

(左から)「レバーパテトーストサンドイッチ」と「寺田寅彦の牛乳コーヒー」。
(左から)「レバーパテトーストサンドイッチ」と「寺田寅彦の牛乳コーヒー」。
シャキシャキとしたピクルスがポイント。
シャキシャキとしたピクルスがポイント。
具だくさんだけどバランスの良い断面にニンマリ。
具だくさんだけどバランスの良い断面にニンマリ。

メニューは、谷崎潤一郎氏の小説『蓼食う虫』にて、主人公の1人である美佐子が夫と子どもを置いて家を出ることを決めた場面で作っていたトーストサンドイッチから発想を得たそう。
なんと瑞々しいサンドイッチなのでしょう!そんな複雑なシーンで出てくるサンドイッチだということを忘れてしまうほどの瑞々しさに、ついつい口元がほころんでしまいます。パンはさすがのしっとりもちもち具合。レバーパテは柔らかくふわふわで、レバーの風味が強すぎないので朝からいけちゃうんだな。トレビスの苦味はパテの大人味にそっと寄り添い、野菜のピクルスはシャキシャキとフレッシュな酸味を、アクセントのコブサラダドレッシングはパンとレバーパテとの橋渡し役と、1つ1つがしっかり役を全うしています。添えられたスクランブルエッグは甘めの味付けでふわふわ。コーヒーをミルクで煮出した角のない柔らかな味わいの牛乳コーヒーと一緒にいただけば完璧な朝食に。

「シェイクスピアのスコーン」。スコーンはシェイクスピアからきているなんて!
「シェイクスピアのスコーン」。スコーンはシェイクスピアからきているなんて!
手で横半分に割って食べるのがマナーなんだとか。
手で横半分に割って食べるのがマナーなんだとか。

スコーンは、シェイクスピアの戯曲『マクベス』に登場する「運命の石」と呼ばれる石(スクーンの石)から名付けられているのだとか。口に入れた瞬間、ほわっと広がるやわらかでミルキーな風味が童心にかえらせてくれるような優しさでいっぱい。母の存在を思いだすような優しさです。ゴツゴツしつつ、しっとりした生地は甘さ控えめで繊細な口溶け。同じく甘さ控えめの生クリームとブルーベリージャムを添えていただきました。

メニューを読むところから文学への扉が開くような素敵なお店。情景を想像しながらいただくパンたちに、なんだか1つも2つも心がふくよかになった気分になりました。

〈BUNDAN COFFEE & BEER〉
■東京都目黒区駒場4-3-55(日本近代文学館内)
■03-6407-0554
■9:30〜16:20(L.O.15:50)
■月日、第4木休(月曜祝日の場合は営業、火休) ※文学館に準拠します。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR