FotoJet (15) のコピー
FotoJet (15)

エキスパートが真剣に選ぶ!東西スイーツリレー 年末年始に贈りたい、見た目もかわいい手土産3選|和菓子、ネオ和菓子専門家・安原伶香 Food 2022.12.27

和菓子・ネオ和菓子専門家の安原伶香さんと、スイーツアンバサダーのnanshi(ナンシ)さんが、毎月交替でテーマに沿ったおすすめスイーツをナビゲート。今月は安原さんが、「年末年始にぴったりの手土産」を紹介します。

こんにちは!安原伶香です

年末年始に贈りたい、見た目もかわいい手土産3選|和菓子、ネオ和菓子専門家・安原伶香さん

本記事を初めて見てくださったみなさまは初めまして、以前の連載『和スイーツ研究家・安原 伶香の最新スイーツレポート!』をご覧いただいていたみなさまは改めまして、和菓子・ネオ和菓子専門家の安原伶香です。今回からこちらの新連載がスタートしましたので、簡単に自己紹介させていただきます。私は老舗和菓子屋〈大三萬年堂〉の13代目で、和菓子・ネオ和菓子専門家としても活動しております。本連載では、伝統的な和菓子や和洋折衷の和スイーツの魅力をお伝えしていきたいと思っています。

【年末年始の手土産3選】1.〈白樺〉の「たらふくもなか」

「たらふくもなか」6個入り 1,550円
「たらふくもなか」6個入り 1,550円

1つ目は、〈白樺〉の「たらふくもなか」。ぽっちゃりとした見た目がなんとも愛らしい、招き猫をモチーフとした最中は、“白いダイヤ”と呼ばれる希少な北海道産の白小豆を使用。銅鍋で丁寧に炊きあげた黄金色のあんこは、あっさりとした中に独特のコクがあり、小豆の粒あんとはまた違うおいしさ!白小豆の粒の食感もちょうど良いのです。また、最中の皮も厚すぎず薄すぎず、あんことのバランスが絶妙で、香ばしい風味としっとり柔らかな舌触りが尚良いポイントです。

「紅白祝い箱 たらふくもなか」6個入り 1,650円
「紅白祝い箱 たらふくもなか」6個入り 1,650円

そしてなんと、年末年始は数量限定で「紅白祝い箱 たらふくもなか」が登場します。紅白の招き猫でおめでたさが増し、さらに縁起の良い和菓子に仕上がっています。ちなみに、紅の最中には赤い小豆粒餡と求肥、白の最中には白小豆粒餡がたっぷり詰まっています。

〈御菓子司 白樺〉
■東京都墨田区江東橋2-8-11
■03-3631-6255
■8:00~18:00
■月休、火不定休
■お取り寄せサイトはこちら

【年末年始の手土産3選】2.〈タケノとおはぎ〉の「おはぎ」

「おはぎ」1個 180円〜
「おはぎ」1個 180円〜

2つ目は、〈タケノとおはぎ〉の「おはぎ」。ここでは、定番の「つぶあん」と「こしあん」に加え、日替わりで全7種類のおはぎを取り揃えています。組み合わせは毎回違うため、行く度に新しいおはぎとの出会いがあるかも。また、できる限り有機栽培の素材を使用しているのもうれしいポイント。見た目のかわいらしさに加え、素材にもこだわりが溢れていますね。保存料や人工着色料も不使用のため、お子様からご年配の方まで安心してお召し上がりいただけます。

「名残の華」7,180円(12月31日、60箱限定発売)
「名残の華」7,180円(12月31日、60箱限定発売)

〈タケノとおはぎ〉では、おはぎとは思えないほどのフォトジェニックなビジュアルも魅力。2022年12月31日発売の「名残の華」は、椿・芍薬・和薔薇の全3種類のおはぎの詰め合わせで、年末限定にぴったりなおめでたい逸品。手土産にも喜ばれること間違いなし。

〈タケノとおはぎ 桜新町店〉
■東京都世田谷区桜新町1-21-11
■03-6413-1227
■12:00〜18:00(売切次第終了)
■月火、不定休

【年末年始の手土産3選】3.〈ハイアット リージェンシー 東京 & 大三萬年堂HANARE〉の「和くっきぃ〜花鳥風月〜」

「和くっきぃ〜花鳥風月〜」3,500円
「和くっきぃ〜花鳥風月〜」3,500円
「よもぎ抹茶」
「よもぎ抹茶」
「梅昆布茶」
「梅昆布茶」
「ショコラ山椒」
「ショコラ山椒」
「うぐいすきなこ」
「うぐいすきなこ」

3品目は、〈ハイアット リージェンシー 東京〉と〈大三萬年堂HANARE〉のコラボレーション第5弾「和くっきぃ〜花鳥風月〜」。日本の美しい自然をテーマに、「花鳥風月」をモチーフにした、見た目も華やかな縁起の良いクッキー缶は、2年の歳月を経てようやく完成した自信作です!
クッキーのフレーバーは「よもぎ抹茶」「梅昆布茶」「紫芋」「宇治抹茶」「ショコラ山椒」「うぐいすきなこ」の全6種。それぞれの和素材にあった味わいや食感、くちどけの良さを追求し、最後の1枚まで楽しんでいただけるようなバランスの良い内容に仕上がっています。とにかく、佐藤シェフがつくるクッキー(焼き菓子)は本当においしい…。味わい、食感、見た目、全てが素晴らしいので、クッキーや焼き菓子がお好きな方はぜひご賞味いただきたいです。個人的に、ほろほろ食感の「うぐいすきなこ」と意外性のある「ショコラ山椒」がおすすめ。
日本茶やコーヒー、紅茶に加えて、お酒とも相性抜群なので、様々なシーンでお楽しみいただけますし、ご自分へのご褒美として、お世話になった方へのギフトとして、また年末年始での集まりにも◎。お正月や年始のスイーツ初めにぴったりな縁起の良い「和くっきぃ〜花鳥風月〜」、ぜひみなさまでお楽しみくださいませ。

〈大三萬年堂 HANARE 渋谷東急フードショー店〉
■東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ1階
■03-3477-4687
■10:00〜21:00 ※コロナ感染対策のため時間変更あり
■定休日は施設に準ずる
■〈大三萬年堂HANARE〉のオンラインショップはこちら
 〈ハイアット リージェンシー 東京〉のオンラインショップはこちら

みなさま、良いお年を〜!

次回のテーマは…「知る人ぞ知る焼き菓子」

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR