ショーケースには種類豊富なお惣菜も並ぶ。〈エピスリー ガルガンチュワ〉で、“ホテルの味”をテイクアウト。

銀座で上質な品々と出会う。大銀座のホテルブティックに注目 Food 2023.01.17

いつだって、大銀座のホテルは心を弾ませてくれる特別な場所。ホテル内のブティックへ、話題のスイーツを求めて。

1.帝国ホテルの〈ガルガンチュワ〉ミシュラン三ツ星の名店が手がける和スイーツも。

16世紀にフランスで活躍した作家、フランソワ・ラブレーの小説に登場する、美食家で大食漢の王様の名前にちなんでその店名がつけられた〈帝国ホテル 東京〉の〈ガルガンチュワ〉。ホテルショップの先駆けとして多くのゲストに親しまれたが、開店50周年を迎えるにあたり、売り場面積を拡張。マカロンやケーキを販売する〈パティスリー ガルガンチュワ〉、惣菜やパンが評判の〈エピスリー ガルガンチュワ〉、焼菓子や冷凍食品を扱う〈カドー ガルガンチュワ〉の3つのエリアを設け、伝統と革新を重んじる〈帝国ホテル〉ならではの食の魅力を発信している。

〈いったつみとらどう〉の椰子の白わらび餅は〈エピスリー ガルガンチュワ〉で購入可。日本料理の名店〈神楽坂 石かわ〉と〈虎白〉が考案した和のスイーツ。わらび餅のぷるんとした食感とココナッツのやさしい風味に夢中。16個入り3,888円。
〈いったつみとらどう〉の椰子の白わらび餅は〈エピスリー ガルガンチュワ〉で購入可。日本料理の名店〈神楽坂 石かわ〉と〈虎白〉が考案した和のスイーツ。わらび餅のぷるんとした食感とココナッツのやさしい風味に夢中。16個入り3,888円。

なかでも話題なのが、ミシュランの三ツ星の名店として知られる〈神楽坂 石かわ〉と〈虎白〉が手がける〈いったつみとらどう〉の椰子の白わらび餅。わらび粉とココナッツミルクを練り上げ、もちもち食感に仕上げたスイーツは、日本の〝一流〟を舌で感じられる逸品。店舗ではここでしか手に入らない特別感にも心が弾む。

ショーケースには種類豊富なお惣菜も並ぶ。〈エピスリー ガルガンチュワ〉で、“ホテルの味”をテイクアウト。
ショーケースには種類豊富なお惣菜も並ぶ。〈エピスリー ガルガンチュワ〉で、“ホテルの味”をテイクアウト。
コーヒーのテイクアウトも。
コーヒーのテイクアウトも。
ブティック内にはイートインスペースあり。
ブティック内にはイートインスペースあり。

〈帝国ホテル 東京ホテルショップ ガルガンチュワ〉
住所:東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテルプラザ東京1F 
営業時間:10:00~19:00 
定休日:無休 
席数:8席
TEL:03-3539-8086

2021年12月に全面リニューアル。ホテルメイドのパンやデリ、ワインなども購入できる。環境に配慮した包材を使うなどの取り組みも。

2. ザ・ペニンシュラ東京 〈ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ〉中国の伝統菓子をリッチかつモダンに再現。

香港の伝統や文化を受け継ぐ〈ザ・ペニンシュラ東京〉。秋の風物詩として、毎年楽しみにしているファンが多いのが、〈ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ〉で購入できるザ・ペニンシュラ ミニエッグカスタード月餅(5,888円・8個入り)とヘイフンテラス特製ホームメイド月餅(6,088円・8個入り)だ。アヒルの塩漬け卵黄やカスタードパウダーを混ぜた餡が特徴で、濃厚な風味に幸せ気分が高まる。
共に期間限定販売。

写真右のザ・ペニンシュラ ミニエッグカスタード月餅は新丸ビル店でも。ヘイフンテラス特製 月餅は3日前までの要予約。
写真右のザ・ペニンシュラ ミニエッグカスタード月餅は新丸ビル店でも。ヘイフンテラス特製 月餅は3日前までの要予約。

ザ・ペニンシュラ東京
〈ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ〉
住所:東京都千代田区有楽町1-8-1 ザ・ペニンシュラ東京B1 
営業時間:11:00~18:00 
定休日:無休
TEL:03-6270-2888(代表)

3. ラ・パティスリー by アマン東京 宝石のようなチョコレートで贅沢なひとときを。

ボックスを開くとスタイリッシュな5種類のフレーバーが。バニラ香にレッドフルーツやバナナフレーバーが特徴のチョコをブレンドしたオリジナルのアマン東京ガナッシュ、ラズベリーのジャムとピューレが持ち味のラズベリー、ビターさを控えたカカオ62%のブラジル産チョコレートを使用したライムキャラメルなどが味わえる。自分へのご褒美はもちろん、大切な人へのギフトにも喜ばれる。12,960円。
※キャッシュレス決済のみ。

アマンのグループとして初のペストリーショップにはチョコ、生菓子や焼菓子などが揃う。
アマンのグループとして初のペストリーショップにはチョコ、生菓子や焼菓子などが揃う。

〈ラ・パティスリー by アマン東京〉
住所:東京都千代田区大手町1-5-6 大手町タワー OOTEMORI B2 
営業時間:7:00〜20:00、土祝10:00〜19:00 
定休日:日
TEL:03-5224-3339

4. ペストリーショップ「スイーツ&デリ」 パレスホテル東京 ロマンティックな雰囲気漂う、記念すべき逸品。

〈パレスホテル東京〉開業10周年記念の特別な一品。材料にイタリア産マスカルポーネチーズとマルサラワインを使っているので、スプーンですくって味わうと、ほどよい甘さと豊かな風味が口いっぱいに広がる。とろりとした口溶けのよさ、濃厚さもポイントだ。白鳥モチーフはホテル横の皇居外苑のお濠を優雅に泳いでいる様子をイメージしたもの。陶器のお皿を使用しているので、アニバーサリーにふさわしい贅沢さ。1,650円。

DMA-_MG_0420

ペストリーショップ「スイーツ&デリ」 パレスホテル東京
住所:東京都千代田区丸の内1-1-1 パレスホテル東京B1 
営業時間:10:30〜19:00 
定休日:無休
TEL:03-3211-5315

5. フォーシーズンズホテル丸の内 東京 〈MAISON MARUNOUCHI〉イギリス出身の総料理長、ダニエル・カルバートさんによるシーズナルミルフィーユ。

イギリス出身の総料理長、ダニエル・カルバートさんによるシーズナルミルフィーユ。なめらかなバニラクリームと交互に絞られているのは季節のカスタードだ。9月30日まで(予定)は、酸味の心地いいベルガモットが練り込まれ、パリッとしたパイ生地とコントラストを成している。ミルフィーユが3つぎゅっと詰められたボックス6,480円は、おもたせにぴったり。受取希望日時の24時間前までに要予約。

DMA-_MG_0398

フォーシーズンズホテル丸の内 東京
〈MAISON MARUNOUCHI〉
住所:東京都千代田区丸の内1-11-1 パシフィックセンチュリープレイス丸の内 フォーシーズンズホテル丸の内 東京7F 
営業時間:6:30〜21:30LO 
定休日:無休 
席数:35席

photo : Kenya Abe text : Keiko Kodera

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR