茶 C A F E 竹若

これを食べずして夏は終われない! 愛好家4人が選ぶ、今必食のかき氷厳選5軒 Food 2017.08.29

夏と言ったらやっぱりかき氷。でもたくさんお店があり過ぎて、どこに行けばいいか分からない!そんなあなたに。削りが安定し、いつ何を食べても美味しい2軒に最旬スタイルを楽しめる3軒…かき氷愛好家・齋藤 愛さん、ayanoさん、あやめさん、小池 隆介さんの4人がセレクトする、いま行くべき5軒をチェックして!

1.餡とフルーツなどとの幸せな出合い。〈浅草浪花家〉/浅草

「みるくといろんなフルーツ」(780円)(税込)
「みるくといろんなフルーツ」(780円)(税込)

うさぎリンゴがのった、自家製ミルクのシロップがかかる氷は、中にも季節のフルーツがいっぱい。「氷の削り方自体もていねいで、口ほどけがいいです」(小池さん)。

浅草浪花家

2010年にオープン。

イチゴを加熱しないで作ったシロップと粒餡の「あさやけ」(780円)(税込)
イチゴを加熱しないで作ったシロップと粒餡の「あさやけ」(780円)(税込)

粒餡とイチゴ、こしあんとナッツ、白あんとココア……。たい焼きの修業を積んだ安田亮介さんは、銅鍋で炊く餡を、さまざまな素材と組み合わせ、センス抜群のかき氷を生み出す。フルーツシロップも生の果実から、宇治も抹茶を点てるところから作り、「何を食べても外れ無し」と推薦者全員から太鼓判。

浅草浪花家

たい焼きは一丁焼き。

2.独創的なかき氷に出合いたいなら!〈いちょうの木〉/北品川

「ずんだ」(800円)(税込)
「ずんだ」(800円)(税込)

和菓子のずんだ(枝豆)餡に、枝豆を加えて濃厚なクリームにし、黒蜜、コーヒー、カラメルシロップなどと重ねた異色作は、生姜が名アシストぶりを発揮。

いちょうの木

創業38年の甘味処。

「店主の今智子さんは、意外な素材を組み合わせて、クセになる氷を作る天才」(ayanoさん)。白州ブリュレに、ラムレーズンポテトチップ。およそ氷になりそうもない素材を、鮮やかな手際で重ね、インパクト抜群のかき氷にしてしまう。

いちょうの木

自分でカスタマイズする、組み合わせ氷800円(税込)も珍しい。

いちょうの木

泡盛だってかき氷に!

酒類を使ったメニューも豊富な、甘味処。

3.氷を活かすシロップにこだわる老舗。〈埜庵〉/神奈川県

「パイナップル」(970円)(税込)
「パイナップル」(970円)(税込)

ミルクは3種から選ぶ。果肉を寄せたゼリーが入るWパイナップルも。「フルーツシロップのかけ方が絶妙で、氷自体のおいしさも体感できます」(齋藤さん)。

埜庵

鵠沼海岸に移転して13年目。

愛好家たちが通い続ける名店。石附浩太郎さんが専門店を開いたのは、「天然氷のおいしさを伝えたかった」から。その氷を活かすために誕生したのが、生のフルーツを使ったシロップ。いまも、スタッフ共々作業に加わる日光〈三ツ星氷室〉の氷を活かすべく、シロップは進化。夏イチゴの氷は、真骨頂。

「夏いちご『埜庵』」(1,070円)
「夏いちご『埜庵』」(1,070円)
埜庵

夏でもおいしいイチゴは、山梨の農家に作ってもらっている。

4.もぎたて果物を使った濃密シロップ。〈たいやき そら〉/吉祥寺

「無農薬トマト」(1,000円)(税込)
「無農薬トマト」(1,000円)(税込)

岐阜県の〈長尾農園〉の無農薬トマトのシロップに、レモンジュレを合わせ、プチトマトをトッピング。8月上旬~9月中旬。「本当にウマい!!と感動する味」(小池さん)。

たいやき そら

たい焼きの名店が、4~10月はかき氷店に!

茨城県産のタカミメロンを使用した「生メロン」(1,000円)(税込)
茨城県産のタカミメロンを使用した「生メロン」(1,000円)(税込)
たいやき そら

フルーツ系のかき氷は、収穫したばかりの生の果物だけを使うため、2~3週間しか味わえないメニューが多い。濃密なシロップが、しばらく常温で溶かしてから薄く削った〈蔵元八義〉(やつよし)の天然氷の食感を引き立てる。たい焼きにも使用する小豆餡を使った金時系も人気。

5.【閉店情報あり】お茶を知る店長ならではの香り高さ!〈茶 CAFE 竹若〉/銀座

「抹茶のエスプーマ」(980円)(税込)
「抹茶のエスプーマ」(980円)(税込)

長めに削られた氷にかかるのは、宇治と八女の抹茶を使ったエスプーマとシロップ。中には粒餡も!「店長さんがお茶を熟知していて、信頼できます」(あやめさん)。

茶 C A F E 竹若

銀座でお茶するのに最適。

お茶専門カフェを営んでいた木川良子店長が考案。自ら削る抹茶のかき氷は、とろりとしたエスプーマとサラサラのシロップ、2つのテクスチャーを氷に重ねる。エスプーマは、生クリームを最小限に控えるなど抹茶の活かし方がうまく、お茶本来の香りがさらに引き立つ。

「ほうじ茶ティラミス」(980円)(税込)
「ほうじ茶ティラミス」(980円)(税込)

200円引きでお茶とセットに。

茶 C A F E 竹若

宇治と八女の抹茶を使用。

フルーツ、クリーム、お茶…かき氷の今が分かる6軒はコチラ!
原宿の世界のかき氷6軒はコチラ!

(Hanako1138号掲載/photo : Michi Murakami, Kenya Abe (Taiyaki Sora) text : Yuko Saito, Emi Suzuki (Taiyaki Sora))

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR