n_IMG_17512_atari

和甘味だけじゃない! “ビーントゥバー”チョコレートに実力派パティスリー…とっておきスイーツと出会える鎌倉カフェ6軒 Food 2017.08.01

鎌倉といったら和の甘味なイメージが強いけれど、“ビーントゥバー”チョコレートの先駆的ブランドや実力派パティシエの進出、デザートを主役にしたカフェなど、鎌倉ならではのスイーツ体験が叶う6軒をご紹介。鎌倉観光の休憩にぴったりなカフェで、甘〜いティータイムはいかが?

1.あの人気チョコレート店が鎌倉の新たなランドマークに。〈Dandelion Chocolate, Kamakura〉

MG_8670_atari

カカオの選別から製造のすべてを自社で行う“ビーン・トゥー・バー”チョコレートの先駆的ブランドが今年2月、鎌倉駅前に上陸。鎌倉駅の地下通路の脇に立つ店舗をリノベーション。駅前という好立地、木漏れ日に包まれる環境の良さもこの店の大きな魅力だ。

東京・蔵前のファクトリーで一枚ずつ丹念に作られるチョコレートバーはもちろん、自社工房で焼き上げるぺストリー類やチョコレートドリンクなど、カフェメニューも充実。小町の茶舗〈枝村園〉のほうじ茶をブレンドした「カマクラホットチョコレート」やチョコレート・クロワッサンなど、鎌倉限定メニューも楽しい。

IMG_17512_atari

自家製クロワッサンにパリパリのチョコを挟んだ「ダンデライオン・チョコレート・クロワッサン」は朝限定(販売は8:00~11:00)330円。鎌倉店オリジナルの「カマクラホットチョコレート」630円とともに。

窓を大きく取り、床面にヴィンテージのラワン材を使用した2階のカフェは居心地も格別。早くも鎌倉っ子に愛される存在に。

「フローズンホットチョコレート」(630円)
「フローズンホットチョコレート」(630円)

夏季はアイスでも。

MG_8592_atari

チョコレートバーは現在6種類。各1,200円。

MG_8562_atari

1階のショップ。サンフランシスコに本店を構え、日本ではここが3店舗目。

2.カッコよくてかわいくて。毎日食べたい愛すべきケーキ。〈POMPON CAKES BLVD.〉

POMPON CAKES BLVD.

鎌倉駅からバスで「梶原口」下車。

かつて鎌倉駅界隈に出没し、自転車で手作りケーキを販売していた〈ポンポンケークス〉。作り手の立道嶺央(たてみちれお)さんが2015年春に開いた実店舗は、駅からバスで約15分という場所にある。それは鎌倉っ子である立道さんが“日常に寄り添う店”を作りたかったから。「オーガニックでジャンキー」という精神はそのままに、現在は立道さんの味の原点でもある、お菓子研究家のお母様と厨房に立つ。

「レモンチーズパイ」(500円)、「アイスコーヒー」(420円)
「レモンチーズパイ」(500円)、「アイスコーヒー」(420円)

お皿はイギリスのヴィンテージのもの。

レモンチーズパイなど8種類ほどの定番は、どれも飾らず、しみじみとおいしい。地元の常連客が挨拶を交わす空間で、ドリップコーヒーとともにパイを頬張る幸福感は、ここまで足を運ぶからこそ味わえる。

異なるイスや古家具をセンスよく配した店内。立道さんとお母様の趣味の絶妙なミックス。
異なるイスや古家具をセンスよく配した店内。立道さんとお母様の趣味の絶妙なミックス。

異なるイスや古家具をセンスよく配した店内。立道さんとお母様の趣味の絶妙なミックス。

IMG_16879_atari

クッキーはお土産にも。1枚100円~。

IMG_16875_atari

左から、愛らしいルックスの「チョコレートバナナパイ」480円、「キャロットケーキ」380円。(各税込)。

IMG_16960_atari

店主の立道嶺央さん。

3.アルザス地方の郷土菓子を、今夏は自然派ワインと楽しむ。〈パティスリー クグラパン〉

p41

「クグラパン」580円、セットは900円。

目白の名店〈エーグル・ドゥース〉などで経験を積み、アルザスに渡り腕を磨いたシェフの笹岡鉄兵さんが開いたパティスリー&カフェ。店名はアルザスの郷土菓子・クグロフとシェフが大好きなうさぎ(ラパン)を合わせた造語。主役はもちろんクグロフと、店名を冠したシグネチャー「クグラパン」。メープルシュガームースでできたクグロフ型のスイーツは、驚くほど繊細な柔らかさで、苦みや酸味の重層的な味わいに心が躍る。

IMG_16759_atari

3種のチーズで作る「クレームフロマージュ」500円。本日はピノノワールと。グラス700円~。

カフェスペースでは、アルザス産の自然派ワインとケーキを合わせる楽しみも提案。チーズケーキと少し冷やした赤の魅惑的なマリアージュ、お試しを。

IMG_16807_atari

「クグロフ」は小400円~特大3,000円。

MG_8036_atari

アルザス風の木骨造りの外観が目印。

4.気鋭のパティシエが鎌倉に。サービス精神あふれる一軒。〈パティスリーカフェ アンビグラム〉

IMG_17617_atari

ティータイムの「ケーキとアイスクリームのセット」より、本日は「マカロンリコッタ」。1,000円。

南麻布の人気イタリアン〈アンビグラム〉で、シェフである双子の兄とともに食通たちを歓喜させてきたパティシエ、伊沢和明さん。そんな彼が昨年6月、自身のパティスリーを鎌倉に出店。フランスで修業し、〈ベージュ東京〉などで経歴を積んだ伊沢さんが作るクオリティの高いスイーツ。これをティータイムなら自家製アイスクリームを添えた皿盛りデザートにして、ドリンク付き1,000円といううれしさ。

MG_8926_atari

御成通り沿い。

MG_8989_atari

シェフのスペシャリテのほか季節のスイーツが並ぶ。

MG_8962_atari

お茶類はサンプルの茶葉を見て選べる。

紅茶やハーブティーのほか台湾茶の金萱(きんせん)茶や東方美人茶など、お茶類でも存分に楽しませる。地元スイーツファンの心を掴む、シェフの果敢な挑戦は続くのだ。

5.古き良き喫茶店が発想の原点。カレーの名店が作る良質スイーツ。〈OXYMORON onari〉

野菜たっぷりの彩り豊かなカレーが高い人気を誇る〈オクシモロン〉。小町の1号店に続き、店主の村上愛子さんが“もっと甘いものが楽しめるお店を”と2年前に開いたのがここ。定番6品と季節の新作が用意され、それらはチーズケーキやプリンなど、昔ながらの喫茶店にあるようなどこか懐かしい面々だ。

IMG_17440_atari

「コーヒーづくしのパフェ」900円。

ゼリーからダコワーズ、アイス、シリアルまでオリジナルブレンドのコーヒーを使って作る「コーヒーづくしのパフェ」のように、「yumiko iihoshi porcelain」の器に盛られた姿はどれも凛と美しい。

MG_8393_atari

自然光が降り注ぐ店内。

「レモンケーキ」(500円)、「自家製レモンスカッシュ」(750円)
「レモンケーキ」(500円)、「自家製レモンスカッシュ」(750円)

ダブルレモンでどうぞ。

シンプルで飾らず、カッコいい“甘いもの”は、カレーと同様ふいに食べたくなる魔力がある。

MG_8436_atari

リスのイラスト付きバッグの中はクルミのおやつ。540円(各税込)。

6.格別の空間で、手作りスイーツと澄んだコーヒーを心ゆくまで。〈vuori〉

IMG_18094_atari

クレームブリュレを凍らせたような一品、「カタラーナ」。コーヒーとセットで1,050円。

MG_9070_atari

2階は雑貨を扱う〈くらしの道具店〉。

海産物問屋の倉庫を独自の美意識でみごとにリノベーションした空間に、古材の天板のテーブルやチャーチチェアが並ぶ。オーナーの岡田咲耶子さんと旦那様の2人で作り上げた、穏やかな空気が流れるカフェだ。

「そば粉のガレット」(700円)
「そば粉のガレット」(700円)

店の顔となるのは、ガレットや焼き菓子などの手作りスイーツと、ネルドリップで丹念に淹れる雑味のないコーヒー。それらを店主が惚れ込んだ村木雄児さんの器が引き立てる。

MG_9186_atari

ネルドリップの様子。豆は藤沢の〈珈琲豆吉〉のもの。

6月中旬からは大人気のかき氷も登場。ランチをやらず、純粋にデザートだけ出す店は、鎌倉でも実は希少。スイーツを頬張りながら、ゆったりと時を過ごせる贅沢な場所だ。

Hanako厳選『鎌倉』おすすめスポットまとめはコチラ!

(Hanko1135号/photo : Kaoru Yamada text : Yoko Fujimori)

Videos

Pick Up

キャッチSP旅のサブスクHafH (ハフ) なら、こんなに泊まれるんだ。各地を自由に行き来できる日常が戻った今こそ、旅のサブスク「HafH(ハフ)」を活用してお得&手軽にホテルステイを楽しもう。HafHは毎月付与されるコインを使って宿泊予約ができる定額制のサービス。便利なシティホテルをはじめ、リゾートホテルや旅館、地方の交流型ゲストハウスなど、1000以上の多彩な宿泊先から選べ、ハイシーズンも週末も平日と同額のコインで宿泊できたりとお得!足りない分のコインを購入できたり、友達と「わりかん予約」して半分のコインで泊まれるなど、使い勝手も良い。 そんなHafHを使って3人の女性が年間の旅行プランを計画。どんなホテルに泊まって旅を楽しむか、紹介します。Travel 2023.03.08 PR
_Z9D7084_tわたしが「東京マラソン」を走った理由~働く女性の転機のカタチ~3月5日、パンデミック以前と同規模の約38,000人のランナーが参加し、4年ぶりに本格開催となった東京マラソンで東京の街は大いに盛り上がりました。ランナーの数だけそれぞれの思いとドラマがありますが、そんな参加者の一人である河越理沙さんは、妊娠・出産を経て挑んだ一般市民ランナー。体力の低下を感じ、練習時間の確保に苦労しながらも、母となって初のフルマラソン出場となった緊張の「東京マラソン 2023」。当日の河越さんに密着しながら、走る喜びについて教えてもらいました。(PR/東京マラソン2023)Chance 2023.03.22 PR
記事4_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅④ | カヌーで巡るマングローブ原生林、海が青すぎる展望台…世界自然遺産を体感!絶滅危惧種を含むユニークな動植物が数多く生息する鹿児島県の奄美大島。奄美群島のひとつである徳之島、沖縄島北部、西表島とともに2021年に世界自然遺産に登録され、海外からも熱い視線が集まっています。 サンゴを育む奄美ブルーの海と白砂がまぶしいビーチ、アマミノクロウサギをはじめとする天然記念物も暮らす亜熱帯の森やマングローブの原生林。地球の宝ともいえる、奄美ならではの美しい自然を味わってみませんか? 奄美大島は「アクセスが良くない」というイメージもありますが、LCCのPeachが運航する直行便なら、成田空港から約3時間、関西空港から約2時間。そして時期によっては片道4,990円からとリーズナブル! “遠い楽園”が身近になるPeachの直行便で奄美大島2泊3日の旅に出たのは、ハナコラボパートナーである藤井茉莉花さん。今回は美しい海岸と展望台、マングローブの森でのカヌーツアーを体験した絶景&アクティビティ編をお届けします。 ※奄美群島のアクティビティの情報は、「あまみシマ博覧会」のサイトでも探せます。 https://www.amami-shimahaku.com/ 公式サイトはこちらTravel 2023.03.22 PR
お散歩がてら“おいしい”を満喫!東京・町田のレトロなグルメスポット5選お散歩がてら“おいしい”を満喫!東京・町田のレトロなグルメスポット5選いま最も注目を集めるスポット・町田。活気あふれる商店街を始め、地元の人に愛される洋食店、100年以上続く名店など、気になるお店が盛りだくさんなんです。そこで、今回は“レトロ”をキーワードに、いま行くべきグルメスポットを厳選。次の休日、きっと町田に行きたくなる!(PR/町田市)Food 2023.03.22 PR