news_DMA-IMG_0029

ダイエットにも美肌にも豚肉を! ビストロのディナーから気軽なイートインまで!吉祥寺で注目の豚肉料理のお店4選 Food 2017.04.01

ビタミンB1の他、ダイエットに欠かせない成分がたっぷり。まさに食べるサプリといった豚肉を、人気ビストロのディナーから一人でサクッと食べたい時まで、シチュエーションに合わせた楽しみ方をご紹介します。

1.〈パノラマキッチン〉

ATARI-0061

気取らぬ空間で洗練された料理を楽しめる人気イタリアン。その定番メインが300gの肩ロースを焼き上げるアッロスト。この日の豚は、軟らかく脂が甘い埼玉県産「いるまポーク」。何度も肉を休ませながらゆっくり火入れし、仕上げは網で炙ってしっかり焼き色を付ける。仕上がったローストは、表面はワイルドな焼き目、中身はジューシーなバラ色。黒胡椒ソースも豚の旨味を引き立てる。

「埼玉県産いるまポークのアッロスト 黒胡椒ソース」(2,200円)
「埼玉県産いるまポークのアッロスト 黒胡椒ソース」(2,200円)

2.〈ラ ジルエット〉

ATARI-0001

昨春のオープン以来、予約殺到のフレンチ。本場で親しまれる豚料理をメインに王道ビストロ料理を提供する。豚はシェフの故郷、秋田県で育つ「桃豚」。一頭または半頭買いだから、手頃な価格で色々な部位が楽しめる。分厚く切り出す豪快な骨付きローストは、きめ細やかな桃豚の肉質を存分に味わえる逸品。脂身も軽く、コクの深いハニーマスタードソースと絶妙の相性。

「桃豚スペアリブのハニーマスタードソース」(2,200円)
「桃豚スペアリブのハニーマスタードソース」(2,200円)

3.【閉店情報あり】〈Marukatsu Shokudo〉

ATARI-0514

「新しいとんかつ体験を」を合言葉に生まれたファストカジュアル。1週間熟成させて旨味を引き出した三元豚を、オーダー後わずか1分半で揚げる。「まるかつサンドプレミアム」(800円)は揚げたてのカツをデニッシュパンでサンド。生パン粉のサクサク感と、デニッシュととんかつソースの甘さがやみつきになる。店内にはカフェ風のイートインスペースがあるので、女子一人でも気軽に利用できそう。

「まるかつサンドプレミアム」(800円)
「まるかつサンドプレミアム」(800円)

4.〈BON GOÛT HAMBURG 吉祥寺店〉

ATARI-0463

昨年6月に開店した100%豚肉のハンバーグ専門店。豚はあっさりとした「米澤豚一番育ち」。バラ、肩、モモ、ハラミを脂や風味のバランスを考えてブレンドする。肉は毎朝店内で挽きたて。だから鮮度も抜群、弾むような食感が自慢だ。看板の「ボングー ハンバーグ」(1,280円)はキャラメリゼした3種のナッツとチーズ入り。ナイフを入れるとあふれる肉汁とチーズ。ナッツの食感も最高のアクセント。

「ボングー ハンバーグ」(1,280円)
「ボングー ハンバーグ」(1,280円)

(Hanako1129号掲載/photo : Shinichi Yokoyama text : Emi Suzuki)

Videos

Pick Up

夏の風物詩、鵜飼鑑賞を〈星のや京都〉専用の屋形舟「翡翠」で。三味線の生演奏が流れる、1日1組だけの雅な「プライベート鵜飼鑑賞舟」は9月23日まで。忘れられない、 ふたりだけの 夏のバカンス。〈星のや京都〉東京を拠点にする料理家と京都を拠点にするアーティスト、ふたりは数年来の友人。はじめてのふたり旅、選んだ場所は、京都の奥座敷・嵐山。喧騒から離れ、ひっそりとした地で、季節を味わい、いつもとは異なる会話とともに過ごす。Travel 2023.08.31 PR
SP用トップ画像ハナコラボ パートナーが楽しむ、とっておきのホテルステイ実現の理由とは。これからの旅にはホテル提携のクレジットカードがお得! 〈ヒルトン小田原リゾート&スパ〉編。久しぶりに行動制限なしで外出を楽しめる今年は、旅行へのモチベーションが高まっている人も多いのでは。旅で使うお金や日常生活の支払いを一つのクレカにまとめると、ポイントや特典がついてお得に。貯めたポイントを次の旅行でも使えたりするから、クレカ選びは大切。今、旅行好きでコスパや特典重視の人たちにおすすめしたいのは、とっておきのホテルステイを驚くほどお得に実現できてしまうカード。 中でも注目すべきは「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス®・カード」。料金の上がりがちな週末に世界中のヒルトングループのホテルに一泊無料で宿泊ができる「ウィークエンド無料宿泊特典」などがあり、年会費の元があっという間に取れてしまうと評判です。そこで、旅行好きのハナコラボ パートナーの二人がこのカードを体験してみました。毎日の決済やヒルトンでの滞在などでカードを利用しポイントを貯めている様子や、どんな特典を楽しんだかをリポートします(抽選で100名さまにAmazonギフトコードカード500円分が当たる読者アンケートを実施中。回答は記事の最後から) (PR/ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス®・カード)Learn 2023.08.31 PR
ヘアメイクアップアーティスト・草葉妙子さん 〈+CEL〉ランドセル〈+CEL〉インタビューvol.3 (後編) ヘアメイクアップアーティスト・草場妙子さんが受け継ぎたいメイクアイテムのケアの仕方。ランドセルブランド〈+CEL〉と子どもたちへ受け継ぎたいものについて話を聞くインタビュー企画。シリーズ3回目に話を伺ったのはヘアメイクアップアーティストの草場妙子さん。前編で受け継ぎたいものとしてあげてくれた「メイクアイテムのケアの仕方」について、どんなことを知っておくといいのか、教えてもらう。そして〈+CEL〉のランドセルもチェック。普段、使用するメイク道具も試供品はほとんど使わず、必ず店頭でみてから購入して選んでいるという草場さん。もの選びにこだわりを持つプロの視点、そして6年間の小学生ママ経験者として、〈+CEL〉のランドセルはどう評価する?Learn 2023.08.17 PR
ヘアメイクアップアーティスト・草葉妙子さん〈+CEL〉インタビューvol.3 (前編) ヘアメイクアップアーティスト・草場妙子さんがみつけた、 子育てと仕事のちょうどいいバランスの取れる場所。日常使いできるナチュラルなメイクと、メイクをすることのシンプルな喜びを教えてくれる、ヘアメイクアップアーティストの草場妙子さん。彼女でなくては、と指名する女優やモデルも数多い。日々撮影を抱え、スケジュールに追われる中でも新しいコスメアイテムの探求にも余念がない(その様子は彼女のインスタグラムでもおなじみ)。仕事にいつも真摯に取り組む一方で、草場さんは家族を愛するひとりの母でもある。 ランドセルブランド〈+CEL〉と一緒に“子どもに受け継ぎたいもの”を訊くインタビュー企画。今回は、今、中学1年生だという娘さんに草場さんが受け継ぎたいものについて、そして草場さんの子育てに対する今の気持ちを訊く。Learn 2023.08.12 PR