image3
2019.02.23

第37回 目で楽しめる美しいお茶菓子が食べたーい! まるでアート!切るたびに絵画のような世界が広がる〈長門屋〉の「羊羹ファンタジア」~眞鍋かをりの『即決!2000円で美味しいお取り寄せ』第37回~

予算は即決価格の2,000円以内!眞鍋かをりさんがネットで見つけた美味しいお取り寄せ商品を紹介する本連載、第37回は〈長門屋〉の「羊羹ファンタジア」です。

今回のおとりよせは2,000円台に収まりませんでした。ごめんなさい。どうしても、お取り寄せしたかったんです。世界一アートな羊羹、その名も「羊羹ファンタジア」 1箱3,500円。

まさに「アート」な羊羹。

〈長門屋〉の「羊羹ファンタジア」 1箱3,500円。
〈長門屋〉の「羊羹ファンタジア」 1箱3,500円。

まず、お菓子の箱としてのクオリティが素晴らしい。有名な日本画家さんが描いているんだそう。

IMG_7694

胸ときめかせながら箱を開けます。これ、本当に羊羹?と思ってしまうようなパッケージ。

image1

はい、間違いなく羊羹ですね。製造している〈長門屋〉さんは会津の老舗和菓子屋さんです。

IMG_7699

中身は普通の羊羹…だと思うでしょ?切ってみますよ。

image2

見てください、この断面。澄んだ空に鳥が羽ばたき、山の向こうにまん丸お月さま。パッケージの世界観そのまま、まるで絵画のようです。

IMG_7706

反対側も切って、さらに驚き。今度は三日月の下に佇む鳥の絵が!そう、切る場所によって、絵が変わっていくんです。なんて素敵な仕掛けでしょう。

IMG_7718

並べてみると、鳥が飛び立ち、月が満ちていく様子がよくわかります。

image3

食べるのがもったいないけど、味もとっても美味しいんです。月と鳥はレモン羊羹。小豆羊羹の中にはクルミやベリー系のドライフルーツ入り。絵だけじゃなく、味もどんどん変わるから最後まで楽しい!
食べる人に夢を見させてくれる、まさに「アート」な羊羹でした。

☆前回の「葉とらずりんご100」はコチラから
☆記事一覧はコチラから

眞鍋 かをり
眞鍋 かをり / タレント

「1980年生まれ。横浜国立大学在学中からタレント活動を始め、ブログ執筆が話題となり「元祖・ブログの女王」と呼ばれる。現在はタレント活動と子育ての充実した毎日を送る。一人旅とチーズとワインが好きで、チーズについては「C.P.A チーズプロフェッショナル」という資格も持っているほど。眞鍋かをりオフィシャルブログ http://blog.livedoor.jp/kaworimanabe/

眞鍋 かをりさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る