苺メニューが盛り沢山!苺スイーツ専門カフェ〈ICHIGO〉へ。~カフェノハナシ in KYOTO〜
2021.03.13

第85回 インスタグラマーきょんさんの京都カフェ案内! 苺メニューが盛り沢山!苺スイーツ専門カフェ〈ICHIGO〉へ。~カフェノハナシ in KYOTO〜

いつもどこかのカフェで過ごしているという、インスタグラマーきょんさんが、京都のカフェ&喫茶店をご案内。そこで見つけた「ここにきたらぜひオーダーしたい一皿!」を、ピックアップ。今回は、苺スイーツ専門カフェ〈ICHIGO〉を訪れました。
きょん
きょん / インスタグラマー&キュレーター

「関西を中心に全国のカフェ情報をインスタグラムにて発信中。 ほぼ毎日どこかのカフェで過ごしてます。」

きょんさんの記事一覧 →
ICHIGO

店名からも美味しいいちごスイーツと出会えそうな気配が漂う〈ICHIGO〉があるのは、宇治橋と平等院を結ぶ平等院表参道内。パフェやモンブランといった多彩ないちごメニューが、訪れる人のいちご欲を満たしてくれますよ。店があるのはこの奥。目印は「ICHIGO」の文字と信楽焼きのタヌキ。

ICHIGO

陽光が心地よいテラス席も充実。

いちごだけに、一期一会。

ICHIGO
「ICHIGOの苺パフェ」1,680円

360度どこから眺めても、いちご一色に染まった"これぞいちごパフェ!"な画力に感服。中には、あまおうを使用した自家製シャーベットやマスカルポーネ、シフォン生地などが閉じ込められていて、別添えされた自家製のいちごソースを合わせると、いちごの風味がさらに際立ちます。

ICHIGO
「白いいちごモンブラン」2,200円

白いちごの入荷がない日は提供不可なレアメニュー。そもそも、白いちごを使ったスイーツと出会えることすらあまりないのに、この日は”パールホワイト”と”天使のいちご”の2種を使った贅沢仕様に。白あんをベースとしたモンブラン仕立てのいちごクリームと、先ほどのパフェにも登場したあまおうシャーベットを重ねた、まさにいちご尽くしの一品。

ICHIGO
左「イチゴクリームラテ」600円 /右「濃い宇治抹茶ラテ」650円

いちごの特性を生かしたドリンクメニュー"イチゴクリームラテ”。ラテといっても、単にミルクを合わせたものではなく、白餡ミルクエスプーマをプラス。余韻として残る白餡の風味は、いちご大福を食べているかのような感覚。また、「宇治を訪れたのなら抹茶も飲みたい!」という方にぴったりな抹茶ラテもあり。抹茶特有の旨味を阻害しないミルクとの絡みが絶妙です。

ICHIGO

スイーツに使用するいちごの品種は毎回異なるため、同メニューでも味わいが大きく変化するのがここならではの魅力。いちごだけに、というわけではないけれど、常にみずみずしい気持ちで一期一会を楽しむことの大切さを、〈ICHIGO〉のいちごたちから学んだような気がします。

〈ICHIGO(イチゴ)〉

ICHIGO

■京都府宇治市宇治蓮華21-2
■11:30〜17:00(L.O16:30) 17:30〜22:00(予約制)土・日・祝 11:00〜17:00(L.O16:30)17:30〜22:00(予約制)不定休

■Instagram:@kyoto_uji_ichigo

今月のスペシャル

『大人からはじめるアウトドア特集』。自然の中で楽しめるアイディアから、お役立ちグッズも!『大人からはじめるアウトドア特集』。自然の中で楽しめるアイディアから、お役立ちグッズも!
TOPに戻る