住所:熊本県阿蘇郡南小国町中原511
住所:熊本県阿蘇郡南小国町中原511

パワースポットを巡って30年!植島啓司さんの「圧倒的聖地」。
【vol.1万物の根源 石】 Travel 2023.01.24

1970年代からフィールドワークのため世界各地の聖地を巡った植島啓司さん。100カ国1000カ所以上を訪れた先達が、ひときわ大きく聖なるものを肌で感じた聖地をリストアップ。今、日本で行くべき真の聖地を、衝撃的で鮮やかな記憶とともに紹介します。

【万物の根源 石】

山中に突如として現れる巨大な自然石や、天に向けて聳え立つ一枚岩、奇妙な形に穿たれた窟……。太古から変わることなく在る姿に出会う時、誰もが見えざるものの存在を意識する。地上のあらゆるものを生み出す万物の根源にして、大地のエネルギーを凝縮した石の聖地へ。

1. 湯殿山神社【山形】

住所:山形県鶴岡市田麦俣六十里山7 ☎0235-54-6133(湯殿山神社本宮) 営業期間:6月上旬~11月上旬 料金:御祓料500円
住所:山形県鶴岡市田麦俣六十里山7 ☎0235-54-6133(湯殿山神社本宮) 営業期間:6月上旬~11月上旬 料金:御祓料500円

出羽三山の奥の院。古くから「語るなかれ、聞くなかれ」が貫かれる聖地で、今も写真撮影は禁止、参拝は土足厳禁という戒めが厳しく守られている。「御神体から湧き出る湯の温かさが素足に触れた時、“奇跡”という言葉を思い出しました」

2. 飯福田寺【三重】

住所:三重県松阪市飯福田町273 ☎0598-35-0004 営業時間:入山夏季8:00~15:00(冬季~14:00) 料金:行場入山料500円
住所:三重県松阪市飯福田町273 ☎0598-35-0004 営業時間:入山夏季8:00~15:00(冬季~14:00) 料金:行場入山料500円

修験道の祖である役小角(えんのおづぬ)により、飛鳥時代に開かれたとされる霊場。修験者の行場であり、伊勢山上とも称される。「寺域に広がる広大な行場には切り立った岩場や巨石が続き、一歩間違えば命の危険を伴うほど厳しい。まさに“真の行場”」 

3. 唐人駄場遺跡【高知】

住所:高知県土佐清水市松尾977
住所:高知県土佐清水市松尾977

足摺岬のほど近く、唐人石と呼ばれる花崗岩の巨石群や、ストーンサークルと思われる痕跡が残る場所。一帯からは縄文初期から弥生時代にかけての石器や土器片が出土している。「6~7mもある巨石群は見事で、場としての力もすばらしい。縄文の優れた遺跡であり、聖なる祀りの場であったことは確実です」

4. 猪群山【大分】

住所:大分県豊後高田市真玉町臼野
住所:大分県豊後高田市真玉町臼野

国東半島北西部、標高458mと大きな山ではないが、かつては女人禁制の霊場だった。山頂一帯には巨石が点在し、1,800年前のものと推定される環状列石も。「御神体にあたる中心の磐座(いわざ)はさすがの迫力。入口に佇む陰陽石も見事。巨石群の向こうに海が見渡せます。聖地とはこういう場所なんだろうと思わせる場所」

5. 忍路環状列石【北海道】

住所:北海道小樽市忍路2丁目
住所:北海道小樽市忍路2丁目

明治19(1886)年、日本の考古学史上、最初に学会に報告されたストーンサークル。小樽の河岸段丘上、三笠山の麓の緩斜面に長径33m×短径23mの楕円に沿って大小の石が配置されている。「小樽から余市にかけては80以上の環状列石が見つかっており、その中核的存在。聖地の起源を感じさせます」

6. 押戸石の丘【熊本】

住所:熊本県阿蘇郡南小国町中原511
住所:熊本県阿蘇郡南小国町中原511

阿蘇カルデラを一望する標高845mの丘の上に位置する9組の列石遺構。「鬼のお手玉」とも呼ばれる巨大なピラミッド型の巨岩や岩刻文字が刻まれた大石などが配されており、古代の祈りの場と推定される。「緑の大地の向こうに外輪山を見渡す場所。大自然の力に圧倒されます。生きる力が湧いてきて、幸せな気持ちに」

写真提供:熊本県観光連盟text & edit : Mutsumi Hidaka

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR