恋、仕事、転機…、頼れる165の神社・寺・聖地幸せをよぶ、開運聖地。/なにわ男子

恋、仕事、転機…、頼れる165の神社・寺・聖地幸せをよぶ、開運聖地。/なにわ男子 Magazine No. 1216 2022年12月26日 発売号

今日よりも明日、今年よりも来年。前に進むための原動力は、日々の努力と、天からのまわりものである“運”。年が変わるこの時期は、神社やお寺、山や川など「気のいい場所」を訪れて、心と体を浄化し、2023年に向けて運やパワーを磨きたいもの。縁結び、仕事、金運、人間関係…2023年、あなたの人生を切り拓く「開運聖地」を紹介します。第二特集は神棚から、塩や水でのお清め、ツキを呼び込む部屋の整え方まで、「部屋を変えると人生が変わる。おうちパワースポット化計画」です。

すべては、“気”の良い場所から。2023年は開運聖地で良いスタートを切ろう!

開運特集のスタートは長崎・対馬から。烏帽子岳展望台は、ぜひ晴れた日に訪れたい。駐車場から120mの階段を上ると、浅茅湾(あそうわん)に点在する島々が一望できる。
開運特集のスタートは長崎・対馬から。烏帽子岳展望台は、ぜひ晴れた日に訪れたい。駐車場から120mの階段を上ると、浅茅湾(あそうわん)に点在する島々が一望できる。
聖地に向き合ったとき、人は何を想うのか。作家・鈴木涼美さんは神話と伝承の源流、長崎県対馬へ。聖地を訪れた執筆したスペシャルエッセイも。
聖地に向き合ったとき、人は何を想うのか。作家・鈴木涼美さんは神話と伝承の源流、長崎県対馬へ。聖地を訪れた執筆したスペシャルエッセイも。
古くから大陸航路の航海の拠点として知られた美津島町鴨居瀬にある住吉神社。神社周辺には美しい紫色のサンゴが育ち、名所「紫の瀬戸」としても知られている。
古くから大陸航路の航海の拠点として知られた美津島町鴨居瀬にある住吉神社。神社周辺には美しい紫色のサンゴが育ち、名所「紫の瀬戸」としても知られている。
俳優の河合優実さんは五感に響く、山の力を求めて長野・戸隠へ。戸隠の山々や木々の様子を 鏡のように映し出す鏡池は、早朝には朝靄が立ち神秘的な風景になる。
俳優の河合優実さんは五感に響く、山の力を求めて長野・戸隠へ。戸隠の山々や木々の様子を 鏡のように映し出す鏡池は、早朝には朝靄が立ち神秘的な風景になる。
30年に渡って世界各地の聖地を巡った、宗教人類学者の植島啓司さん。100カ国1000カ所以上を訪れた先達が、いま日本で行くべき「石」にまつわる聖地を、衝撃的で鮮やかな記憶とともに紹介。
30年に渡って世界各地の聖地を巡った、宗教人類学者の植島啓司さん。100カ国1000カ所以上を訪れた先達が、いま日本で行くべき「石」にまつわる聖地を、衝撃的で鮮やかな記憶とともに紹介。
建築史家の五十嵐太郎さんが考える“気のいい場所”とは? “聖地”の可能性を秘めた現代のパワースポットを挙げてもらいました。写真は北海道にあるモエレ沼公園。「現代の古墳のような佇まい」
建築史家の五十嵐太郎さんが考える“気のいい場所”とは? “聖地”の可能性を秘めた現代のパワースポットを挙げてもらいました。写真は北海道にあるモエレ沼公園。「現代の古墳のような佇まい」
その道のプロたちは、どんなときに、どこに行って、何を願うのか。思い入れたっぷりのパワースポットを聞き込み調査。西洋占星術師ムーン・リー先生が“訪れるだけで運をつかめる”パワーを肌で感じた、お墨付きの東京聖地とは。
その道のプロたちは、どんなときに、どこに行って、何を願うのか。思い入れたっぷりのパワースポットを聞き込み調査。西洋占星術師ムーン・リー先生が“訪れるだけで運をつかめる”パワーを肌で感じた、お墨付きの東京聖地とは。
蛙亭・イワクラ×小山テリハの、推し活が人生を拓く。「推しのアイドルができて、人生が劇的に好転した」という、蛙亭・イワクラさん。TVディレクター・小山テリハさんと「推しがもたらす幸せ」について対談。
蛙亭・イワクラ×小山テリハの、推し活が人生を拓く。「推しのアイドルができて、人生が劇的に好転した」という、蛙亭・イワクラさん。TVディレクター・小山テリハさんと「推しがもたらす幸せ」について対談。
蛙亭・イワクラさんが出演するレギュラー番組で「推し活」の回を制作。自身も小学生の頃からアイドルの推し活を続けている。「表舞台から引退したアイドルの幸せもずっと願っています」
蛙亭・イワクラさんが出演するレギュラー番組で「推し活」の回を制作。自身も小学生の頃からアイドルの推し活を続けている。「表舞台から引退したアイドルの幸せもずっと願っています」

多くの人が祈りを捧げる神社仏閣、圧倒的な存在感を示す巨石や奇岩、清らかな水が流れる湧き水や滝、古来、独自の文化と自然を継承してきた島…。日本列島には、世界でも類を見ないほどパワースポットが集結している。30年以上をかけて地球を巡り、聖地の根源や古い信仰の痕跡を訪ねて実地調査してきた宗教人類学者は、そう語る。心と体に溜まった澱が一掃され、明日に向けて前へと進む力が湧いてくる。そんな“気”のいい場を求めて東へ西へ。いい運を引き寄せ、明日への人生を拓くには動き出すこと。2023年、“開運聖地”から良いスタートを切りましょう。

部屋を変えると人生が開ける、おうちパワースポット化計画。

古神道研究家の暁玲華さんに聞いた、今日からはじめる、浄化のテクニック。日々を清々しく過ごすためにできる、神棚の祀り方の基本や浄化のアクションを教えていただきます。まずは神棚の基本から。
古神道研究家の暁玲華さんに聞いた、今日からはじめる、浄化のテクニック。日々を清々しく過ごすためにできる、神棚の祀り方の基本や浄化のアクションを教えていただきます。まずは神棚の基本から。
浄化の三大要素・塩、水、酒について知っておきたいこと。「実りを示すお酒にはプラスの作用があります。お供えしたお神酒を下げた時に飲むのもいいですし、庭や大切にしている観葉植物に少量をまいても。」
浄化の三大要素・塩、水、酒について知っておきたいこと。「実りを示すお酒にはプラスの作用があります。お供えしたお神酒を下げた時に飲むのもいいですし、庭や大切にしている観葉植物に少量をまいても。」
浄化のアクションを暮らしの中に。神事にも使われる和紙は、穢れを吸い取ってくれるもの。「時計やアクセサリーなどの大事なものは家に帰ってきたら和紙の上に。外でついた邪気を払ってくれます」
浄化のアクションを暮らしの中に。神事にも使われる和紙は、穢れを吸い取ってくれるもの。「時計やアクセサリーなどの大事なものは家に帰ってきたら和紙の上に。外でついた邪気を払ってくれます」
家を整える以外にどんなことで浄化ができる?「土や鉱物を練ってつくる陶磁器には土地のエネルギーがあります。自分が気に入った土物の器を使うだけで浄化アクションに。旬を感じることは生命力に繋がります」
家を整える以外にどんなことで浄化ができる?「土や鉱物を練ってつくる陶磁器には土地のエネルギーがあります。自分が気に入った土物の器を使うだけで浄化アクションに。旬を感じることは生命力に繋がります」

人生の大半の時間を過ごすおうちが、いるだけでパワーを充電できる場所になったらこれほど素晴らしいことはない。いただいてきたお札の祀り方から、おしゃれさをキープしつつ浄化するテクニック、どこを片付けたらどんな効果があるのか、送っていただけるお守りなど、“おうちde開運”するためのあれこれをぎゅっと盛りだくさんに!

家に送ってもらえる授与品も。

2023年の干支・うさぎをテーマに選ぶのもおすすめ。日本神話に登場する「因幡の白兎」の説話から、縁結びの神様ともされ、それにあやかる授与品も。
2023年の干支・うさぎをテーマに選ぶのもおすすめ。日本神話に登場する「因幡の白兎」の説話から、縁結びの神様ともされ、それにあやかる授与品も。
もろもろの願いを叶えたい、あらゆる悩みを抱えるすべての人に。諸願成就には〈香椎宮〉の鳥御守を。おうちで幸運を招き寄せるガラスのオブジェのよう。
もろもろの願いを叶えたい、あらゆる悩みを抱えるすべての人に。諸願成就には〈香椎宮〉の鳥御守を。おうちで幸運を招き寄せるガラスのオブジェのよう。
厄年を迎える人もそうでない人もお守りにあやかって災難を避け、安泰に過ごしたい。〈伊佐須美神社〉の強運御守は飾り方や持ち方などにルールのある特別なお守り。
厄年を迎える人もそうでない人もお守りにあやかって災難を避け、安泰に過ごしたい。〈伊佐須美神社〉の強運御守は飾り方や持ち方などにルールのある特別なお守り。

人が集まる初詣にはまだ出かけづらいという人にも、家からお参りする方法が助けになります。いつか落ち着いたら伺う気持ちを胸に、お守りを頼ってみましょう。

第3特集は「働く女性のための転機の準備」

そろそろ花粉が心配な季節。薬での対策だけでなく、日々心がけられる行動をルーティンにして、バリアできるカラダづくりをしよう。
そろそろ花粉が心配な季節。薬での対策だけでなく、日々心がけられる行動をルーティンにして、バリアできるカラダづくりをしよう。
次のキャリアを考えた時、どのような準備や心構えをしたらいいのか。会社員から一転、日本最大級のオンラインサロンオーナーになった河村真木子さんにインタビュー。
次のキャリアを考えた時、どのような準備や心構えをしたらいいのか。会社員から一転、日本最大級のオンラインサロンオーナーになった河村真木子さんにインタビュー。

今回は、ウェルネス、マネー、キャリアの3編からそれぞれテーマをピックアップ。ウェルネス編では花粉症シーズンの乗り切るメソッド、マネー編では制度改正による恒久化が現実的となり、ますます機運の高まる「NISA」について再編集した特別編をお届けします。そしてキャリア編では、今最も注目を集める女性実業家・河村真木子さんに「自分の可能性の広げ方」について聞きました。

ジャニーズWESTとはんなり京都。

ただいま、京都。

好きなのは、
京都らしさ。

1. 町家 [ MACHIYA ]
新たな魅力を作り、町を守る京町家の今。

2. お茶 [ TEA ]
茶葉も様式も様々に進化する茶の時間。

3. 焼菓子 [ BAKED SWEETS ]
ほろっとほどける焼菓子は、京都の注目おやつ。

仁平 綾 エッセイ
ブルックリンから京都へ、
新生活のあれこれ探し。

4. 工芸 [ HANDCRAFT ]
暮らしに彩りを添える、ものづくりの最新形。

5. お寺 [ TEMPLE ]
花に彩られる寺社の美。

6. 食堂 [ DINING ]
上等なだしや素材をふんだんに、町食堂の底力。

7. ホテル [ HOTEL ]
上質な日常を過ごすための京都のホテル。

8. 喫茶店 [ KISSA-TEN ]
名物メニューも看板も、当時の輝きそのままに。

甘いもの、辛いもの。
京都のごちそうをお取り寄せ。

第2特集
都市で暮らす女性のための
はじめての防災。
[ コロナ下のニュースタンダード編 ]

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR