1DMA-隣のガチ_瀧尾神社
住所:栃木県日光市山内 TEL:0288-54-0535(日光二荒山神社) 参拝自由

パワースポットを巡って30年!植島啓司さんの「圧倒的聖地」。
知る人ぞ知る「隣のガチ聖地」 Learn 2023.01.24

はるか昔から広く崇敬され、今や海外からも注目される著名な祈りの場。しかし、そのお膝元や近場をつぶさに見ると、スルーしてしまうにはもったいない、力ある神社仏閣が存在する。植島さんが推す、もう一つの聖地とは?

1. 日光に行くなら 日光二荒山神社別宮瀧尾神社【栃木】

住所:栃木県日光市山内 TEL:0288-54-0535(日光二荒山神社) 参拝自由
住所:栃木県日光市山内 TEL:0288-54-0535(日光二荒山神社) 参拝自由

日光東照宮造営の遥か昔、弘法大師が平安時代初期に開いた聖域。日光修験の始まりの地とされ、御祭神の田心姫命(たごりひめのみこと)は男体山の神の妃にして水の神。
「結界を越えた途端、空気が変わる。かつての禊場だった滝もあり神域は豊かな水の気配に満ちています」

2. 出雲に行くなら 命主社【島根】

住所:島根県出雲市大社町杵築東 TEL:0853-53-3100 参拝自由
住所:島根県出雲市大社町杵築東 TEL:0853-53-3100 参拝自由

大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)を幾度もの危難から護った神皇産霊神(かみむすびのかみ)を祀る。神の御座所とされた巨岩を背に鎮座。社殿裏手の真名井遺跡からは銅戈(どうか)と勾玉(まがたま)が発見された。
「樹齢1,000年とされるムクノキが目印。好きな場所です」

3. 伊勢に行くなら 瀧原宮【三重】

住所:三重県度会郡大紀町滝原872  TEL:0596-24-1111(神宮司庁) 5:00~17:00(1~4月は~18:00、5~8月は~19:00、9月は~18:00)
住所:三重県度会郡大紀町滝原872  TEL:0596-24-1111(神宮司庁) 5:00~17:00(1~4月は~18:00、5~8月は~19:00、9月は~18:00)

伊勢の皇大神宮(内宮)の別宮で、熊野古道 伊勢路の道中に鎮座。元伊勢とも伝えられ、古くから「遙宮(とおのみや)」として崇敬を集めてきた。
「数ある別宮の中でも奥深い魅力にあふれたところ」

4. 熊野に行くなら 大馬神社の清滝【三重】

住所:三重県熊野市井戸町4333
住所:三重県熊野市井戸町4333

花の窟、産田神社に次ぐ熊野屈指の古社。地中に鬼の首を埋めたという社殿の奥に位置するのが清滝。落差30m、2段の滝が流れ落ち、水しぶきが周囲を潤す。
「神域いっぱいに滝の音が響き渡り、目を閉じると水の中にいるような錯覚に陥ります。大きな水害が起きても、この場所は変わらない。力のある場です」

5. 京都に行くなら 常照皇寺【京都】

住所:京都府京都市右京区京北井戸町丸山14-6 TEL:075-853-0003 9:00~16:00 料金:参拝志納金500円ほど
住所:京都府京都市右京区京北井戸町丸山14-6 TEL:075-853-0003 9:00~16:00 料金:参拝志納金500円ほど

660年の歴史を刻む光厳法皇ゆかりの禅刹。
「澁澤龍彦も愛した寺。洛中から遠く公共交通機関も限られ、冬は道路状況も厳しい。簡単には辿り着けませんが、それを凌駕する魅力がある。周囲の自然を取り込んだ寺域の空気に心が鎮まります」

photo : Michi Murakami (Takinoo-jinja Shrine) text & edit : Mutsumi Hidaka

Videos

Pick Up

夏の風物詩、鵜飼鑑賞を〈星のや京都〉専用の屋形舟「翡翠」で。三味線の生演奏が流れる、1日1組だけの雅な「プライベート鵜飼鑑賞舟」は9月23日まで。忘れられない、 ふたりだけの 夏のバカンス。〈星のや京都〉東京を拠点にする料理家と京都を拠点にするアーティスト、ふたりは数年来の友人。はじめてのふたり旅、選んだ場所は、京都の奥座敷・嵐山。喧騒から離れ、ひっそりとした地で、季節を味わい、いつもとは異なる会話とともに過ごす。Travel 2023.08.31 PR
SP用トップ画像ハナコラボ パートナーが楽しむ、とっておきのホテルステイ実現の理由とは。これからの旅にはホテル提携のクレジットカードがお得! 〈ヒルトン小田原リゾート&スパ〉編。久しぶりに行動制限なしで外出を楽しめる今年は、旅行へのモチベーションが高まっている人も多いのでは。旅で使うお金や日常生活の支払いを一つのクレカにまとめると、ポイントや特典がついてお得に。貯めたポイントを次の旅行でも使えたりするから、クレカ選びは大切。今、旅行好きでコスパや特典重視の人たちにおすすめしたいのは、とっておきのホテルステイを驚くほどお得に実現できてしまうカード。 中でも注目すべきは「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス®・カード」。料金の上がりがちな週末に世界中のヒルトングループのホテルに一泊無料で宿泊ができる「ウィークエンド無料宿泊特典」などがあり、年会費の元があっという間に取れてしまうと評判です。そこで、旅行好きのハナコラボ パートナーの二人がこのカードを体験してみました。毎日の決済やヒルトンでの滞在などでカードを利用しポイントを貯めている様子や、どんな特典を楽しんだかをリポートします(抽選で100名さまにAmazonギフトコードカード500円分が当たる読者アンケートを実施中。回答は記事の最後から) (PR/ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス®・カード)Learn 2023.08.31 PR
ヘアメイクアップアーティスト・草葉妙子さん 〈+CEL〉ランドセル〈+CEL〉インタビューvol.3 (後編) ヘアメイクアップアーティスト・草場妙子さんが受け継ぎたいメイクアイテムのケアの仕方。ランドセルブランド〈+CEL〉と子どもたちへ受け継ぎたいものについて話を聞くインタビュー企画。シリーズ3回目に話を伺ったのはヘアメイクアップアーティストの草場妙子さん。前編で受け継ぎたいものとしてあげてくれた「メイクアイテムのケアの仕方」について、どんなことを知っておくといいのか、教えてもらう。そして〈+CEL〉のランドセルもチェック。普段、使用するメイク道具も試供品はほとんど使わず、必ず店頭でみてから購入して選んでいるという草場さん。もの選びにこだわりを持つプロの視点、そして6年間の小学生ママ経験者として、〈+CEL〉のランドセルはどう評価する?Learn 2023.08.17 PR
ヘアメイクアップアーティスト・草葉妙子さん〈+CEL〉インタビューvol.3 (前編) ヘアメイクアップアーティスト・草場妙子さんがみつけた、 子育てと仕事のちょうどいいバランスの取れる場所。日常使いできるナチュラルなメイクと、メイクをすることのシンプルな喜びを教えてくれる、ヘアメイクアップアーティストの草場妙子さん。彼女でなくては、と指名する女優やモデルも数多い。日々撮影を抱え、スケジュールに追われる中でも新しいコスメアイテムの探求にも余念がない(その様子は彼女のインスタグラムでもおなじみ)。仕事にいつも真摯に取り組む一方で、草場さんは家族を愛するひとりの母でもある。 ランドセルブランド〈+CEL〉と一緒に“子どもに受け継ぎたいもの”を訊くインタビュー企画。今回は、今、中学1年生だという娘さんに草場さんが受け継ぎたいものについて、そして草場さんの子育てに対する今の気持ちを訊く。Learn 2023.08.12 PR