中目黒で見つけた!隠れ家的ごはん処〈親子丼  ごっつ食べなはれ〉。
2020.09.28

ランチタイム限定の「至福の親子丼」を味わう。 中目黒で見つけた!隠れ家的ごはん処〈親子丼 ごっつ食べなはれ〉。

親子丼専門店〈親子丼 ごっつ食べなはれ〉が9月25日(金)、中目黒にグランドオープン。特別な卵や2種類の銘柄鶏にこだわった至福の親子丼をご紹介します。
葉月 遊
葉月 遊 / フリーライター、カメラ、デザイン

「雑誌やWebで執筆。昭和レトロやアンティークなど、ノスタルジックなものが好き。」

葉月 遊さんの記事一覧 →

人気のパンケーキ店?おにぎり屋さん?黄色いフォークが目印。

中目黒〈親子丼  ごっつ食べなはれ〉
間違いなくこのビルなのでエレベータまたは階段で2階へ。

日本文化や日本の食材を大切にする〈おむすび ごっつ食べなはれ〉の想いを受け継いだ、〈親子丼 ごっつ食べなはれ〉は、同ビル2階にある人気パンケーキ店の〈FLIPPER’S 中目黒店〉の間借り営業となり、ランチタイムの11:30〜15:00限定で「親子丼」の提供をスタートします。

中目黒〈親子丼  ごっつ食べなはれ〉
のれんが出ている時は〈親子丼 ごっつ食べなはれ〉タイム。
中目黒〈親子丼  ごっつ食べなはれ〉
店内は親子丼の店っぽくなく、女性一人でも入りやすい。
中目黒〈親子丼  ごっつ食べなはれ〉
中目黒の町を眺めながら親子丼を味わえる。

パンケーキ店を時間で間借りしているので、店内の内装はパンケーキ店そのもの。15時30分から元のパンケーキ店に戻ります。

メニューは4つ!卵やお米などにこだわった「定食」も。

中目黒〈親子丼  ごっつ食べなはれ〉
親子丼と定食は2種類から選べる。

親子丼のごはんは、同ビル1階にある〈おむすび ごっつ食べなはれ〉と同じく、特別栽培の「こしいぶき」を使用。おむすび屋さんで培った炊きの技を生かし、親子丼に合うように炊き上げています。おむすび単体として食べても美味しいお米を丼ものに使用するなんて贅沢~!

中目黒〈親子丼  ごっつ食べなはれ〉
4種類の特別な卵を使用。

定食の卵かけごはんは「本日の厳選たまご」を使用しています。
ちなみに取材した日は、糸島の「つまんでご卵」を使った親子丼を提供。美味しくて安全、そして低コレストロールなのだそう。

中目黒〈親子丼  ごっつ食べなはれ〉
厳選たまごと軍鶏の親子丼(味噌汁・お漬物付き)テイクアウト可(卵黄別添え)1,200円。
中目黒〈親子丼  ごっつ食べなはれ〉
さくらんぼ鶏の親子丼(味噌汁・お漬物付き)テイクアウト可 880円。
中目黒〈親子丼  ごっつ食べなはれ〉
「鯖味噌と卵かけごはん定食」980円。
中目黒〈親子丼  ごっつ食べなはれ〉
「唐揚げと卵かけごはん定食」980円。

もちろん、定食のごはんも卵も同じものを提供。なんとごはんのおかわりも無料!
そう聞くと定食の“卵かけごはん”も捨てがたくなってしまいましたが次回のお楽しみにします。

ふっくらとジューシーなお肉と味わい深くて弾力のあるお肉、どちらがお好み?

中目黒〈親子丼  ごっつ食べなはれ〉
さて、私が選んだのは・・・・?

親子丼のメインとなる鶏肉は、卵との相性にこだわり、特徴の違う2種類を使用しています。「さくらんぼ鶏の親子丼」には、さくらんぼ果汁を混ぜた餌でのびのびと育った「山形さくらんぼ鶏」と「竹鶏たまご」を使用。
ふっくらとジューシーな卵とさくらんぼ鶏の旨みがたまらない美味しさです。

中目黒〈親子丼  ごっつ食べなはれ〉
もちろん、同店自慢の「厳選たまごと軍鶏の親子丼 」です~!!

「厳選たまごと軍鶏の親子丼」の卵は、指でつまむことができるほど濃厚な黄身を持つ福岡の「つまんでご卵」や、コクと甘みが特徴の「那須御養卵」、沖縄の山あいでのびのびと育った「みやぎ農園平飼い卵」など、その日によって変えています。
そして、メインの食材となる鶏肉は、宮内庁御用達の軍鶏「青森シャモロック」を使用。濃厚な卵の味に負けない、深い旨味と繊細な食感を持つ軍鶏の味が楽しめます。

中目黒〈親子丼  ごっつ食べなはれ〉
お味噌汁、お漬物付き。お味噌汁が赤だしなのが嬉しいー。
中目黒〈親子丼  ごっつ食べなはれ〉
「青森シャモロック」のもも肉がたっぷり入ってる!
中目黒〈親子丼  ごっつ食べなはれ〉
つやつやぷっくりの「竹鶏たまご」。

卵、鶏、米をまとめる割下には、北海道日高昆布とザラメを使用。
歯ごたえのある軍鶏となめらかでふんわりした卵はもちろん、割下がよく滲みた玉ねぎもごはんとよく合う!

薬味を使って「味変」!いろいろな風味を楽しんでみよう。

中目黒〈親子丼  ごっつ食べなはれ〉
宮内庁御用達の軍鶏は「青森シャモロック」。

「青森シャモロック」は、しっかりとした歯ごたえが特徴。噛みしめる度に旨みが溢れます。
親子丼といえば家庭料理というイメージを持つ人も多いと思いますが、割下や絶妙な火加減など、おいしさを三位一体にさせるのワザはさすが専門店。まさに「至福の親子丼」といえるでしょう。
はぁ~っ……幸せ!

中目黒〈親子丼  ごっつ食べなはれ〉
テーブルに置いてある薬味は左から、山椒、黒七味、塩昆布。そして小豆島の醤油もあります。

醤油や塩昆布は親子丼には関係ないよね?と、思いましたが、卵の黄身を崩す時にちょっとのせたりかけたりして食べるのがお店のおすすめの食べ方だそう。
さっそく私も試してみましたが、濃厚な卵の味わいと強めの塩分が混ざり合って、さっきまでとは違う味わいが楽しめました。
それぞれちょっとずつかけて味わえば、1つで二度も三度も違った風味の親子丼が楽しめますのでぜひ試してみてくださいね!

中目黒〈親子丼  ごっつ食べなはれ〉
塩昆布と卵の黄身がよく合う!
中目黒〈親子丼  ごっつ食べなはれ〉
山椒や黒七味をかけても◎。
中目黒〈親子丼  ごっつ食べなはれ〉
小豆島の醤油も黄身に少しかけて食べるのもおすめ。
中目黒〈親子丼  ごっつ食べなはれ〉
お漬物も親子丼とよく合う!

〈親子丼 ごっつ食べなはれ〉はテイクアウトも可能!宅配も順次始まるそうです。オフィスやおうちで、ちょっぴり贅沢で美味しい「親子丼」を楽しんでみてはが?

〈親子丼 ごっつ食べなはれ〉
■東京都目黒区上目黒1-19-7 2F  ※ FLIPPER’S 中目黒店の間借り営業です。
■03-5725-8155
■11:30〜15:00(14:30LO)
公式サイト
※全て税別価格です。 

今月のスペシャル

いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集
TOPに戻る