大阪 ニッポンカリー 水曜日のオルタナ。
2019.01.04

カレーはここまで進化した! 大阪の食トレンド「スパイスカレー」が楽しめる人気カレー専門店といえば?

大阪の食シーンを賑わす、進化系「スパイスカレー」。『Meets Regional』編集長・竹村匡己をナビゲーターにお迎えして、絶品「スパイスカレー」が楽しめる天満橋・阿倍野のカレー専門店をご紹介します。

大阪が発祥?スパイスカレーブームとは。

カレー専門店が増えているのは全国的に同じだが、大阪の場合は「スパイスカレー」というジャンルが確立している。従来のカレーに様々な文化が混ざり合って進化を遂げたカレーの形といわれる。最近ではその波が東京にも広がりつつある。

〈ニッポンカリー 水曜日のオルタナ。〉常に進化し続ける週1ラボ。今週のカレーとは一期一会。/天満橋

大阪 ニッポンカリー 水曜日のオルタナ。

Facebookコミュニティ「口癖はカレー」主宰者であり、大阪スパイスカレーのキーマン・三嶋達也さんが週に一度だけ営業。

「あいがけ」(1,100円)、「カッタサンボール味噌うずら」(100円)
「あいがけ」(1,100円)、「カッタサンボール味噌うずら」(100円)

定番のダシベースのキーマ、オルタナカリーと、アーモンドバターチキンカリーなど今週のカリーのあいがけ。うずらトッピング。

ミニマムなスパイス使いで、ダシや食材の味わいをしっかり感じさせるカレーは週替わりとの出合いも魅力。

〈ニッポンカリー 水曜日のオルタナ。〉
■大阪府大阪市北区天満2-4-8 NACビル1F Cafe Tokiona内
■06-6355-1117 
■11:30~15:00LO 、18:00~21:00LO 水曜のみ営業 
■30席/禁煙

〈堕天使かっきー in 青空食堂〉カレー×炊き込みご飯で、あいがけ実現の発想力!/阿倍野

大阪 堕天使かっきー in 青空食堂

店主・かっきーさんが作るのは「混じり合った時に食べたことのない味ができて、おもろ!」となるカレー。そのために必須のあいがけを、狭小店舗で実現させるため思いついたのが、ご飯にもスパイスを混ぜて炊き込みご飯にする裏技。

「鯛出汁×真タラとタラ白子と梨のカレーと牛カスとチリメンの炊き込み飯」(600円)
「鯛出汁×真タラとタラ白子と梨のカレーと牛カスとチリメンの炊き込み飯」(600円)

おそるおそる口にするも、食べて納得の一皿。添えた付け合わせは柿の酢の物など。カレーは売り切れ次第終了。1ドリンク要注文。

〈堕天使かっきー in 青空食堂〉
■大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋2-4-5 青空食堂内 
■18:00~1:00 不定休(青空食堂は無休、詳細はTwitter@datenshi_kakiにて確認を)/喫煙

今回ナビゲートしてくれたのは…

『Meets Regional』編集長・竹村匡己/生まれは京都の伏見。保険会社を経て、京阪神エルマガジン社入社。エルマガジン、サヴィ、リシェ、ムックと転戦し、ミーツ編集部へ。2014年より現職。「タイニーでショートカットな女の子に弱いです」

(Hanako1167号掲載/photo : Noriko Yoshimura, Kunihiro Fukumori text : Mako Yamato)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る