美容大国・韓国でおなじみ!自宅で簡単に作れる「水キムチ」のレシピ
2020.07.08

辛いのが苦手な人も大丈夫。 美容大国・韓国でおなじみ!自宅で簡単に作れる「水キムチ」のレシピ

日本をはじめ、世界にはさまざまな食の知恵があります。そのひとつが“保存食”。今回はプロップスタイリスト・宮田桃子さんに、「水キムチ」のレシピを教えてもらいました。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

乳酸パワーで体の中からヘルシーに。【保存期間は1週間】

「水キムチ」のレシピ

韓国にはさまざまな種類のキムチがあるが、乳酸菌が豊富でとりわけ美容にいいといわれているのが、自宅でも簡単につくることができる水キムチ。唐辛子を使わないので辛いものが苦手な人でも食べられるのもうれしい。栄養満点の漬け汁を一緒に味わえば腸活にも効果的。直射日光が当たる場所を避け、酸っぱくなってきたらかならず冷蔵庫で保存を。

■材料

きゅうり…2本
りんご…1/4個(塩洗いをしてワックスを取る)
ミニトマト…12個
赤パプリカ…1/2個
黄パプリカ… 1/2個
大根…輪切りで4cm
ラディッシュ…5個
生姜…1片
にんにく…1片
塩…大さじ4
砂糖…小さじ4
米のとぎ汁…2l

■作り方

「水キムチ」のレシピ

1.野菜はそれぞれ食べやすいサイズにカットしておく。
【Point.1】野菜はあらかじめカットしておく。彩りの異なるものを使うとより華やかに。

「水キムチ」のレシピ

2.米のとぎ汁に塩と砂糖を合わせて鍋で煮る。
【Point.2】沸かした漬け汁はこぼさないようにおたまなどですくって瓶にうつす。

3.2が冷めたら瓶詰めにした1にかけて軽めに蓋を閉める。常温で半日から1日置き、好みの酸味が出てきたら完成。

※保存期間はあくまでも目安です。夏場は冷蔵庫で保管してください。

Navigator…宮田桃子(みやた ・ ももこ)

プロップスタイリスト。調理師専門学校を卒業し、西洋料理店で働いた後、もともと興味があったスタイリストの道へ。現在は雑誌やWebで、おもにフードや雑貨などのスタイリングを手がける。

(Hanako1186号掲載/photo:Norio Kidera styling:Momoko Miyata text:Keiko Kodera)

今月のスペシャル

おこもりホテル特集!注目のホテル、アフタヌーンティー付き宿泊プラン…知っておきたいお得情報が満載。おこもりホテル特集!注目のホテル、アフタヌーンティー付き宿泊プラン…知っておきたいお得情報が満載。
TOPに戻る