まるでケーキ!濃厚リッチな極上クリームパン3選。ホテルメイドや本場レシピまで。
2019.07.08

本場のクレーム・パティシエール体験を。 まるでケーキ!濃厚リッチな極上クリームパン3選。ホテルメイドや本場レシピまで。

香り高いバニラにコクのある卵、濃厚なミルクが三身一体の極上クリームパンとは?ホテルメイドから三ツ星フレンチのものまで、まるでケーキのようなクリームパン3選をご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.〈Boulangerie et Café Main Mano〉/代々木上原

「ミニクロワッサン」60円。小さいけれどしっかりパリパリ、中しっとり。
「クリームパン」170円。フランスのレシピそのままで作られたクリーム。

〈マンマーノ〉でぜひ食べてほしいのは、なんといってもクリームパン。カスタード、というよりクレーム・パティシエールと呼びたい。バニラの芳醇さ、ミルク、卵。フランスのレシピそのままというこのクリームは、溶けるごとに、内側からぷんぷんとさまざまな香りが飛び出てくるのだ。

マンマーノブレッド(角食)も秀逸。ヨーグルトの乳清から起こした種を使うという優れたアイデア。自家培養なのにふわふわで、さわやかな甘酸っぱさがある。

「バゲット」350円

フランスでの経験は食事パンにもいかんなく発揮される。フランスの水の硬度に合わせ、バゲットはevianで仕込む。カリカリの皮にはいかにもフランス産小麦らしく、バターのようなコクと甘みを含む。後味はミネラリーににじみ、舌をじんじんとさせる。

「焼きカレーパン」310円。
「パンオショコラ」330円。フランスのパンコンテストのヴィエノワズリー部門で1位に輝いた毛利シェフ。スイーツ系のパンに冴えを見せる。

(Hanako特別編集『おいしいパンのこと、すべて。』掲載/photo:Youichiro Kikuchi, Akiko Mizuno text:Taeko Terao, Tomoko Matsumoto edit:Rie Nishikawa)

Boulangerie et Café Main Mano

Boulangerie et Café Main Mano

  • カフェ/ベーカリー
  • 代々木上原駅

2.〈LE PAIN de Joël Robuchon 渋谷ヒカリエShinQs店〉/渋谷

フランスの食文化と日本のパン文化の最良の部分が融合を果たす。フレンチのレジェンド、ジョエル・ロブションが監修。食への好奇心を失わない彼は、カレーパンすら製作を許可。フィリングの製作にはレストランのシェフが加わる。技術力もハイレベルだ。歴代シェフ・ブーランジェからはクープ・デュ・モンド(パンのワールドカップ)金メダリストも輩出する。

「ロブションのクリームパン」290円。創業当時からの、ロングセラー。

クリームパン。極上のブリオッシュと極上のクレームパティシエールの出会い。圧倒的な口溶けの快楽は、単純にして奥が深い。

「ホップス(ハーフ)~北海道産小麦のパンドミー」195円。この心地よさは永遠の定番。

ホップス食パンは自家製ホップ種がさわやかに香る。のびやかな中身は軽く割け、しゅんしゅんとすばらしく溶けて、喉に麦とミルクをしたたらせる。

「牛ほほ肉のロッシュ」370円

牛ほほ肉のロッシュは、表面かりかりのパンの中から、牛ほほ肉がほろほろと崩れ、贅沢な風味とともにとろける。

(Hanako特別編集『おいしいパンのこと、すべて。』掲載/photo:Youichiro Kikuchi, Akiko Mizuno)

3.〈ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ〉の「こく生ブリオッシュ」/日比谷

1個 360円

生クリームや卵黄をふんだんに使った、口当たりのよいブリオッシュの中に、2層のクリームがたっぷり。カスタード味は、アプリコットリキュールで香りをつけたカスタードクリームと濃厚な生クリームが入り、とろけるおいしさ。濃厚なチョコレート味のほか、季節限定のフレーバーも。

〈ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ〉
■東京都千代田区有楽町1-8-1 ザ・ペニンシュラ東京B1 
■03-6270-2717 
■11:00~19:00 無休

(Hanako1133号掲載/photo : Hiro Nagoya text : Kahoko Nishimura)

編集部

カスタードクリームはトロトロ派です。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
Hanako w/ Seibu2_sidebar
TOPに戻る