fukurou-064_atari1-768x512
2018.12.02

テイクアウトしたら南池袋公園へ。 実はおひとりさまの聖地!?【池袋】休日にのんびり過ごしたいお店をチェック。

雑踏と人混みのイメージが強い池袋。しかしそれは、ほんの一面。実は、親しみと魅力溢れるお店が多い池袋は、ひとりで過ごす休日にはもってこいのエリア。今回はおひとりさまでものんびり過ごすことができる、池袋のおすすめ店をご紹介します。

1.レトロなパンをテイクアウト。〈タカセ 池袋本店〉

shop_DMA-_MMM2181

たくさん買うと紙袋に入れてくれる。

shop_DMA-_MMM2156

オリジナルパンのカジノ360円(税込)。ビニール袋はシンプルなロゴ。

IMG_3657

それぞれのパンの包み紙もかわいくて人気のお店は1920年創業。ビルには喫茶店やレストランもあり、昭和の空気をそのまま残している。

2.ひとり中華ランチは外パリ中トロのかた焼きそば。〈梅蘭〉

池袋 梅蘭
30年間かけて磨き続けた一品「特製海鮮梅蘭焼きそば」1,530円(税込)
30年間かけて磨き続けた一品「特製海鮮梅蘭焼きそば」1,530円(税込)

30年間かけて磨き続けた一品「特製海鮮梅蘭焼きそば」1,530円(税込)。カリッと焼いた焼きそばの中に、魚介の旨みが詰まった沙茶醤(サーチャージャン)で炒めた海老、イカ、ホタテなどのあんがたっぷり。

(Hanako1146号掲載/photo : Yoko Tajiri text : Miki Konno)

3.3,000冊の本に囲まれ、読書にもひと息つくにも。〈本と珈琲 梟書茶房〉

fukurou-064_atari1

神楽坂にある〈かもめブックス〉代表の柳下恭平さんがセレクトした本を書棚から選び、コーヒーを飲みながら過ごせるスペース。100席以上の広い店内は4エリアに分かれている。

〈ドトールコーヒー〉のコーヒーマイスター・菅野眞博さんによる「梟ブレンド」500円をサイフォンでじっくりと抽出した一杯を合わせるのがいい。是非「BOOKシフォン プレーン&ストロベリー」700円と一緒に召し上がれ。

池袋 本と珈琲 梟書茶房

柳下さん選書の本と、本のテーマに合わせたブレンドがセットの「梟叢書」1,500円。本のタイトルは隠し、紹介文を頼りに選ぶ「シークレットブック」の販売も。

(Hanako1139号掲載/photo : Kayoko Aoki text : Yumiko Ikeda)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る