最高の抽出法「ネルドリップコーヒー」が楽しめる!おしゃれな喫茶店2軒
2018.02.28

とっておき空間で絶品珈琲を 最高の抽出法「ネルドリップコーヒー」が楽しめる!おしゃれな喫茶店2軒

紙ではなく布フィルターを使い、最高の抽出法ともいわれる「ネルドリップ」。そんなこだわりの珈琲が楽しめる喫茶店2軒をご紹介します。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.伝統のネルドリップが代々受け継がれる〈トリコロール 本店〉/銀座

tricoroll_0001

〈木村コーヒー(現キーコーヒー)〉の創業者が1936年に開店。名物は中南米の標高が高い山で収穫された良質な豆を使った「アンティークブレンドコーヒー」。豆の酸味を残すように抽出する独自のネルドリップ方式を採用。

tricoroll_0025

コーヒーの抽出には、オリジナルのロト(ドリッパー)とネルを使用。〈トリコロール〉では昔から沸騰したお湯で淹れる。

ゆっくりと落とすことで、深いコクが際立つ。創業時のメニューを復活させたエクレアとも好相性。

tricoroll_0085
ファンが多い「アンティークブレンドコーヒーとエクレアのセット」1,250円(税込)

2.自家焙煎、手縫いネルで淹れてくれる〈蔦 珈琲店〉/表参道

tsuta_01131

蔦で覆われた建物の中に入ると、美しく手入れされた日本庭園が窓いっぱいに広がる。

仕入れる豆は、ブラジル・サントスNo.2の1種類のみ。その豆の状態に合わせて、毎日店の奥の直火式焙煎機で深めにロースト。さらにコーヒーの味を左右するネルフィルターは、店主自らが一枚一枚手縫い!

tsuta_00461

1杯分の注文であっても毎回倍のコーヒー豆を使い、2杯分をドリップする。これがいつ飲んでも同じ味わいを保つ秘訣。

常においしいコーヒーを提供するために、妥協をせずに淹れる自慢の一杯は、甘さとコクのバランスが見事。

tsuta_00741
苺のレアチーズケーキなど、自家製スイーツにコーヒーが付く「今日のお菓し」1,200円

こんな記事もおすすめ!
☆純喫茶の懐かしメニューはこちら!
☆純喫茶デビューにオススメの2軒はこちら!
☆【サイフォン】で淹れたこだわりの珈琲が飲める純喫茶2軒はこちら!

(Hanako1150号掲載/photo : Michi Murakami text : Emi Suzuki)

今月のスペシャル

夏の楽しいお酒特集!おうちで楽しむ「べランピング」から、今年のトレンドカクテルをチェック。夏の楽しいお酒特集!おうちで楽しむ「べランピング」から、今年のトレンドカクテルをチェック。
TOPに戻る