top89
2018.02.19

これが新しい呑みのかたち! 「モツ×○○」の新たな魅力を発見!注目【NEO大衆居酒屋】のおいしいモツ料理と一杯。

東京で今注目したい呑みシーンが、定番のモツを意外な組み合わせでいただくことの出来る「NEO大衆居酒屋」なんです。懐かしさもありつつ、新しい挑戦も詰まった、注目の2店をご紹介します。

1.国境を超えるモツのうまさ〈豚星〉/武蔵小山

ATARI_Butahoshi-0473

武蔵小山のアーケードから徒歩2分。大きなガラス窓が目印のこちらのお店は、一見昔ながらの大衆居酒屋。

しかし、メニューは新進気鋭。新鮮なモツを使った串焼きだけでなく、イタリアンやフレンチの技法でモツを使いこなし、老若男女を問わず幅広い層が訪れる。

ATARI_Butahoshi-0683

上シロ、カシラ、ハツモト各130円は炭火でこんがり焼きあげる。右上のトマト巻き200円や、自家製ベーコンと半熟卵400円も人気商品。

唐辛子入りサワー・金魚390円と一緒に味わって。

普通の大衆居酒屋では食べられない、豚尾のトマト煮込みのせリゾット800円も絶品。
普通の大衆居酒屋では食べられない、豚尾のトマト煮込みのせリゾット800円も絶品。

酎ハイボールやサワーのほか、ワインも充実しているので是非ご賞味あれ。

2.モツ×焼酎ハイボールにクラフトビール〈タヰヨウ酒場〉/西小山

ATARI_Taiyo-0200

クラフトビールとモツ焼きが自慢の酒場は、静岡のブリュワリー〈ペアード・ブルーイング〉出身の鳴岡哲哉さんがかつての同僚とともに開業した。

レバ、ハツ、はらみ各120円。焼酎ハイボール350円
レバ、ハツ、はらみ各120円。焼酎ハイボール350円

こだわりのモツは鮮度抜群。しかも品の良いものをお値打ち価格でいただける。新鮮なうちに念入りに下ごしらえしたモツは、苦手な人も目からウロコが落ちると評判。

ATARI_Taiyo-0185

吟味を重ねた厚切りのプレスハム+生パン粉のハムカツ430円や、鳴岡さんの故郷・愛媛松山の味、ジャコたっぷりの焼きそば580円など、酒屋の定番ながらひとひねり入れたメニューも多数。
クラフトビールUSハーフ600円のほか、日本酒やワインも楽しめる。

(Hanako1121号掲載:Photo Shin-ichi yokoyama,text Mutsumi Hidaka edit

こんな記事もオススメ!
☆イマ東京で飲みに行きたいお店まとめはコチラ!
☆西浅草でおしゃれに呑み歩くならココ!コチラ!

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る