手前「チョコレートムース」、奥「タルトタタン」各900円
2021.05.23

カメラ女子必見。 映えフードが人気!【東京】NY風のおしゃれカフェ&レストラン5選

海外に行けるのは当分先だからこそ、都内で海外旅行気分を味わいませんか?特にNYっぽいお店はカメラ女子が撮りたくなるようなおしゃれフードが沢山。カメラ片手にいざ出発!

1.〈COMMISSARY 日本橋〉/日本橋

「クリームドーナツ」370円など約6種。
「クリームドーナツ」370円など約6種。
〈COMMISSARY 日本橋〉/日本橋
〈COMMISSARY 日本橋〉/日本橋
「クリームドーナツ」370円など約6種。
〈COMMISSARY 日本橋〉/日本橋
〈COMMISSARY 日本橋〉/日本橋

コンセプトはNYのファクトリー。アメリカンサイズのピザ店〈PIZZA SLICE COMMISSARY〉や、パン好きがこぞって通う〈Chigayabakery〉など5店舗が入居する。カウンターがずらっと並ぶ本場らしい雰囲気にわくわく。

〈COMMISSARY 日本橋〉
■東京都中央区日本橋本町3-11-5
■休みは店舗で異なる 無休
■約60席

(Hanako1195号掲載/photo : Kaori Ouchi, Natsumi Kakuto illustration : Maori Sakai text : Wako Kanashiro, Yoshie Chokki edit : Yoshie Chokki)

2.〈ブルックリン・ブルワリー B〉/兜町

〈B〉オリジナルのおしゃれなビアカクテルも登場!
「Organic Ginger & Mint」は、「ブルックリンソラチエース」を使用。有機ジンジャーがピリ辛で、一口飲んだ瞬間に体が温まる。
「Organic Framboise & Basil」は、「ブルックリンベルエアサワー」の爽やかさとフランボワーズの酸味が融合して、とても飲みやすい1杯。左から、ビアカクテル「Organic Ginger & Mint」980円、「Organic Framboise & Basil」980円。
〈B〉オリジナルのおしゃれなビアカクテルも登場! 「Organic Ginger & Mint」は、「ブルックリンソラチエース」を使用。有機ジンジャーがピリ辛で、一口飲んだ瞬間に体が温まる。 「Organic Framboise & Basil」は、「ブルックリンベルエアサワー」の爽やかさとフランボワーズの酸味が融合して、とても飲みやすい1杯。左から、ビアカクテル「Organic Ginger & Mint」980円、「Organic Framboise & Basil」980円。
「ワカモレ&チップス」600円。
「ワカモレ&チップス」600円。
大正12年築の元第一銀行だった建物をリノベーションしている複合施設の〈K5〉。〈B〉は、こちらの地下1階にある。
大正12年築の元第一銀行だった建物をリノベーションしている複合施設の〈K5〉。〈B〉は、こちらの地下1階にある。
〈B〉オリジナルのおしゃれなビアカクテルも登場!
「Organic Ginger & Mint」は、「ブルックリンソラチエース」を使用。有機ジンジャーがピリ辛で、一口飲んだ瞬間に体が温まる。
「Organic Framboise & Basil」は、「ブルックリンベルエアサワー」の爽やかさとフランボワーズの酸味が融合して、とても飲みやすい1杯。左から、ビアカクテル「Organic Ginger & Mint」980円、「Organic Framboise & Basil」980円。
「ワカモレ&チップス」600円。
大正12年築の元第一銀行だった建物をリノベーションしている複合施設の〈K5〉。〈B〉は、こちらの地下1階にある。

人気クラフトビアブルワリー〈ブルックリン ブルワリー〉の世界初のフラッグシップ店〈B〉が、日本橋兜町にオープン!お店でしか飲めない直輸入ビールやオリジナルビアカクテルが楽しめます。

〈ブルックリン・ブルワリー B〉
■中央区日本橋兜町3-5 K5 B1
■16:00〜23:00
■無休
■120席

(photo,text:Yuki Yokoo)

3.〈Buvette〉/日比谷

手前「チョコレートムース」、奥「タルトタタン」各900円
手前「チョコレートムース」、奥「タルトタタン」各900円
〈Buvette〉/日比谷
手前「チョコレートムース」、奥「タルトタタン」各900円
〈Buvette〉/日比谷

フォークを刺すのは、テーブルのスペースを有効活用するためにNY本店で始まったスタイル。チョコレートムースは、濃厚なムースと無糖クリームが絶妙。タルトタタンはゴロッと大きなリンゴが入り、食べ応え十分。

(Hanako『ふだんづかいの大銀座』掲載/photo : Yoko Tajiri text : Emi Suzuki)

4.〈Ralph’s Coffee〉/明治神宮前

「ラルフズチョコレートケーキ」
「ラルフズチョコレートケーキ」
タブレットチョコは、右から「シーソルト」、「エスプレッソビーン」の2種。カフェラテ。オーナーこだわりのタブレットチョコは、ブルックリンのオーガニックチョコレートブランド〈FINE & RAW〉から。
タブレットチョコは、右から「シーソルト」、「エスプレッソビーン」の2種。カフェラテ。オーナーこだわりのタブレットチョコは、ブルックリンのオーガニックチョコレートブランド〈FINE & RAW〉から。
表参道 Ralph’s Coffee
「ラルフズチョコレートケーキ」
タブレットチョコは、右から「シーソルト」、「エスプレッソビーン」の2種。カフェラテ。オーナーこだわりのタブレットチョコは、ブルックリンのオーガニックチョコレートブランド〈FINE & RAW〉から。
表参道 Ralph’s Coffee

〈ラルフローレン〉が手がけるカフェが日本初上陸。グリーンとゴールドを基調にしたインテリア、整えられたショーケース、印象的なロゴなど、デザインが隅々まで行き届いた空間に入ると、ニューヨークの五番街に来たかのよう。5層になった伝統的なチョコレートケーキは、本国のレシピを完全に再現した絶品だ。

(Hanako1169号掲載/photo : Yoichi Nagano, MEGUMI(DOUBLE ONE), Makoto Ito text : Kahoko Nishimura, Ai Kiyabu)

5.〈GOOD TOWN BAKEHOUSE〉/代々木上原

ベリー(左)やプレーンなど、見た目もカラフル&ポップで上がる! クロワッサン やブラウニー などもショーケースに。
ベリー(左)やプレーンなど、見た目もカラフル&ポップで上がる! クロワッサン やブラウニー などもショーケースに。
スタッフの接客もどこかアメリカン。
スタッフの接客もどこかアメリカン。
奥の壁前で写真を撮る女子がわんさか。
奥の壁前で写真を撮る女子がわんさか。
ベリー(左)やプレーンなど、見た目もカラフル&ポップで上がる! クロワッサン やブラウニー などもショーケースに。
スタッフの接客もどこかアメリカン。
奥の壁前で写真を撮る女子がわんさか。

タイルの床にピンクのネオンサイン、アメリカンなボックス。インスタ女子の心をくすぐる仕掛けが満載。タイルの床にピンクのネオンサイン、アメリカンなボックス。インスタ女子の心をくすぐる仕掛けが満載。

(Hanako1123号掲載/photo : Misa Nakagaki edit & text : Hiroko Yabuki)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る