丹波くり・和栗専門 紗織 京都
2020.09.29

ネクストブレイクスイーツも。 京都のカフェは「〇〇専門店」が急増中!【京都旅】一度は行くべき注目カフェ4軒

カフェ激戦区でもある京都には今〇〇専門店が続々オープン中。今回は、その中でもカフェマニアがこぞって訪れる専門店カフェをピックアップしてご紹介。ネクストブレイクスイーツも見逃さないで!

1.京都の名バリスタが作る、シュークリーム専門店〈amagami kyoto〉

amagami kyoto 京都
ショーケースに並ぶ表情豊かなシュークリームたち。
ショーケースに並ぶ表情豊かなシュークリームたち。
その場で味わえるようイートインも併設。
その場で味わえるようイートインも併設。
amagami kyoto 京都
amagami kyoto 京都
ショーケースに並ぶ表情豊かなシュークリームたち。
その場で味わえるようイートインも併設。
amagami kyoto 京都

烏丸の珈琲店〈Okaffe kyoto〉を手がけた名バリスタ・岡田章宏さんが手毬シュークリーム専門店〈amagami kyoto〉を新たに展開。手のひらに軽く収まってしまう見た目にも愛らしいオリジナルシュークリームには、どんな人でも笑顔にしてしまう魔法がかけられています。

「カスタード」280円
「カスタード」280円
「珈琲」320円
「珈琲」320円
「抹茶」420円
「抹茶」420円
amagami kyoto 京都
「カスタード」280円
「珈琲」320円
「抹茶」420円
amagami kyoto 京都

様々なシュークリームのフレーバーが勢揃い。ただ一つ言えることは、食べた瞬間思わず笑顔になる"瞬間笑顔"という素材が、どのシュークリームにも詰まっているということ。店内では、〈Okaffe〉のパーティーブレンドと合わせて楽しむことができるので、最高のペアリングをとびきりの笑顔でいただきましょう!

〈amagami kyoto(あまがみ きょうと)〉
■京都市下京区仏光寺通烏丸東入上柳町315-11
■11:00〜18:00

2.錦糸モンブランの専門店〈丹波くり・和栗専門 紗織〉

丹波くり・和栗専門 紗織 京都
丹波くり・和栗専門 紗織 京都
丹波くり・和栗専門 紗織 京都
丹波くり・和栗専門 紗織 京都
丹波くり・和栗専門 紗織 京都
丹波くり・和栗専門 紗織 京都

目の前には鴨川を臨む好立地。二階にも席があり、自然光が生み出す陰影がgood。

丹波くり・和栗専門 紗織 京都
紗織「紗」2,200円(税別)
紗織「紗」2,200円(税別)
丹波くり・和栗専門 紗織 京都
紗織「紗」2,200円(税別)

丹波地方で生まれ育った最高級丹波くりのみを使用して作る錦糸モンブランを、和三盆&サトウキビから作られたサクッと食感のメレンゲと合わせる珠玉の逸品。オリジナルの絞り機を使い、絹のように繊細な1mmの錦糸モンブランを生み出すその瞬間は、延々と眺めていたくなるほどに美しいのです。他にはない、栗だからこそ表現できる淡い甘さに尊さすら感じます。国産和栗を使用した「絽」も合わせてチェック。

〈丹波くり・和栗専門 紗織(さをり)〉
■京都府京都市下京区木屋町通高辻上る泉泉屋町170番1
■10:00〜18:00(17:30 L.O)不定休

3.いちごを使った贅沢スイーツが並ぶ!京都の中心にあるいちごスイーツ専門店〈maison de frouge〉

京都 maison de frouge
京都 maison de frouge
京都 maison de frouge
京都 maison de frouge
京都 maison de frouge
京都 maison de frouge
京都 maison de frouge
京都 maison de frouge

一年を通して苺のお菓子と出会うことができるお店〈maison de frouge〉は京都の中心街・烏丸エリアにあります。視界に映るのは、主役である苺たちを生かした美しいスイーツたちの数々。ここを訪れれば、苺が持つポテンシャルの高さに改めて気づかされることが多々あるでしょう。ショーケースには美しく並ぶ苺スイーツの姿が。

「苺のミルフィーユ」620円
「苺のミルフィーユ」620円
「苺とベリーのムース」630円
「苺とベリーのムース」630円
「苺&ベリー&お花の紅茶」500円
「苺&ベリー&お花の紅茶」500円
「苺のミルフィーユ」620円
「苺とベリーのムース」630円
「苺&ベリー&お花の紅茶」500円

日常生活の中で、苺と出会う機会は多くある。けど、こうやってじっくりと向き合える時間ってそうそうない気がするのです。しかもそれが一年中、いつ訪れても体験できるというのですから。また、使用される苺は季節によって異なるので、同じスイーツであってもまた違った味わいが楽しめちゃうのです!そう、まさにここは、苺と苺を求める人とを繋ぐ、架け橋となってくれるお店です。

〈maison de frouge〉
■京都市中京区 東洞院通三条下ル三文字町201
■11:00〜19:00 月休(祝日の場合は営業、翌日休み)

4.奈良のスムージー専門店が京都に!新鮮なスムージーと出会える〈DRINK DRANK〉

drinkdrunk1
オーダー後に作るスムージーはフレッシュさ抜群。
オーダー後に作るスムージーはフレッシュさ抜群。
ゆっくり味わえるようイートインも併設。
ゆっくり味わえるようイートインも併設。
drinkdrunk7
drinkdrunk1
オーダー後に作るスムージーはフレッシュさ抜群。
ゆっくり味わえるようイートインも併設。
drinkdrunk7

奈良市に本店を置くスムージー専門店〈DRINK DRANK〉が、京都に2号店をニューオープン。場所は、銀閣寺へと続く参道の道中にあり、ふらっと立ち寄れる気軽さからは想像できないほど、フルーツを使用した濃厚かつ新鮮なスムージーとの出会いが待っています。

drinkdrunk4
drinkdrunk5
drinkdrunk6
drinkdrunk4
drinkdrunk5
drinkdrunk6

華やかな味わいでありながら、素材の持ち味を邪魔しない優しさが詰まったスムージーたちに、愛すら感じました。それを”スムージー愛"と言うのか”フルーツ愛”と言うのかはわからないけど、ひんやりしているのに温かさを感じるという不思議な感覚の根源にはきっと、一杯に込める熱い想いにあると思うのです。

〈DRINK DRANK 銀閣寺店(ドリンクドランク)〉
■京都府京都市左京区銀閣寺町56-2
■11:00〜17:00 不定休

(photo&text:Kyonn)

京都の素敵なカフェをご紹介!連載『カフェノハナシ in KYOTO』

カフェノハナシ in KYOTO
カフェノハナシ in KYOTO

いつもどこかのカフェで過ごしているという、インスタグラマー〈きょん〉さんが、京都のカフェ&喫茶店をご案内。そこで見つけた「ここに来たらぜひオーダーしたいひと皿」を、ピックアップしてご紹介します。優しい味わいのプリンやタマゴサンドに懐かしのナポリンタン……そして、もちろん、コーヒーも。京都ならではの時間がゆったり流れるカフェ体験を!(毎月第2・4土曜更新)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る