美味しいワインと充実のアラカルトで寛ぎの夜ごはん
2017.08.07

鎌倉のおすすめビストロ&オステリア5軒 美味しいワインと充実のアラカルトで寛ぎの夜ごはん

鎌倉の夜ごはんは、地元御用達のビストロ&オステリアへ。ワイン片手にみんなでわいわいアラカルトをシェア…そんな肩肘張らない夜を楽しみませんか。観光地のイメージが強い鎌倉がぐっと身近に感じられるはず!
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.鎌倉グルマンの心騒がす人気店が移転オープン。〈Oui Oui〉

OUIOUI52_atari

ゆったり広くなった〈Oui Oui〉2階。スタッフ自ら梁や柱に磨きをかけて壁を塗り、床を貼って、ぬくもりを感じる空間に。

新たな店は小町通りと若宮大路をつなぐ路地沿い。かつて氷店だった木造家屋をリノベーションして、2階を広々としたフロアとキッチンに。おかげで料理の幅も広がったとシェフ。

OUIOUI20_atari
「リー・ド・ヴォーのフリカッセ」2,000円

「リー・ド・ヴォーのフリカッセ」2,000円はプリッとふんわり、ミルクの香り。色鮮やかな野菜もたっぷり。

OUIOUI28_atari

「パテ・ド・カンパーニュ」800円は、ざっくり粗挽きで肉々しい食感。

OUIOUI23_atari

「本日のお魚料理」1,800円~。この日は金目鯛のポワレ。いずれも素材は季節で替わる。

その日に揚がった地魚や鎌倉野菜に国内外から届く上質食材を組み合わせた料理は、これ目当てに鎌倉に来てもいいクオリティ。なのにお値段手頃で肩肘張らない。しかもワイン1杯からもOK。地元に愛されるのも納得だ。

s_OUIOUI07

全テーブルを見渡せる店中央のキッチン。ここがオーナーシェフ青沼恒二さんの定位置。

OUIOUI54_atari
OUIOUI56_atari

氷店時代の氷室の扉や店先のテントの軸を店づくりに生かし、路地に漂う昔ながらの気配を今につないでいる。1階では自家製サンドイッチやキビヤのパンを販売。イートイン席も。

2.立ち上る湯気もごちそうのココット料理を。〈BISTRO AMPERSAND〉

562fac6a537f74fff98c1be5f8da8e76

シェフの仕事ぶりを間近に見るカウンターには、ストウブ社製のココットが大小ずらり。

店名は“&”の英語読み。生産者と食べ手を料理でつなぎたいと命名された。

p50
「鮪のカマと鎌倉野菜のココット焼き」(1,800円)

〈ホテル日航東京〉でシェフを務めた間中航さんの店の看板はココット料理。鎌倉や三浦半島をはじめとする各地の農家や漁師の思いが詰まった食材の力を、最大限に活かしてくれるのがココット鍋なのだという。熱々で運ばれてくるココットの中身は野菜も肉も魚もゴロリと大ぶりで、素材の風味を逃がさない。豪快にして繊細な味わいは、シェフが吟味する自然派ワインと相性ぴったりだ。

0d9bbb61e6e63390fcc72abd8030731e

「自家製シャルキュトリーの盛り合わせ」(ハーフ)800円は、鶏白レバーと無花果のテリーヌなど5種が楽しめる。

自家製のシャルキュトリーやキッシュ、テリーヌもおすすめ。

61c57acd544cf9a13902519cd4222253

大きな窓からおいしい笑顔がのぞく。

3.バリエーション豊かな手打ちパスタにも注目。〈CIELO BLU〉

a61902127bd7dd4d647ed5dd5e643433

都内や横浜のイタリアンを経てイタリアで修業した青野さん。料理の引き出しの多さに驚く。

地元の食材を使って料理を作るおもしろさに開眼し、2016年10月に念願の独立開業を果たした青野高久さん。野菜は毎日農家直売の市場に足を運んでみずみずしいものを吟味、魚は三浦半島の佐島や三崎の港で手に入れる。

09018952ff9a6e6f0323d49ce402d5c6
「牛ホホ肉のトマト煮のビゴリ」(1,500円)

しかも湘南豚のサルシッチャもパンチェッタも、逗子のみかんチェッロも生パスタも自家製に徹する全力投球ぶり。

8a7351eddbc9609a8306fd35ccfcab53
「ピッツァマルゲリータ」(1,200円)

逗子のみかんチェッロ500円はストレートかソーダ割りで。

麺棒で生地を極薄に伸ばして焼き上げるローマピッツァもピカイチ。直径30㎝ほどながら、パリッとサクッとクリスピーでペロリと平らげる女子多数。

592d948811280066a77d3cc4d81e68d5

自家製サングリア片手にテラス席で過ごすのも心地よい。

4.料理とワインの幸せな出会いに時間を忘れる。〈Wine & Food Spirit〉

spirit10_atari

築50年近い木造家屋を生かした店内。コンパクトな厨房は、まるで秘密基地のよう。

ワイン専門店〈湘南ワインセラー〉によるビストロが開店して半年。オーナーソムリエの花里誠一(はなさとせいいち)さんが選りすぐった自然派ワインを楽しめると地元でも話題に。

spirit03_atari

フランス・ブルゴーニュを中心に、季節や食材に合わせてセレクト。

希少なワインや注目の作り手の一本も、リーズナブルな価格でスタンバイ。

spirit20_atari

「フォアグラのテリーヌ」1,000円は葉野菜サラダと自家製ピクルス添え。

spirit17_atari
「豚リエット」(600円)、「本日のキッシュ」(650円)(各税込)

ハーブやスパイスでメリハリを効かせた料理、インポーターから引っ張ったとびきり上等なチーズやハムとのマリアージュで、おいしさは三倍増しに。グラスは常時赤白各5種600円~で、その日のお勧めを黒板に記載。ボトルはショップ価格+1,000円で提供。

5.自家農園の野菜100%。一期一会のイタリアン。〈オステリア ジョイア〉

d6f2dfab6114f4c726b57a91f70a3b0f

厨房を引き受けるのは飯田さんの信頼も厚いシェフ加藤瑛一さん。自らも畑仕事に精を出す。

オーナーは、ソムリエにして野菜作り歴30余年の飯田博之さん。年間100品目の野菜とハーブを自家採取の種から育てあげ、まさに食べ頃なものだけを収穫して即座に厨房へ。それをミシュラン星付き店で腕を磨いたシェフが料理に仕上げる。

bf2f020ad196097144fddea9887a4445
「スナップエンドウとサルシッチャのスパゲティ」(1,500円)
1edb2d2110ed887a4f6bfbcce69f98da
「生そら豆、アックアドルチェとペコリーノチーズ」(1,000円)

走り~旬~名残と変化する野菜の風味に応じて料理も日々進化。その淡い甘みや清涼感のある香りなど、鮮烈にして繊細な味わいを引き立てるべく、飯田さんがソムリエの本領を発揮して、地ブドウ香るイタリアワインを選んでくれる。一期一会、今だけの奇跡を楽しみに出かけよう。

8390fc76eacbeca8bf94e8caf435b1f4

店先には小さなテラス席も。

(Hanako1135号掲載/photo : Kanako Nakamura text : Mutsumi Hidaka)

TOPに戻る