n2_MG_4701

絶景のインフィニティプールも! 【ハワイ】映画のワンシーンみたい!極上バカンスが過ごせるホテルステイといえば? Learn 2017.07.17

完成したばかりのインフィニティプールなど、ホットな情報をお届け。全面リニューアルを終えたあの人気ホテルはどのように生まれ変わったの?旬のハワイステイを楽しんで!

ワイキキでも1、2 を争う高級ホテル。〈Trump International Hotel Waikiki〉

MMM9792

「フォーブス誌トラベルガイド」のホテル格付けでは、オアフ島で初、そして唯一の五ツ星リゾートとして認められている〈トランプ・インターナショナル・ホテル・ワイキキ〉。ベッドルームの数だけバスルームとトイレが付いているので、2ベッドルームなら2グループや2世代での宿泊も。

その魅力はなんといっても、豪奢な客室。スタンダードな客室でも平均46平方メートルの広さがあり、最大4名、スイートなら8名まで宿泊できる3ベッドルームだと広さは180平方メートルをゆうに超える。

MMM9760

「プレミアム3ベッドルーム」のリビング。

スイートルームには全室、フルキッチンと洗濯機を完備し、イタリア製大理石のバスルームには、肩までつかれる深さ約55センチのバスタブが。

MMM9782

オーシャンフロントの部屋からの景色。どこへ行くにも便利なワイキキの中心地で、ビーチまでは徒歩数分の距離。

大きな窓がついた開放的なリビングに、パノラマのオーシャンビューが加われば、ホテルにいることそのものが極上のバカンスに。

オリジナルアメニティ
オリジナルアメニティ
MMM9943

〈ワイオル・オーシャンビュー・ラウンジ〉では新鮮な寿司も楽しめる。「松セット」45ドル。

充実しているのは設備だけでない。高いホスピタリティにも定評がある。コンシェルジュが様々な要望を聞いてくれるほか、「トランプ・アタシェイ」サービスを利用すれば、事前にバースデーケーキを用意する、部屋を飾り付ける、代わりに食材の買い物をしてもらうなど目的に応じた相談ができる(内容によっては有料)。ユニークで思い出に残るステイになること間違いなしだ。

Trump-Waikiki_Lobby_

〈Trump International Hotel Waikiki(トランプ・インターナショナル・ホテル・ワイキキ)〉
ホテル設立は2009年。ビーチまでは徒歩2分で、バスタオル等の無料貸し出しも。
■223 Saratoga Rd., HonoLulu 
■808-683-7777(ハワイ)、03-5695-1770(日本) 
■全462室 
■2名1室481ドル~

全面リニューアルにより、アートを感じる、より洗練された空間になった。〈Prince Waikiki〉

MG_7524

アラモアナセンターまで歩いて5分と、立地も抜群の〈プリンス ワイキキ〉。昨年、全客室からエントランス、レストラン、プールに至るまで全面的なリノベーションを行い、ハワイを代表するホテルとして新たに生まれ変わった。

MG_4701

オーガニックな作りのプールはデザインコンシャス。高さもあるので、視界もぐっと広い。障害物は一切なく、水平線とずらっと並ぶヨットは実に壮観。夕方にはサンセットが見えるロマンチックな場所に変身する。

MG_6802

カクテルも楽しめる。〈Hinana Bar〉の営業は11:00~19:00。

MMM2132

ホテルのエントランス。天井のオーナメントは、ハワイで幸運を呼び込む魚といわれる「ヒナナ」の群れがモチーフ。

改装プロジェクトには、ハワイ出身の前衛芸術家、カイリ・チュン氏が参加。かつてこの土地に暮らしていた人々や自然に敬意を表し、ハワイ古来の魚や植物をモチーフに、憩いの場をアートで表現した。

MMM2156

白を基調とした客室には、土地を浄化するといわれる「ナイオ」の花。アーティストのリッキー・ウォルフェの作画。

MG_4938

客室は全室オーシャンフロント。

MMM2223

レストランも刷新。〈100 Sai ls Restaurant & Bar〉ではカウンターでお酒も楽しめる。

建物内には、カフェ〈ホノルルコーヒー〉や和食〈カツミドリズシ・トーキョー〉ほか人気店を新設。その一方で、宿泊客のみならず、ハワイの人々にとって特別な場所として愛されていた3階のビュッフェレストランは、〈ワンハンドレッド セイルズ レストラン&バー〉として、引き続きバラエティ豊かな食事を提供する。

日系ホテルならではの細やかな気遣いもそのままだ。フロントでは24時間日本語での応対が可能。歯ブラシ、ウォシュレットの全室完備も、ハワイでは貴重だ。居心地がよく、何度でも戻って来たくなる、ハワイ観光の新しい拠点を体験したい。

HPH-Front-with-Boat

〈Prince Waikiki(プリンス ワイキキ)〉
アラワイ・ハーバーがすぐ目の前。ハワイ島の〈ハプナビーチプリンスホテル〉もリニューアルしたばかり。
■100Holomoana St., Honolulu 
■808-956-1111 
■全563室 
■2名1室490ドル~

日本で感じるハワイも♪Hanakoのハワイ満喫記事まとめはコチラ!
ハワイの憧れホテル“ピンクパレス”のリゾートステイはコチラ!
ハワイの魅惑のホテルステイその1はコチラ!

(Hanako1132号掲載/photo : Yuko Moriyama,Akira Kumagai (infinity pool))

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR