Processed with VSCO with hb2 preset

花井悠希の朝パン日誌 vol.2 ちゃんと歩いたものだけがたどり着けるご褒美パン〜〈金麦〉と〈ジャンティーユ〉〜 Learn 2017.07.03

パンを愛するヴァイオリニスト花井悠希(はないゆき)がお届けする「朝パン日誌」。7月に入ってムシムシと湿度と暑さが増してきたこの頃、外を沢山歩くのはそろそろ嫌だなぁというときに、せっせと足を動かした選ばれし者だけがたどり着けるパンをご紹介します。(←壮大

実直なご主人の佇まいも魅力…〈金麦〉の「白金あんぱん」と「さつまいものリュスティック」

〈金麦〉の「白金あんぱん」

■白金あんぱん

静かな白金の住宅地にある〈金麦〉さんは地元の方々で賑わうあったかみのあるパン屋さん。白金台の駅からも、目黒駅からも、広尾駅からも、結構歩かないとたどり着けないという立地がなかなかにくい。やっとたどり着いた店内でハード系からお惣菜系まで幅広く並んだパンを前に悩みに悩み、「白金あんぱん」と「さつまいものリュスティック」をお持ち帰り。ハイソなエリアなのにお手頃価格というのも安心感高いです。ありがたやー!

「白金あんぱん」の真っ白なパン生地を見ると、ついついモチモチした柔肌を期待しますよね。安心してください、こちらの期待にしっかりとしたもっちり感で応えてくれます。

もっちりを抜けると、中には宝物たちが詰まっているのです。小豆餡とクリームチーズ、そしてドライ杏。小豆とクリームチーズのタッグは小豆の甘みをクリームチーズの淡い酸味がすっきりとまとめてくれています。そこにドライ杏という刺客。あんみつの経験から、杏と小豆の相性の良さは知っている。だが、そこにクリームチーズともっちりパン生地が加わることは想定外!

でも、安心してください。(二回目)杏さん、私達の味方でした。小豆とクリームチーズタッグのあっさりとした仕上りに、ドライ杏がねっとりとしたコク深い甘みを絡めてくるんです!それをパン生地がまとめあげる!!小ぶりなサイズ感のわりに、重さがしっかりある理由は、ここにあったのですね。あったかいお茶入れて、畳に座り、ちゃぶ台を前に食べたいパンです。(今も売っているかな?ちゃぶ台)

Processed with VSCO with hb2 preset

■さつまいものリュスティック

こちらはぐるりと一周、カリッと香ばしい皮に包まれています。そこをパリッと突入すると、ふわっと押し返す弾力のある生地に出会います。その瞬間、ぶわぁっと鼻を駆け登る、小麦の香り!とりあえずここで1つ深呼吸を。もれなく幸せになれます(笑)。

Processed with VSCO with hb2 preset

■細かく練りこまれた甘いさつまいも

生地が甘さ控えめな分、さつまいもの自然な甘みが味に温もりを与えてくれています。でも主役はちゃんとパンに譲って、名脇役の仕事を全うしている。さすがです!お砂糖を少し入れたミルクたっぷりのカフェオレと一緒に、さぁめしあがれ!

お気に入りがきっと見つかる…〈ジャンティーユ〉の「パヴェ」と「岩塩とチョコレートのマフィン」

Processed with VSCO with hb1 preset

甘く優しいパンから、美味しいバターと共に夜食べたいバゲットまで、幅広い品揃えの『gentille』さん。目黒駅から15分くらい歩きます。

Processed with VSCO with g3 preset

■クリーム盛り盛りな今風、じゃなく正統派なクリームパン

Processed with VSCO with hb1 preset

■みんな大好きシナモンロール

魅力的なパンばかりの店内で、気圧のせいなのか近頃ずっと頭がずーんと重い私が、今回心の赴くまま選んだのは、「パヴェ」と「岩塩とチョコレートのマフィン」。

Processed with VSCO with hb1 preset

■パヴェ

ブリオッシュ生地でカスタードクリームとチョコレートを包んだ甘いおやつパン。表面は、こんがりと色づき、ヒビ1つなくツヤツヤとなだらかで美しい。鏡代わりに顔を映せそうなほどです(笑)。そこからはみ出た両サイドのカスタードの色白感がまた、こんがりな表面と良いコントラストを演出しています。

Processed with VSCO with hb1 preset

■中のカスタードはトロトロ感が残るこれぞ半熟!

包むブリオッシュ生地は、軽く柔らかく、想像していたよりも甘さ控えめで、表面の香ばしい苦味がわずかに感じられる実は大人なテイストです。

その分、カスタードとチョコレートチップが甘さ担当という感じで、親しみやすい味わいに持っていってくれています。中のカスタードが、多すぎない量だからこそ、このブリオッシュ生地にもちゃんとスポットライトが当たり、大人も大人で楽しめて、子供は子供で美味しいパンになっているのかなと思いました。幅広い世代がそれぞれの感覚で楽しめるパンです!

Processed with VSCO with hb1 preset

■岩塩とチョコレートのマフィン

こちらはパヴェに比べて、より大人顔。なぜなら表面にパラリと振られた岩塩がキリリと冴え渡っているんです。

Processed with VSCO with hb1 preset

ベースのマフィンは、とてもきめ細やかで、はらりはらりとこぼれ落ちる粉1つ1つまでしっとりしています。細胞レベルで、しっとりしてる?ってやつです。(言いたいだけ)

Processed with VSCO with hb1 preset

そのきめ細やかで、ほわほわほわと口内に解けていく繊細な食感を邪魔しないように、チョコレートも細く小さく削られて、練りこまれています。だから、ほわほわの中でチョコレートが幾度となく淡く溶けて甘い余韻を残すんです。想像するだけでドリーミーでしょ?

その世界に、岩塩がキリリと顔をだし、甘く夢見がちな世界にメリハリを加え、チョコレートのコク深い甘みを際立たせてくれるのですよ。

チョコレートマフィンにこんなにも岩塩が合うなんて、大発見です。初めてこのマフィンを食べた時、衝撃でした。7年前くらいになりますが、今でも強烈に記憶に残っているマフィンです。

次の更新では梅雨も明けて夏が訪れているでしょうか!?ピカピカの太陽待ってるよ!

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR