top_shinjuku_hyatt

〈ハイアット リージェンシー 東京〉でラグジュアリーな時間。 都会・西新宿にある〈ハイアット リージェンシー 東京〉にチェックイン!~#Hanako_Hotelgram~ Learn 2018.10.22

週末は遠出せずともリラックスしたい!そんな東京で忙しく働く女子の憧れといえば、「癒しの週末ホテルステイ」!IT企業に勤めながら人気インスタグラマーとしても活躍する〈もろんのん〉が、そんな夢のホテルステイをリアルレポートするこの連載。今回は都庁駅から徒歩1分の〈ハイアット リージェンシー 東京〉へ。

【20:00】チェックイン

shinjuku_hyatt-25

#高さ8m幅4mのシャンデリア #大理石の床

〈ハイアット リージェンシー 東京〉の「アトリウムロビー」の特徴は何と言ってもこちらのシャンデリア。ホテルを象徴するものの一つです。シースルーのエレベーターからだと、写真のようにシャンデリアを上から見下ろすことができます。まるで舞踏会が開催されそうな、素敵なロビー。

9階〈リージェンシークラブラウンジ〉でカクテルアワーを体験

shinjuku_hyatt-1

#カクテルアワー #ワインから日本酒まで種類豊富

金曜日の仕事終わりで、気持ち早めにチェックインができたため、18:00〜20:00に夕食前の軽いオードブルが楽しめる「カクテルアワー」へ。夕食前なので食事は控え、「ロゼスパークリングワイン」を一杯だけいただきました。

shinjuku_hyatt-2

#リージェンシークラブラウンジ

こちらは「リージェンシークラブフロア」に宿泊のお客様が無料で利用可能なラウンジです。夜景も楽しむことができます。

【20:15】2階「カフェ」にてディナーコース

shinjuku_hyatt-5

#ブリキのミニチュアカー #コーヒーミル

遊び心をくすぐるオブジェが壁一面に飾ってあったり、

shinjuku_hyatt-6

#カラフルなミニタイル

色とりどりのタイルがロビーとレストランをつなぐ窓の壁に並べられていたり、とっても可愛い内装です。

shinjuku_hyatt-3

#一杯目は桃ジュースで割ったシャンパンで乾杯

今回は「季節のディナーコース」をいただきます。食前酒は爽やかな桃を使ったものにしました。

shinjuku_hyatt-4

#合鴨のロースト葡萄の香り

このディナーコースで一番印象的だったのが「合鴨のロースト」。合鴨に添えてあるのは、葡萄なのですが、バルサミコ酢と葡萄が絶妙にマッチしていました。実は生ハムメロンなど、フルーツとお肉の組み合わせが苦手なのですが、こちらはとても美味しくて感動しました。

shinjuku_hyatt-7

#タリアテッレ 炙り蟹とトマトクリームソース

友人とそれぞれ別の料理をオーダーし、シェア。たくさんの料理を堪能できました。

shinjuku_hyatt-11

#カルナローリ米ポルチーニ茸とビーツのリゾット

こちらはビーツを使用したチーズリゾット。

shinjuku_hyatt-12

#メイン #イベリコ豚トロのローストオニオンバルサミコ風味

shinjuku_hyatt-17

#真鯛の香草パン粉焼 #ムール貝添え焦がしバターの香り

「真鯛の香草焼き」は初めて食べたのですが、焦がしたバターが効いていて美味しかったです。

shinjuku_hyatt-19

#フルーツたっぷりぷるぷるのパンナコッタ

メインまでいただいてお腹がいっぱいかな、と思ったのですが、デザートは別腹。一週間で疲れた身体も癒される優しい甘さで大満足でした。

お部屋は「リージェンシークラブルーム」

気になるお部屋も紹介しますね。特徴は何と言っても、洗面台やバスルームがガラス張りで一望できる広々した造り。もちろんカーテンで遮ることができるのでご安心を。笑

shinjuku_hyatt-43

#ガラス張りで一望できるお部屋

シンプルでモダンな日本らしいデザインで、「和」が感じられるお部屋。

shinjuku_hyatt-39

バスルームからの眺めはこんな感じ。

shinjuku_hyatt-41

#アメニティはレモングラスの香り

shinjuku_hyatt-42

#隠されたミニバー

びっくりしたのは、バスルームの隣にある、扉。なんの扉かなと思い開けてみると、ミニバーやクローゼットが隠れていました。お部屋が広く感じられる造りです。

shinjuku_hyatt-45

#可愛らしいミニサイズボトル

別料金でミニバーの豊富なお酒を味わってみるのも素敵ですね。この品揃えは海外からのお客様も喜ばれること間違いなし。

【9:00】 日本料理「佳香」にて和朝食ブッフェ

shinjuku_hyatt-37

#朝ごはんはやっぱり和食

2018年8月21日にリニューアルされたばかりの〈佳香〉。座敷だった個室はテーブル席にして、着席を楽にしたそうです。朝食メニューも変わってビュッフェスタイルに。

shinjuku_hyatt-38

#都庁が目の前

shinjuku_hyatt-28

#一人分の釜炊きご飯

こちらの目玉は何と言っても、おひとり様ごとに用意される炊き立ての「釜炊きご飯」です。ブッフェを選んでいる間に、炊きたてのお米がお席に用意されています。

shinjuku_hyatt-27

#削りたての鰹節

shinjuku_hyatt-34

#いただきます #ブッフェで選んだ小鉢たち

shinjuku_hyatt-31

#マグロのユッケ #ほっけ焼き魚 #茶そば

少しわかりにくいですが、白い小皿に乗っているのが削っていただいたばかりの鰹節です。ふんわりしたものを想像しましたが、口に入れるとほろほろ崩れ、まるでお菓子のような食感でした!

shinjuku_hyatt-29
shinjuku_hyatt-30

#どきどきの炊きたてのお米

一粒一粒が崩れることなくしっかり立ち、とても甘くておいしいです。ご飯だけではなく、お粥も選べます。

【10:30】スパ&ウェルネス「ジュール」にてトリートメント体験

shinjuku_hyatt-47

#ジュールとはエネルギーの単位

こちらの〈スパ&ウェルネス「ジュール」〉では、スパやジムを楽しむことが出来ます。コンセプトは新宿という立地ならではの、ストレスフルな現代の疲れた身体を癒し、エネルギーをチャージできるようにという想いを込めて「ジュール」という店名なのだそう。デイスパなので、宿泊者でなくても利用できますよ。

shinjuku_hyatt-48

#ウェルカムドリンク #100種類以上の野菜と果物の酵素

shinjuku_hyatt-50

#スパはホテル最上階に位置する

トリートメントの前にはお風呂(ズイッツ・バス〈腰湯〉)やミストサウナで身体を温めてからトリートメントを体験することも可能です。ちなみに1つ上の階には、新宿の景色が一望できるフィットネスジムやプールがありますよ。

shinjuku_hyatt-49

#フットバスセット #マイナスイオンを発すると言われているトルマリンストーン

shinjuku_hyatt-51

#フットバス

足は第二の心臓と呼ばれるくらい大事なところ。老廃物もたまりやすいそうなので、まずは足元からしっかり温めるフットバスを。その後、ボディ トリートメントを60分間体験しました。いい香りに包まれリラックスし、思わず途中で寝てしまいました。笑

shinjuku_hyatt-52

#食後のアフターミール #ごぼうスープ #フルーツジュレ

【13:00 】最後は1階の「ラウンジ」にてアフタヌーンティーセット

shinjuku_hyatt-54

#ジル・マルシャルフェア #アフタヌーンティー #カラフルなプレート

ジル・マルシャル氏のスイーツの代表作とも言えるカヌレ、フィナンシェなどの焼き菓子やプティガトーだけでなく、セイボリーも楽しめるアフタヌーンティーセットです。イギリス風の3段に乗ったアフタヌーンティーはいただいたことがあるのですが、今回のようなプレートに乗ったアフタヌーンティーは初めて!

shinjuku_hyatt-57

#女性スタッフさんのイチオシはカヌレ

カヌレはロビーフロアの〈ペストリーショップ〉で購入可能(2個入り1,000円)。少し高いかな?と思ったのですが、食べてみると納得の味。まるでフレンチトースのようにしっとり甘く、周りはザクッとした食感です。新宿エリアに立ち寄ったら、こちらは要チェック。前日予約が必要なので注意。

shinjuku_hyatt-62

#ドリンクはおかわり自由 #25種類ほどの中から選べます

shinjuku_hyatt-61

#一番人気ドリンクは蜂蜜なつめラテ

以前、「カフェ」の期間限定メニューだったそうなのですが、お客様からとても人気で「ラウンジ」のドリンクメニューに仲間入りしたそうです。

もろんのんの感想まとめ。

shinjuku_hyatt-63

第15回は〈ハイアット リージェンシー 東京〉さん。ロビーやクラブラウンジの格式ある雰囲気と、スタッフの皆さんの丁寧で心のこもったサービスがとても印象的でした。新宿駅からだと徒歩10分程度なので、新宿にお勤めの方はスパやディナーを是非利用してみて下さい。一週間の疲れが吹き飛ぶ、楽しく活力をリチャージできたホテルステイでした。ありがとうございました!

今回宿泊したホテル〈ハイアット リージェンシー 東京〉

■160-0023 東京都新宿区西新宿2-7-2
■03-3348-1234
https://www.hyatt.com/ja-JP/hotel/japan/hyatt-regency-tokyo/tyoty
■今回のお部屋:「リージェンシー クラブルーム」

☆前回の記事、夏に行きたい〈スパリゾートハワイアンズ〉はコチラ!

Videos

Pick Up

記事4_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅④ | カヌーで巡るマングローブ原生林、海が青すぎる展望台…世界自然遺産を体感!絶滅危惧種を含むユニークな動植物が数多く生息する鹿児島県の奄美大島。奄美群島のひとつである徳之島、沖縄島北部、西表島とともに2021年に世界自然遺産に登録され、海外からも熱い視線が集まっています。 サンゴを育む奄美ブルーの海と白砂がまぶしいビーチ、アマミノクロウサギをはじめとする天然記念物も暮らす亜熱帯の森やマングローブの原生林。地球の宝ともいえる、奄美ならではの美しい自然を味わってみませんか? 奄美大島は「アクセスが良くない」というイメージもありますが、LCCのPeachが運航する直行便なら、成田空港から約3時間、関西空港から約2時間。そして時期によっては片道4,990円からとリーズナブル! “遠い楽園”が身近になるPeachの直行便で奄美大島2泊3日の旅に出たのは、ハナコラボパートナーである藤井茉莉花さん。今回は美しい海岸と展望台、マングローブの森でのカヌーツアーを体験した絶景&アクティビティ編をお届けします。 ※奄美群島のアクティビティの情報は、「あまみシマ博覧会」のサイトでも探せます。 https://www.amami-shimahaku.com/ 公式サイトはこちらTravel 2023.03.22 PR
お散歩がてら“おいしい”を満喫!東京・町田のレトロなグルメスポット5選お散歩がてら“おいしい”を満喫!東京・町田のレトロなグルメスポット5選いま最も注目を集めるスポット・町田。活気あふれる商店街を始め、地元の人に愛される洋食店、100年以上続く名店など、気になるお店が盛りだくさんなんです。そこで、今回は“レトロ”をキーワードに、いま行くべきグルメスポットを厳選。次の休日、きっと町田に行きたくなる!(PR/町田市)Food 2023.03.22 PR
SPpeachPeachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅。2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で豊かな森も美しい海も楽しめ、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高くなるのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です! 日本のLCCを代表するPeachなら、奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損!Travel 2023.02.28 PR
記事2_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅② | とれたての海鮮丼から、島唄居酒屋で歌って踊って!?2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で、豊かな森も美しい海も楽しめ、「沖縄より混雑していない」ことでも注目されて、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高いのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です!日本のLCCを代表するPeachなら奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4,990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損! そこで、ハナコラボ パートナーである藤井茉莉花さんが奄美大島2泊3日の旅へ。 奄美に魅せられて移住し、現在は多拠点でライターや通訳士として活動する藤原志帆さん(https://enjoy-amami.com/)に教わったおすすめスポットをまわります。 今回は海鮮丼、島唄割烹、お土産のセレクトショップなど、グルメ&お買い物編をお届けします。 公式サイトはこちらTravel 2023.03.07 PR