2019-06-02 08.43.50 3

6月末まで限定の「リフレッ社プラン」でステイ。 美しい庭園に囲まれた都会のオアシス〈ホテル椿山荘東京〉にチェックイン!〜#Hanako_Hotelgram〜 Learn 2019.06.09

週末は遠出せずともリラックスしたい!そんな東京で忙しく働く女子の憧れといえば、「癒しの週末ホテルステイ」!IT企業に勤めながら人気インスタグラマーとしても活躍する「もろんのん」が、そんな夢のホテルステイをリアルレポートするこの連載。今回は、文京区にあり、雑司が谷駅や飯田橋駅、目白駅から向かうことができる〈ホテル椿山荘東京〉へ。

お久しぶりです、トラベルフォトグラファーの”もろんのん”です。さて、久しぶりの『#Hanako_Hotelgrm』の更新です。今年度で私も社会人3年目となり、もう新人とは言えない年齢になってきました。

#エントランス
#エントランス

さて、今回新しく2019年9月1日までの限定の日曜と月曜に〈ホテル椿山荘東京〉で宿泊して、リフレッシュして会社に出社する「リフレッ社」プランで、IT企業のお友達と伺いました。なんと、今回蛍が庭園で観られるとか…!?

〈ホテル椿山荘東京〉のコンセプト

#テーマ #「世界をもてなす、日本がある」
#テーマ #「世界をもてなす、日本がある」

心地よい一時を提供する東京のホテルです。オリンピック・パラリンピックで「おもてなし」という言葉が言われるようになるより以前から、日本の和のおもてなしの心を持っているそう。

まずは荷物を置きにチェックイン。

#館内はヨーロピアンエレガンス
#館内はヨーロピアンエレガンス

インテリアは古きよきものを使っています。

#庭園が正面 #プライムスーペリアルーム
#庭園が正面 #プライムスーペリアルーム

女子2人には贅沢すぎる広い45平米の、ガーデンビューのお部屋。

#庭園を一望
#庭園を一望

ちょうどチェックインをすると、日没のタイミングで庭園と夕焼けを一望することができました。奥に見えるのは、ウエディングをあげることができる〈ホテル椿山荘東京〉の料亭「錦水」です。

#スパの時間までまったり。
#スパの時間までまったり。

日曜日のリフレッシュスパ〈悠 YU, THE SPA〉にて。

#リラックスタッチプラン
#リラックスタッチプラン

みなさんは、デスクワークは多いでしょうか?PC作業でなくても、立ち仕事やスマホなど、どうしても肩こりを持っている人も多いはず。
今回は「リフレッ社プラン」に含まれている「リラックス・タッチ」の手軽な30分コースを体験しました。

#しっとり潤う生椿油
#しっとり潤う生椿油

頭皮か、背中の2種類から選ぶことができますが、私はデスクワークで肩が凝っていたため、背中を丁寧にほぐしていただきました。

#スパ後 #季節のハーブティーとフルーツ
#スパ後 #季節のハーブティーとフルーツ

スパの中にある、温泉やプールの利用もすることができるそう。

ディナーは蛍期間限定メニューの「イブニングハイティー」

#ロビーラウンジ「ル・ジャルダン」
#ロビーラウンジ「ル・ジャルダン」

「イブニングハイティー」というのを今回初めて知ったのですが、アフタヌーンティーよりもさらに遅い時間にいただく夕食のようなものなんだそう。
シャンパンと三段のオードブルセットで友達と乾杯。

#シェフ特製ローストビーフ
#シェフ特製ローストビーフ

おもわず友達と「ローストビーフってなんだっけ…?」って言葉が出てくるくらい、今回の宿泊で一番印象的だった美味しい一品。
3種類の、フレーバーソルトとガーリック醤油とレフォールをつけていただきます。

#食後のデザート
#食後のデザート

デザートは何種類かから選ぶことができるのですが、こちは「アップルパイ ジンジャー風味のアイスクリーム添え」

2019-06-02 08.44.12 1
2019-06-02 08.44.08 1

ラウンジのラストオーダーは20:30なので、日曜日に余裕を持って早めに来るのがおすすめです。

夜は広い庭園で蛍鑑賞

2019-06-02 08.43.44 1

「東京の中心で蛍って観られるの…?」という疑問の中、広い庭園にある、上の写真の赤い橋の周辺で観られるというお話を聞き、やってくると、本当にいました…!

#ゲンジボタル
#ゲンジボタル

写真だとわかりにくいですが、写真の右上の黄緑色の2つの光がゲンジボタルです。一周すると30分位かかる広い庭園で、水も空気もきれいだからこそ、これだけ素敵なホテルが鑑賞できるのでしょうね…!

2019-06-02 08.43.55 1

お部屋のバスルームは大理石で贅沢な気分に。広々としたシャワーとバスブースとバスタブがついていました。

#アメニティはロクシタン
#アメニティはロクシタン

ちなみに、今回のプランでは、私の大好きな〈ロクシタン〉の「シトラスヴァーヘナシリーズ」のアメニティが揃っていてテンションが上がりました。
今回は、〈悠 YU, THE SPA〉で、温泉に入ることができるとのことだったので、こちらのアメニティを持って、温泉に浸かり月曜日の出社に備えたいと思います。

一週間の始まり!

#少し早起き
#少し早起き

朝食とお庭の散歩のために出社の準備をします。

#朝の乾杯はフレッシュジュース
#朝の乾杯はフレッシュジュース

モーニングはイタリアンレストラン〈イル・テアトロ〉。
体に優しい、ヘルシーでバランスの取れたオルタナティブ・ブレックファーストのプラン。

2019-06-02 08.43.50 3

こちらは、もちもちした不思議な食感の米粉パンと、豆乳とキヌアのパンナコッタに乗った鶏むね肉 十六穀米 フレッシュ野菜のサラダとほうれん草のソテーです。

2019-06-02 08.43.50 2

サラダには、スモークサーモンとポーチドエッグエッグを乗せていただきます。ハーブティーを最後にいただいて、健康的な朝を迎えました。

荷物をまとめて、チェクアウトをしてそのまま、朝のお庭の散歩。

2019-06-02 08.43.40 1

まだ5月にもかかわらず、紫陽花が咲いてました。

2019-06-02 08.43.45 1

梅雨入り前のカラッとした涼しい朝です。一週間頑張れそうです!

もろんのんの感想まとめ。

2019-06-02 02.57.36 1

第16回の週末ホテルステイ、今回は〈ホテル椿山荘東京〉さん。今回は、「リフレッ社プラン」を活用して、優雅にリフレッシュすることができました。週末にどこか遠出して旅行するのも楽しいけど、移動などで疲れてしまうので、週末にホテルという選択で自分へご褒美をあげる女性も増えているみたいです。
ホテルのスタッフの方はみなさん親切で素敵な方ばかりでした。自然にふれあいつつ、優雅にゆったりとした週末を過ごしたい方にオススメです。

今回宿泊したホテル〈ホテル椿山荘東京〉

■東京都文京区関口2-10-8
■03-3943-1111
https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/
■今回のお部屋:「プライムスーペリアルーム」

☆前回の記事、都会・西新宿にある〈ハイアット リージェンシー 東京〉はコチラ!

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR