c38c4fd409ff3007b9e3f4a848b95278-1

Special Edition ぼる塾・田辺智加のスイーツ”推しエントリー”~2023年の田辺的スイーツ予想~ Learn 2023.02.10

大のスイーツ好きとして知られるお笑い芸人、ぼる塾・田辺智加さんは、今年もお菓子と向き合い続けます。
Hanakoデジタルのコラム連載も人気の彼女が、次なる“田辺的”スイーツブームを展望!

my favorite sweets

ドラマの聖地巡りから、プリンブームの火がつきそう

芸能界のスイーツ女王と呼ばれ、お菓子のプロやスイーツ好きからの信頼も集めつつあるお笑い芸人、田辺智加さん。Hanako.tokyoの、編集部がおすすめするお菓子をレビューする連載も好評だ。田辺さんが次に推したいスイーツとは? 2022年を振り返りながら、語ってもらった。

DMA-221129_1434

昨年バズったものといえば、ドラマ『silent』がありましたね。私もロケ地になった〈アネアカフェ松見坂〉に行ったんですけれど、そこのプリンがすごくおいしくて、久しぶりに震えました。メニューには「生キャラメルと岩塩の固めプリン」とあって、「味がごちゃごちゃになるんじゃないかしら」と思ったら繊細な味で、全くの杞憂でした。カラメルを作るのに何日もかけているそうで、プリンの味を引き立てているんです。硬いプリンといったら、私は長く〈モロゾフ〉を愛し続けていたんですけれど、「これこれ!」と思えるものに出会えました。

同じくしっかりとした食感のイタリアンプリン、流行りそうで流行らなかったんですよね。私が好きなものって、なぜかブームには至らない(笑)。お店がなくなってしまうこともあって、悲しいです。その中でもイタリアンプリンをいただけるのは、卵料理専門店〈egg baby café〉。「エッグベイビープリン」は、ねっとりとした食感で大好きです。

和菓子の奥深さ年々ハマってきています

DMA-221129_1617

 次に注目したいのは、老舗和菓子店が作る洋菓子。和と洋のコラボで、今までになかったアイデアが生まれています。連載でもたくさん教えてもらった記憶がありますね。たとえば、新大阪駅のホームにバターサンドの自動販売機があるのですが、それは兵庫の老舗和菓子店〈髙山堂〉の新ブランド「TAKAYAMADO AMATSUGI」のもの。サブレ生地には米粉、玄米粉、道明寺が使われているんですよ。時代を築いてきたお店が作る新しいものという感じ。

しょっぱい芋けんぴに、おやつとしての進化を感じます

p53boru03

 あとは芋けんぴ。最近、メンバーのはるちゃんとの二人暮らしを解消して引っ越したのですが、段ボールを開けたらいろんなところから芋けんぴが出てきて(笑)。見てみると、チャイ味、コンソメ味、といろいろ。「私って芋けんぴが好きなんだわ」と気づくと同時に、その進化っぷりに感心しました。〈日本橋 芋屋金次郎〉には黒糖や塩などがあり、〈銀座 芋山〉には期間限定でエシレバターを絡めた贅沢なものまで。〈國乃や〉の「芋かりくん」には、コーンポタージュ味や黒コショウ味など、しょっぱい系のアレンジがたくさんあって、すごいです。ただでさえ夢中になって食べてしまう芋けんぴなんですけど、ますます目が離せませんね。

最近自分の餅好きに気づいて、お団子やお餅ばっかり買っています。冷凍保存が利くものもあるから、ありがたい。世間的には、すでにブームは来ているのかしら? 瓶入りやカラフルなトッピングをしてあるものなど、若い子向けのお団子をよく見ましたね。そういうものを入り口にして、老舗のお団子にも目を向けていただきたいです。私が好きなのは、目白の〈志むら〉。醤油味の団子と、あんこの団子で生地を変えているんですよ。
大阪の〈喜八洲総本舗〉のみたらし団子、京都〈葵家やきもち総本舗〉のやきもちなど、出張先ではその土地の団子が気になって仕方がないです。思わずたくさん買ってしまい、大荷物を背負って帰ることもしばしば……。
 
いつか、海外に留学したいという目標があるんですけど、向こうに行った時に、自分の国のことを語れるのかなって不安になることも。何度か海外旅行した時に、外国の方は日本に興味を持ってくれているのに、日本人の自分が語れないことに気づいたんですよ。そのために和を究めるのは大事だなと思っています。昨年、Hanakoのお茶特集ではお茶席を体験しましたが、ますます興味が深まっています。形から入るタイプなので、家に抹茶碗は4つほどあるんですよ。ふふふ。

ウェブの連載では、和菓子・ネオ和菓子研究家の安原伶香さん、スイーツOLなりさんのお二人に、おすすめのお菓子をたくさん教えてもらった一年でした。私って、あんまり世の中のトレンドを意識していないので、流行をおさえつつ良いものを見つけられるお二人はすごいなと。
かわいくて映えるものって、なかなか勇気が出なくて挑戦できないんです。でも、12月のテーマ「りんご」に合わせていただいた〈大野農園〉のりんごモナカは、ビジュアルがいい上においしくて最高。リピート決定です!

photo : Wataru, Kitao, Shu Yamamoto hair & make : Keisuke Moriya styling : Mika Sasaki prop styling : Ami Kanno text & edit : Kahoko Nishimura

Videos

Pick Up

記事4_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅④ | カヌーで巡るマングローブ原生林、海が青すぎる展望台…世界自然遺産を体感!絶滅危惧種を含むユニークな動植物が数多く生息する鹿児島県の奄美大島。奄美群島のひとつである徳之島、沖縄島北部、西表島とともに2021年に世界自然遺産に登録され、海外からも熱い視線が集まっています。 サンゴを育む奄美ブルーの海と白砂がまぶしいビーチ、アマミノクロウサギをはじめとする天然記念物も暮らす亜熱帯の森やマングローブの原生林。地球の宝ともいえる、奄美ならではの美しい自然を味わってみませんか? 奄美大島は「アクセスが良くない」というイメージもありますが、LCCのPeachが運航する直行便なら、成田空港から約3時間、関西空港から約2時間。そして時期によっては片道4,990円からとリーズナブル! “遠い楽園”が身近になるPeachの直行便で奄美大島2泊3日の旅に出たのは、ハナコラボパートナーである藤井茉莉花さん。今回は美しい海岸と展望台、マングローブの森でのカヌーツアーを体験した絶景&アクティビティ編をお届けします。 ※奄美群島のアクティビティの情報は、「あまみシマ博覧会」のサイトでも探せます。 https://www.amami-shimahaku.com/ 公式サイトはこちらTravel 2023.03.22 PR
お散歩がてら“おいしい”を満喫!東京・町田のレトロなグルメスポット5選お散歩がてら“おいしい”を満喫!東京・町田のレトロなグルメスポット5選いま最も注目を集めるスポット・町田。活気あふれる商店街を始め、地元の人に愛される洋食店、100年以上続く名店など、気になるお店が盛りだくさんなんです。そこで、今回は“レトロ”をキーワードに、いま行くべきグルメスポットを厳選。次の休日、きっと町田に行きたくなる!(PR/町田市)Food 2023.03.22 PR
SPpeachPeachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅。2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で豊かな森も美しい海も楽しめ、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高くなるのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です! 日本のLCCを代表するPeachなら、奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損!Travel 2023.02.28 PR
記事2_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅② | とれたての海鮮丼から、島唄居酒屋で歌って踊って!?2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で、豊かな森も美しい海も楽しめ、「沖縄より混雑していない」ことでも注目されて、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高いのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です!日本のLCCを代表するPeachなら奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4,990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損! そこで、ハナコラボ パートナーである藤井茉莉花さんが奄美大島2泊3日の旅へ。 奄美に魅せられて移住し、現在は多拠点でライターや通訳士として活動する藤原志帆さん(https://enjoy-amami.com/)に教わったおすすめスポットをまわります。 今回は海鮮丼、島唄割烹、お土産のセレクトショップなど、グルメ&お買い物編をお届けします。 公式サイトはこちらTravel 2023.03.07 PR