図2
図1

毎月テーマに合わせたスイーツを”推しコメ”と共に紹介! ぼる塾 田辺さんの1月の推しスイーツ 「年始の手土産」編/ぼる塾・田辺智加のスイーツ”推しエントリー” Learn 2023.01.22

いま最も注⽬と信頼を集めるスイーツラヴァーであり芸人の、ぼる塾・⽥辺智加さん。そんな田辺さんに、スイーツトレンドを発信してきた『Hanako』が、毎月様々なテーマに合わせたおすすめスイーツを送付!それを田辺さんがすべて実食して、推しコメント(略して「推しコメ」)と共に紹介していく本連載。1月1回目のテーマは「年始の手土産」、今回のセレクターはスイーツコーディネーターの下井美奈子さんです。

【推しコメ】品のある甘みと胡桃の香ばしさ、素晴らしい作品です。/〈長門屋〉の香木実。

2022-12-15_HN_sweets-6313

下井美奈子 
伊勢志摩サミットでも振舞われたという「香木実」。和紙をほどくと、コロンと丸いトリュフのようなフォルム。中心に忍ばせた会津産の鬼くるみは、仄かに甘味のある香ばしさが一味違います。周りは上品な甘みの自家製餡。ほろほろと崩れるようなくちどけです。

田辺さん 
開けた時に可愛らしく、黒糖っぽい香りが広がりますね。とても品があって、やっぱり周りのパウダーが黒糖みたいでしっとりしていて、そのしっとりがすごいいいです。品のある甘みの中に胡桃の香ばしさが加わって、一つの作品としてとても素晴らしい。上品な味わいで。胡桃が、特有のえぐみもなく食べやすい。とても滑らかなあんこが胡桃の良さを引き出していて、すごい美味しいです。噛めば噛むほど!

木箱に入っていたんですよ。そういう意味でもお持たせなどにもいいですし、やっぱり重厚感がありますね。体にも良さそうな感じだし。。こうやっておやつになっていたら食べやすい感じがして。

年上の方々、ちょっと品のある先輩、そういう人に“できる”アピールしたい!私は芸人なので、芸人の男の先輩方も体づくりしている人がとても多いのですが、マッチョの人とかあんことか胡桃を好むので、そういう方々にもいいなと。甘すぎないのもいいですし。スイーツを渡す面で、結構甘さを気にする方々もたくさんいるので、重宝しそうです。

2022-12-15_HN_sweets-6298
2022-12-15_HN_sweets-6278
2022-12-15_HN_sweets-6313

〈長門屋〉
お取り寄せ:◯(WEB)
価格:2,000円(17個入り)
店舗情報:福島県会津若松市川原町2-10
オンラインショップ
TEL:0242-27-1358

【推しコメ】マロンとチョコ、それぞれが引き立つ2つの層。/〈ショコラトリーカルヴァ〉の栗きんとんショコラ。

2022-12-15_HN_sweets-6365

下井美奈子
渋皮入りの栗のペーストと特別な製法で仕上げた自家製白餡と合わせた栗きんとんに、カカオ分40%のミルクチョコレートガナッシュを二層に重ねたもの。ホックリとした栗の風味が口の中に広がり、マイルドなミルクチョコレートが味わいを一つにまとめています。

田辺さん 
2層に分かれているので、まずは上の部分の栗きんとんとしたのショコラを分けて食べたんですけど、一個一個が完成されている味ですね。最初に、一旦それぞれの味を楽しみつつ、最後に合わせる方の食べたかがいいのかなと思いますね。3回楽しめるので。栗のショコラっていうと、チョコの中に栗があるイメージなんですけど、どうしてもチョコが強くなってしまう感じがして、2層になる感じがしてそれぞれが引き立っていますね。私、栗にうるさいのですが、これはおいしい!

そして、舌触りが滑らかですね。栗はほっくりしながらも餡のような。こんなミルキーなガナッシュにも合うんだな。チョコレートの奥の方にブランデーがかおりますね。この舌触りがすごい。

これは紅茶がいいですかね。ミルクティーとか合いそう。これで飲んだらマロンミルクティーみたいになりそう。甘いものには普段合わせないのですが。ほっくりした栗の感じが合いそうです。

2022-12-15_HN_sweets-6343
2022-12-15_HN_sweets-6285
2022-12-15_HN_sweets-6365

〈ショコラトリーカルヴァ〉
お取り寄せ:◯(WEB)
価格:3,348円
店舗情報:神奈川県鎌倉市山ノ内407
オンラインショップ
電話番号:0467-38-6259

【推しコメ】このまま飾っておきたい、素朴なかわいさ。/〈金沢 うら田〉のあいそらしモナカ 八幡さま(いちごクリーム)。

2022-12-15_HN_sweets-6333

下井美奈子
つぶらな瞳に、頬がほんのり赤くなった可愛い八幡さまのモナカ。愛でるだけでも癒されます。瓶に入った、つややかな餡子をモナカにつめると、モナカはパリッとして餡子はしっとり。甘酸っぱいいちごのクリームを合わせると、味の変化も楽しめます。

田辺さん 
この顔がすごいしっかりしていて。めちゃくちゃ可愛い。もなかにこんなほっぺた「ぽっ」てなっているの初めて見ました。下の方に詰めると起き上がるって書いてあって、詰めたら本当に起き上がりました。食べるのが勿体無いくらい!

やっぱり詰め込むタイプのモナカはパリッとしていて美味しいですね。しっとりも大好きなんですけど。私は和と洋のコラボに注目しているので、あんこといちごクリームっていうのがまた!クリームは珍しいですよね。あんこもしっかり粒が残っていて、余った分は別の食べ方もできていいですね。いちごのクリームがしっかりいちごが香って、甘酸っぱさもあるんですよ。いちごクリームっていうけど、軽い感じなのに、いちごの甘酸っぱさが強調されていて。あんこはいちごと合うように甘さ控えめ。

これは同世代の女性にあげたい。映えでもありつつ!私の好きな映えです。素朴な可愛さの映え。このまんま一生飾っときたいですもん。こういう時に両方のスプーンが入っているという気遣いね。すぐ食べられるし。楽屋でも食べられる。

2022-12-15_HN_sweets-6324
2022-12-15_HN_sweets-6317
2022-12-15_HN_sweets-6282
2022-12-15_HN_sweets-6333

〈金沢 うら田〉
お取り寄せ:○(WEB)
価格:1,782円
店舗情報:オンラインショップ
電話:076-243-1719

今回のセレクター…下井美奈子

しもい・みなこ/お菓子教室の講師である母の影響で、幼少期からスイーツを食べ歩く。渡仏し〈リッツ・エスコフィエ〉でディプロムを取得。洋菓子情報の発信、ライター、レシピ提供、商品開発を中心に活躍する。

田辺さん初めての著書が発売中!


芸能界のスイーツ女王こと、ぼる塾・田辺さんがずっと秘密にしてきた”推し”の92品を大公開。ネットやSNSの評判を鵜呑みにせず、有名店、老舗からデパ地下、コンビニまで古今東西のスイーツに奔走し続ける田辺さんの初にして集大成のガイドブックが完成しました。
購入予約可能な書籍紹介ページはこちらから

★こちらもチェック!
「ぼる塾が行く! 福島の桃体験ツアー」の様子はこちらから

photo:Shu Yamamoto text:Kahoko Nishimura

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR