図2
図3

毎月テーマに合わせたスイーツを”推しコメ”と共に紹介! ぼる塾 田辺さんの12月の推しりんごスイーツ 和菓子編/ぼる塾・田辺智加のスイーツ”推しエントリー” Learn 2022.12.25

いま最も注⽬と信頼を集めるスイーツラヴァーであり芸人の、ぼる塾・⽥辺智加さん。そんな田辺さんに、スイーツトレンドを発信してきた『Hanako』が、毎月様々なテーマに合わせたおすすめスイーツを送付!それを田辺さんがすべて実食して、推しコメント(略して「推しコメ」)と共に紹介していく本連載。12月のテーマは「りんご」、今回のセレクターは和スイーツ研究家の安原伶香さんです。

田辺さんの「ちょっと言いたい」

211216_hanako-108.tif

りんご、すごいですね。和も洋もすごい。最近どうしても年齢とともに洋菓子から離れてきちゃったんですよ。ちょっとだけ洋菓子を探さなくなったんですけど、こうやって品のある甘さに出会って、洋菓子も奥深いなとりんごを食べておもいました。

りんごの奥深さにびっくり!りんごってアップルパイだけじゃないんだなと思ったし、アップルパイでもイメージするものと違うものがありました。パイがペチャっとなってしまっていてりんごの酸味が強くて……という昔のイメージがあったんですけど。りんごそのものがおいしくなってきてるんだろうし、りんご風味の味じゃなく、りんごの素材の味を感じましたね。りんご=酸っぱいじゃなくて、りんごそのものの美味しさ、奥深さを感じますね。ときめく色だったり見た目もありますよね。やっぱね、白雪姫も持ってるくらいだから。

可愛くておいしくて健康!っていう、今一度りんごの良さを感じましたね。どうしても冬はイチゴなんですねどね。りんごの底力を知っていきたい。

【推しコメ】ピンク色の餡が見た目にも味にもいい仕事!/〈日の出楼〉の日の出の林檎。

〈日の出楼〉の日の出の林檎

安原伶香 
徳島の老舗和菓子店〈日の出楼〉の「日の出の林檎」はりんごと白あんと羊羹をマリアージュしたフルーツ大福。シナモンとレモンでコンポートした青森産のりんごに、なめらかな白あん、紅羊羹を重ね、しっとりとした羽二重餅つつんだ一品。りんごのシャキっと感と羽二重餅のもちもち感が絶妙なバランス。白い羽二重餅からうっすらと紅羊羹が透けて見え、りんごを模した装いが美しい。味も見た目も仕立ても繊細で素敵。

田辺さん 
ん〜!すご!これおいしすぎます。まずパッケージがやばいですよね、りんごそのまんまな感じで。見た目で期待度が上がってたんですけど、儚い感じの餅の中に、白餡、ピンク色羊羹が入っています。りんごの水分とかあるはずなのにベタッとせず。溢れ出るりんごの感じがすごい。白餡とりんごだけでも相性がめちゃくちゃすごいのに、ピンクの羊羹が少し入っているのも、色味だけのためじゃなく、味もしっかりと感じられてすごい。

大福が冷凍で届くのもすごいです。ちゃんと解凍して食べたんですけど、りんごがちょっとひんやり冷たいのもいいんですよね。りんごそのまんまでっかく入っていて。カップに入っていてなんか見た目も可愛いですし。

〈日の出楼〉の日の出の林檎
〈日の出楼〉の日の出の林檎
〈日の出楼〉の日の出の林檎
〈日の出楼〉の日の出の林檎

〈日の出楼〉
お取り寄せ:◯(WEB)
価格:2個入り1,242円
店舗情報:徳島県徳島市二軒屋町1-8
ホームページ
TEL:088-679-6776

【推しコメ】ヨーグルト風味が新しい!シャキシャキのりんご飴。/〈Candy apple〉のりんご飴。

〈Candy apple〉のりんご飴

安原伶香
お祭りでおなじみの「りんご飴」がスイーツに進化!青森産の最高級りんごを使ったリンゴ飴専門店〈Candy apple〉は、キラキラと宝石のように美しく、リンゴ飴の概念を変えてしまう美味しさ。一口かじるとリンゴの甘味と果汁が溢れ出ます。フレーバーもプレーン以外にヨーグルチョコやココア、シナモン、和素材は宇治抹茶、きな粉、ほうじ茶など豊富。見た目の可愛らしさは満点です!

田辺さん 
ヨーグルチョコを食べてみますね。あーうま!りんごの水分がすごくてしゃべれないくらい(笑)。 飴のつき方もパリパリで。

ヨーグルトやばいです。周りに結構白いのがついていて甘いのかなと思ったら、そんなことなくて、ヨーグルトはフワッと香るんですけど、りんごが主役になっていて引き立て役程度。このヨーグルト風味は新しいですし、ヨーグルトにりんごを入れるのとは違って、酸がきつ過ぎなくて。見た目がまず、りんごそのものがただでさえ可愛いのに。

りんごって結構当たり外れがあって難しいとは思うけど、すでに最高級のものを選んでくれているから。これはりんご自体には加工なくそのものの美味しさで。果物大好きなんですけど、買うのが億劫になることも。ここならきちんと選んでくれているし、飴も薄づきなので、フルーツとして楽しめます。

〈Candy apple〉のりんご飴
〈Candy apple〉のりんご飴
〈Candy apple〉のりんご飴

〈Candy apple〉
お取り寄せ:◯(WEB)
価格:サンふじ りんご飴 恋セット(プレーン・ヨーグルチョコ各2個入り)2,940円
店舗情報:本店 東京都渋谷区代官山町8-9竜王ビル1階
オンラインショップ
電話番号:03-3703-9229

【推しコメ】りんご餡とチーズ餡をかわいいモナカに詰めて。/〈大野農園〉のりんごモナカ。

〈大野農園〉のりんごモナカ

安原伶香
福島県石川町の〈大野農園〉が手がける完熟りんごを使用した手作りモナカセット。果実感たっぷりのりんご餡とマルカルポーネとクリームチーズを合わせたチーズ餡をりんご型のモナカにお好みのバランスで詰めて楽しめます!りんご型の見た目も可愛らしく、手作りできるワクワク感もあり、お茶会やギフト利用など様々なシーンで楽しめる逸品。

田辺さん 
いやこれめちゃくちゃ可愛い。モナカ自体がりんごの形になっていて。これ可愛過ぎてびっくりしましたね。瓶に入った餡を自分で詰められるというのもいいですよね。

マスカルポーネとりんご餡半々にしてみました。これは美味し過ぎてやばい!まずりんごの果物の味がダイレクトに来て、チーズと合わさって、もなかの香ばしさがきて。3段階で美味しいし、全てが合わさった時の美味しさ。そしてこのりんご餡!ジャムかと思ったら、本当に餡ですね。りんごの果肉がしっかり入っていて、りんごとあんこがちゃんと一緒になっているのがすごい。

チーズもあんこなんですね。なのにくどくない!へらがふたつちゃんとついているのもうれしい。ちょっとしたパーティとかプレゼントに絶対喜ばれますね。りんご餡とチーズ餡を使い切らずに、パンにも合わせたい。あえて残したいです。今ちょうどブルーチーズも家にあって、これも合いそう。白ワインに合いそうですね。クラッカーも絶対合いますね!ジャムの使い勝手が良過ぎて、値段以上!蓋をクラッカーがわりにしても、最高。

〈大野農園〉のりんごモナカ
〈大野農園〉のりんごモナカ
〈大野農園〉のりんごモナカ
〈大野農園〉のりんごモナカ

〈大野農園〉
お取り寄せ:○(WEB)
価格: りんごモナカボックス1,512円
店舗情報:福島県石川郡石川町大字赤羽字新宿130
オンラインショップ
電話:0247-57-6004

今回のセレクター…安原伶香

やすはら・れいか/和スイーツ研究家。 江戸中期創業の〈大三萬年堂〉十三代目。 新ブランド〈 大三萬 年堂HANARE〉も手がけた。『ガイアの夜明け』にも出演。

田辺さん初めての著書が発売中!


芸能界のスイーツ女王こと、ぼる塾・田辺さんがずっと秘密にしてきた”推し”の92品を大公開。ネットやSNSの評判を鵜呑みにせず、有名店、老舗からデパ地下、コンビニまで古今東西のスイーツに奔走し続ける田辺さんの初にして集大成のガイドブックが完成しました。
購入予約可能な書籍紹介ページはこちらから

★こちらもチェック!
「ぼる塾が行く! 福島の桃体験ツアー」の様子はこちらから

photo:Shu Yamamoto text:Kahoko Nishimura

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR