山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第35回
山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第35回

伝えたかった、言葉たち。 山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第35回 Learn 2023.01.20

乃木坂46を卒業し、ラジオパーソナリティ、タレント、そして、ひとりの大人として新たな一歩を踏み出した山崎怜奈さんが、心にあたためていた小さな気づきや、覚えておきたいこと、ラジオでは伝えきれなかったエピソードなどを自由に綴ります。

(photo : Chihiro Tagata styling : Chie Hosonuma hair&make : Chika Niiyama)

山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第35回
山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第35回
山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第35回
山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第35回

「相棒」

長年連れ添ったノートパソコンが、ついに動かなくなった。大学入学のタイミングで父に買ってもらって以来、さまざまな苦楽を共にしたパソコンだ。思い入れがある。

私の進学した学部は多種多様な授業が展開されていて、動画編集やCGなど授業によってはメモリをかなり消費する。入学当初は問題なかったとしても、在学年数を重ねるにつれて作業内容や課題が高度になるし、毎日のように使っていればパソコン本体も経年劣化するので、4年間買い換えずに使うなら、とお店の人から余裕を持ったスペックのものをおすすめされた。まだ何も分かっていない私にはもったいないくらい贅沢な買い物だったが、学割が利くという条件も後押しして、当時出ていた機種の中でも良いものを買ってもらった。

スペックが高い機種ほど、当然本体は重い。リュックに入れて朝から晩まで連れ回しているうちに肩凝りや腰痛と向き合うはめになったし、充電機の種類もそれ特有のもので、コンビニに売っているType-Cなどの汎用コードを使えないので、寝る前に充電するのを忘れて家を出てきた日は最悪だった。でも、少し背伸びしたスペックを積んでいるおかげでやろうと思ったことは大体何でも対応できたし、授業選択の幅が広がった。大袈裟かもしれないが、私は今までたくさんの試練を一緒に乗り越えてきたこのパソコンを、まるで人間の相棒のように大切に思ってきた。忙しい時期は家の玄関に座り込んでレポート課題に取り組んでいたけれど、照明をつけることさえ忘れて没頭していた私がスムーズに文字を打てたのは、「君」が自ずとバックライトを灯してくれていたおかげだった。慌ただしい日々の中でうっかり地面に落としてしまったことも多々あったけれど、修理に出すというような事態は一度もなく、機能をフル回転させながら私の大学生活を支えてくれた。

だが今回は、真っ黒な画面に2種類の謎のイラストを交互に映し出すだけ。そこから先に進みたいのに、キーボードやトラックパッドを触ってみても無反応。ウンともスンとも言わず。アプリやソフトも色々ダウンロードしているし、中に入っているデータが消えてしまうのも辛い。何よりパソコン本体に愛着がある。「君」にはどうにか長生きしてほしい。でもね、何がダメなのか教えてくれないと、いくら長い付き合いとはいえ私は「君」を理解できないし、どう救ってあげたら良いのか分からないのだよ。

年末年始の忙しい時期の急な出来事だったので、どうしようもないまま月日が経ってしまった。とはいえいつも部屋のど真ん中に置いているので、全く使っていなくても片時も忘れたことはない。怒涛の仕事ラッシュが一旦落ち着き、ようやく丸一日の休みが訪れた時、私はかつて父にノートパソコンを買ってもらったお店に、だんまりの「君」を連れて行ってみることにした。

山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第35回
山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第35回
山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第35回
コート 85,800円、パンツ 34,100円(共にフミエタナカ|ドール■03-4361-8240)/ベスト 30,000円(ジュゲム|UTS PR■03-6427-1030)/シューズ 36,300円(セレナテラ|ホールバイセレナテラ■03-6419-7732)/Tシャツ、スカーフ(共にスタイリスト私物)

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR