山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」
山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」

伝えたかった、言葉たち。 山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第32回 Learn 2022.12.02

乃木坂46を卒業し、ラジオパーソナリティ、タレント、そして、ひとりの大人として新たな一歩を踏み出した山崎怜奈さんが、心にあたためていた小さな気づきや、覚えておきたいこと、ラジオでは伝えきれなかったエピソードなどを自由に綴ります。

(photo : Chihiro Tagata styling : Chie Hosonuma hair&make : Ayumi Nakaitsu)

山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」
山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」
山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」
山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」

「新幹線」

日々の中で感じたモヤモヤは、ポイント制にしている。それが貯まると好きなものを買って、ワクワクしながら家に帰ってくる。そうすると、不快なことがあっても最後は「ポイントありがとう!」というポジティブな気持ちになれる。ポイントと換金するお金を「心の防衛費」と呼び、5〜6ポイントで満点判定、不快レベルによっては即ご褒美を買っている。

そろそろ貯まってきたかなと思ったところで私がよく買うのは、新幹線のチケット。どこに行くかではなく、あの速い乗り物で、東京から物理的に離れるのが大事。それに、新幹線に乗ってどんどん景色が変わっていくのを眺めていると、東京で感じていたストレスや圧みたいなものが弱まる気がする。新幹線の中だと異様に原稿が進む。出演する番組のアンケートに回答する手も、仕事用に読んでいる本のページをめくる手も進むので、遠征で家を空ける時には必ずパソコンか本を持ったか確認している。最近は名古屋や大阪での仕事が増え、毎週末いろんな県を訪れているのだが、今のところ東京〜名古屋間の1時間半が一番ちょうどいい。ちょっと頭の回転が鈍くなってくると、私は新幹線の窓からいろんな町を見て「もしもここに住んだらごっこ」をよくやる。有意義かは別として、想像がふくらんで楽しい。車窓から雨にけむる景色を眺めながら、車内販売で買ったスジャータの硬すぎるアイスをつっつく。

車内では、ほかの人がどう過ごしているのか丸見えなのに、誰も人目を気にせず、まるで個室にいるかのように気ままに過ごしている。パタリと倒した薄い小さなテーブルのひとつひとつにそれぞれの世界が広がっているのを見るとワクワクする。おじさんが食べているマックのポテトの強烈な匂いも気にはなるけれど、ジャンクな食べ物でしか癒せない心理状態ってあるよなあと共鳴してしまう。通路を挟んで反対側の席のお姉さんが缶ビールのプルタブをプシュッと鳴らしているところに遭遇できた日には、「ああ、いいもの見たな」とうれしくなる。マックのポテトでしか埋められない心の穴が空いてしまったり、飲まないとやってられないほどの疲労感が押し寄せてきたりするのは、分からなくもない。私も551の肉まんを買って帰る時は、心の中で謝りつつも、「同じ車両に乗る人たちに怒られても構わないぞ!」という強者モードのメンタルになっている。

ところで、新幹線の乗車中に仕事や読書がめちゃくちゃはかどるのと、車内Wi-Fiを含む通信環境がポンコツなのは、因果関係があるのだろうか。トンネルに入るとめっぽう弱い。決して文句を言っているつもりはないし、因果関係があったとしても新幹線好きとして認めたくない。そもそも、2,000kmの距離を10分おきに時間通り走る電車がある国なんて、世界中で日本だけなのだ。時間通りに電車が来る、ほとんど停電がない、みんな改札を並んで通る。これらがもたらす経済効果は凄まじい。お金をかければ駅や車両は整備できるかもしれないが、それを支え、上手く動かせる人が育つには時間がかかる。鉄道関係に携わるすべての皆様に心から感謝しております。いつも本当にありがとうございます。

などと考えていたら目的地に着きました。さて、今日もお仕事頑張ります。

山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」
山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」
山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」
ダウンコート 143,000円(ライト|ブライト ライト■03-5486-0070)/タートルネック7,700円、スカート 18,700円(共にヘリンドットサイ|バロックジャパンリミテッド■03-6730-9191)/黒ブーツ 49,500円(セレナテラ|ホールバイセレナテラ■03-6419-7732)/ハートネックレス 12,000円(ヨア http://yoaa-official.com )

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR