20221118h0279
20221118h0279

伝えたかった、言葉たち。 山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第33回 Learn 2022.12.16

乃木坂46を卒業し、ラジオパーソナリティ、タレント、そして、ひとりの大人として新たな一歩を踏み出した山崎怜奈さんが、心にあたためていた小さな気づきや、覚えておきたいこと、ラジオでは伝えきれなかったエピソードなどを自由に綴ります。

(photo : Chihiro Tagata styling : Chie Hosonuma hair&make : Ayumi Nakaitsu)

20221118h0171
20221118h0178
20221118h0185
20221118h0219
20221118h0234
20221118h0247
20221118h0250

「また会いたい人」

先日、とある人生の先輩に「またラジオでお話しできたらうれしいです」と勇気を出してご連絡したら、直後に「いつでも呼んでください!」とお返事をいただき、喜びのあまりベッドの上で本当に「わーーー!」と声が漏れてしまった。その方がお忙しいのはもちろんのこと、以前お会いしたのはすべてスタッフ間の連絡で決まった対談だったので、私から「またお話ししたいです」なんて言っていいものなのかと、何週間もメッセージを打っては消して、打っては消してを繰り返していたのだ。

ようやくメッセージを送る決意ができたのには、2つの理由があった。ひとつめは、前回お会いした直後と、そこから半年ほど経った時の2度も、「また呼んでください」と連絡をくださっていたから。1度なら社交辞令やその場の流れだったりもするけれど、期間を空けて2度も言ってくださる方はなかなかいない。自分と話した時間が、相手にとっても楽しい思い出として記憶に残っているのかもしれないと思うと、こんなにありがたいことはない。

もうひとつは独りよがりな理由。会いたい人がいると自分が頑張れるから。少しくらいのことには「まあいいや」となれて、しばらく前向きに過ごせてしまう。物欲も名誉欲もない今の私の原動力は、話していると楽しくて、もっと知りたくなってしまう人に会いたいだけ。屈託のなさ、ためらいのなさ、妥協のなさ、フットワークの軽さ、意志の強さ、自分を信じる力の強さ、そういうものを目の当たりにするたびに、引き続きよろしくお願いいたしますと、心から思う。お会いするまではあまり詳しくは存じ上げなかったけれど、今回ご連絡した先輩も、そんな自由で風通しのいい素敵な方。おそらくご本人は普通にいつも通りの言葉で話し、いつも通りに行動していただけなのだろうけど、初めてお会いした時から私にはとても新鮮だった。多くの人を惹きつけ、憧れられている理由が、少し分かったような気がした。どなたの話をしているのかは、いつか対談が実現した後に。

一方で、会いたいけど一体どうすれば会えるのか分からなくなってしまった人や、心の距離は近いはずなのに連絡先を知らず、さっぱり音沙汰のない人のことも、ときどき思い出す。ニュースで芸能人の訃報を見るたびに、会いたい人たちに会えなくなったらどうしようかなどと考えるし、(縁起でもないけれど)ちょっとでも想像すると一瞬で泣けるくらいさみしい。これを書いている今も、涙が目の奥から上がってきて、お腹がぎゅっとなっている。会いたい人に「会いたい」と言わずに、会いに行こうとせずに後悔するのはもうたくさん。お金も気持ちも出し惜しみして、そのまま死んでしまうのは避けたい。だから来年は、人に会って話を聞くために、海外にも行ってみようと思っている。思い立ったが吉日。円安でびっくりするほど高くなった飛行機の往復チケットも、もう買ってある。話したい時に話せる尊さを、忘れずにいたい。オンラインで顔を見ることも声を聴くこともたやすい時代になっても、会って、時間を一緒に使わせてもらうことは、ずっと贅沢で特別なことだから。そして私も、誰かから「また会いたい」と思ってもらえる人になりたい。

20221118h0241
20221118h0259
20221118h0268
20221118h0269
20221118h0278
20221118h0279
20221118h0285
ダウンコート 143,000円(ライト|ブライト ライト■03-5486-0070)/タートルネック7,700円、スカート 18,700円(共にヘリンドットサイ|バロックジャパンリミテッド■03-6730-9191)/黒ブーツ 49,500円(セレナテラ|ホールバイセレナテラ■03-6419-7732)/ハートネックレス 12,000円(ヨア http://yoaa-official.com )

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR