山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第34回
山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第34回

伝えたかった、言葉たち。 山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第34回 Learn 2023.01.06

乃木坂46を卒業し、ラジオパーソナリティ、タレント、そして、ひとりの大人として新たな一歩を踏み出した山崎怜奈さんが、心にあたためていた小さな気づきや、覚えておきたいこと、ラジオでは伝えきれなかったエピソードなどを自由に綴ります。

(photo : Chihiro Tagata styling : Chie Hosonuma hair&make : Chika Niiyama)

山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第34回
山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第34回
山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第34回
山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第34回
山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第34回
山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第34回

「肩書きに戸惑って」

大学生の頃よく通っていたカフェに、最近また訪れるようになった。目的は仕事のための勉強をするためで、その内容は主に時事。多くの人の人生が絡んだ壮大な背景のある出来事に対し、数分のVTRを見て数十秒で何か言う。昨年の下半期から、この手の仕事が急増した。番組によっては、直前の打ち合わせで新聞やネットニュースのコピーを渡される。でもそれをパラパラ読んだ程度では当たり前に支離滅裂になる。そんな「素人コメンテーター」の必要性は、やっている自分が一番わからない。ニュースを専門的な分野から論じるのは無理だし、制作側もそこまでは頼んでない。きっと望んでもいない。私が有益な視点をもたらすとは誰ひとり思っていないだろうから、その点では気楽。だがメディアで何らかの発信や表現を続けていると、視聴者の誰かを傷つけてしまったり、嫌われたり、軽蔑されたりする。それがどうもきつい。いつか慣れるかなと思ったけど全然慣れずに、毎度しんどいなあと思う。

そもそも私は自分に自信がない。自分の見た目も人格も声も、気になるところや直したいところばかり。自分の出た番組を見返すのも得意じゃない。たまに見直しても粗ばかりが目立ち、山盛りの反省点に落ち込むので、自分の過去は必要以上に振り返らないようにしている。一方で、世の中で起きていることには興味津々。選挙のしくみ、ロシアによるウクライナ侵攻、国葬、宗教問題など、報道番組への出演を機に調べていくと、世の中への目の向け方が少しずつ変わっていって楽しい(内容はかなりヘビーですが)。一方で知らないことは何も知らない。サッカーワールドカップも『愛の不時着』も『ONE PIECE』も、昨年初めて見た。避けていたつもりはないのに通らなかったエンタメが多すぎる。面白くてびっくりした。かなり遅いけど。

メディアに携わる仕事を始めた当初、何をやりたいか、どんな仕事がしたいか、明確な目標はなかった。頑張って背伸びしてでもなりたい理想像も思い浮かばない。どうしたら目の前にある仕事を成立させられるか、どうしたら周りの人と気持ちよく働けるか、そればかり考え、悩み、時に楽しみ、緊張もしながら、結果としてカメラやマイクの前で話している。それ以上でも以下でもないので自分が「芸能人」だとは思っていないし、いかにもな肩書きで紹介されると困惑する。たとえば、昨夏までは「乃木坂46の山崎怜奈」と所属先を合わせて紹介していただいていたし、それをありがたく思っていた。じゃあ今は「元乃木坂46の」が適切なのかというと、首を傾げてしまうのが本音。グループ時代にお世話になった方々との交流も続いているし、気まずさみたいなものは全くない。だが、ほかの誰かが「元〇〇区役所の」とか「元〇〇保育士の」などと紹介されている場面は想像しにくく、過去の職歴が紹介され続けることに違和感があるのだ。どうしても番組側から肩書きを求められた時は「タレント」で了承していただいているけれど、それはそれでフワッとしていることも自覚している。肩書きにこだわりたいわけではない。されど気になってしまうのが、私の面倒くさいところ。

でも誰が何と評したとしても、私は自分でしてきた選択の全てが、これでよかったと思いたい。それだけは変わらずに抱き続けている願望。あと「時間がない」とは字義通りの意味というよりも「体力がない」という意味だと最近学んだので、知的好奇心を満たすためにも重い腰を上げて体を動かし、地に足をつけるどころか突き刺すくらい堅実に、欲張ることなく仕事します。今年もよろしくお願いします!

山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第34回
山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第34回
山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第34回
山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第34回
山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第34回
山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第34回
山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第34回
山崎怜奈の「言葉のおすそわけ」第34回
コート 85,800円、パンツ 34,100円(共にフミエタナカ|ドール■03-4361-8240)/ベスト 30,000円(ジュゲム|UTS PR■03-6427-1030)/シューズ 36,300円(セレナテラ|ホールバイセレナテラ■03-6419-7732)/Tシャツ、スカーフ(共にスタイリスト私物)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR