図2
図2

毎月テーマに合わせたスイーツを”推しコメ”と共に紹介! ぼる塾 田辺さんの7月の推し桃スイーツ 洋菓子編/ぼる塾・田辺智加のスイーツ”推しエントリー” Learn 2022.07.10

いま最も注⽬と信頼を集めるスイーツラヴァーであり芸人の、ぼる塾・⽥辺智加さん。そんな田辺さんに、スイーツトレンドを発信してきた『Hanako』が、毎月様々なテーマに合わせたおすすめスイーツを送付!それを田辺さんがすべて実食して、推しコメント(略して「推しコメ」)と共に紹介していく本連載。7月のテーマは「桃」、今回のセレクターはスイーツOLなりさんです。

田辺さんの「ちょっと言いたい」

211216_hanako-108.tif

桃のデザートってあまり知らなくって。桃というと、シロップ漬けのイメージが強いですね。私、桃が大好きなのに桃が楽しめてなかったんです。今回、こんなにしっかり桃を感じられるデザートを知れてよかったです。今年の夏は楽しめそう!

【推しコメ】喉越しが最高!つるりとしたゼリー。/〈久世福商店〉の国産果実のゼリー 白桃。

〈久世福商店〉の国産果実のゼリー 白桃

スイーツOLなり 
ちゅるんと冷たく透明感のあるゼリーで、かたさが絶妙。味も見た目も涼しげですね。桃の果肉もしっかり入っているので満足感があります。

田辺さん 
喉越しも最高で、ツルッといただけて。ぺろっと食べられますね!ゼリーになると、桃の果肉って難しいんじゃないかと思うんです。シロップに浸かっていると負けてしまうこともあるかも。これは桃そのものを味わっているようなおいしさですね。

〈久世福商店〉さんっていろんなところにありますから、手に取りやすいですね。身近に感じやすい手軽さで、こんなにおいしい国産の桃のゼリーをいただけるというのはうれしい。〈久世福商店〉さんっていろんな商品があるから見落としてしまう可能性があるんですけど。佃煮とかいろんなものに目移りして、おいしいものを見落としてしまってるんじゃないかと。これもその一つでした。

〈久世福商店〉の国産果実のゼリー 白桃
〈久世福商店〉の国産果実のゼリー 白桃
〈久世福商店〉の国産果実のゼリー 白桃
〈久世福商店〉の国産果実のゼリー 白桃

〈久世福商店〉
お取り寄せ:◯(WEB)
価格:「国産果実のゼリーギフト 9個入り」3,218円(化粧箱包装付、季節限定)、白桃345円(単品販売は店舗限定)
店舗情報:全国に店舗展開
オンラインショップ
TEL:0120-537-002

【推しコメ】ジューシーな果実感と、スッとした後味。/〈ポアール・デ・ロワGINZA〉の Peche 包近の桃 日川白鳳(ハーフ)

〈ポアール・デ・ロワGINZA〉の Peche 包近の桃 日川白鳳 (ハーフ)

スイーツOLなり
果物の皮をそのまま使っていて、その中にジェラートが詰められているプレミアムな一品。テクスチャーは意外に柔らかくて、味も果物の味がちゃんとします。後味はさっぱり。

田辺さん 
(一口食べて)あ!みずみずしい!うわあ、さっぱりしておいしいです。こんな滑らかで、このジューシー感、果実感。こういう系のやつ、よく焼肉屋さんとかであって、カチカチなので炙っていただいているんですけど(笑)。

口溶けがとても良くて、ミルクのような後味もするような。果実感はあるんですけど、優しい味。最初に果実がガツンときて、スーッとした味になります。搾りたてのような果実感もありつつ、喉にくるような強みはなく、すっきりとした後味。口に入れた瞬間にマックスの桃のおいしさがきて、その後スッと消えていく。この特徴、ジェラートならではなのかな。引き際が潔いですね。こういう引き際なら恋愛もうまくいくんじゃないかしら(笑)。だからこそ、また一口食べたくなるんだろうなと思います。

そしてビジュアルが最高です。桃ってやっぱりすごいデリケートですから、こんな綺麗に皮を保てるのがすごい。相当な技術があるんだと思います。私はせっかちなので絶対これを作る仕事はできないですね(笑)。皮に近づくにつれて、もっと味がリアルになっていく感じ。よりリアルな桃を感じられます。

こういうフルーツ系のアイスを食べるとき、無糖の炭酸水を入れて食べるんですけど、それもやってみたいですね。食べ終わった後、この器に入れて飲んでみます。食後の楽しみができました。

アイスとかジェラートとか、3口で終わることが多いんですけど。全部食べきれないことが多くて。それは多分後味が濃くて、胸いっぱいになってしまう。これは後味の出し方によって、また一口食べてしまう。この滑らかさはすごい。今まで火で炙ってたのはなんだったんだろうって思ってしまいます。

〈ポアール・デ・ロワGINZA〉の Peche 包近の桃 日川白鳳 (ハーフ)
〈ポアール・デ・ロワGINZA〉の Peche 包近の桃 日川白鳳 (ハーフ)

〈ポアール・デ・ロワGINZA〉
お取り寄せ:◯(WEB)
価格:2,916円(7月中旬発売予定、時期により品種・価格の変更あり、数量限定)
店舗情報:オンラインストア

【推しコメ】桃一つでこんなに違う!楽しいセット。/〈ピーチ専科ヤマシタ〉の6種の桃の食べ比べジェラート。

「私は山根白桃が好きでした。さっぱり目で。最初はさっぱりで、後からほわっと桃の強いがくる。水分を感じて、桃を噛んだような感じでジェラートがいただけます」(田辺さん)。
「私は山根白桃が好きでした。さっぱり目で。最初はさっぱりで、後からほわっと桃の強いがくる。水分を感じて、桃を噛んだような感じでジェラートがいただけます」(田辺さん)。

スイーツOLなり
山梨で果樹園をされていて、カフェもやられているお店。カフェは桃の季節になるとオープンし、終わると翌年までクローズしてしまいます。何回もオープンの間に行き食べていますが、待ち時間に食べるジェラートも絶品でおすすめ。品種ごとに色々なジェラートがあって、それぞれだけど素材の味が比較できるほど、丁寧に味が出されています。赤桃や白鳳などを食べたことがありますが、どちらも絶品でした!

田辺さん 
まず、蓋を開けた途端に桃の違いがわかりました。それぞれ色が違うんですよ。こんなに桃で違うんだっていうのに驚きました。ちょっと甘みもありつつ、酸味もあるようなものもあったり。果肉もしっかり入っていて、暑い夏にぴったりな、甘みも抑えられて、桃そのものの甘さのジェラートですね。桃1個でこんなに味が違うんだっていう食べ比べられるものはそうそうないですし。種類によってこうも違うんだという楽しみ方ですね。何より本当にさっぱりしています。

これ皮が入っているものもありますね。決して邪魔にならず、素晴らしい。去年、Hanakoで桃農家に行ったんですよ。とれたてのものを食べるときに、皮ごと食べてくださいって言われて。皮ごと?!って思ったんですけど、このジェラートもフレッシュさに自信があるのかなと思いました。この皮がまたいい食感ですね。

本当に甘さがベストなジェラートですね。どうしても時間を置くと甘さが出てくるのでカチカチで食べていたんですけど、このジェラートは甘さが抑えられているので、少し時間を置いて滑らかにして食べてもおいしいですね。これは置いた方がフルーティーさが出るなと思いました。

品種は40種以上から、内容はその時々で異なる。
品種は40種以上から、内容はその時々で異なる。
〈ピーチ専科ヤマシタ〉の6種の桃の食べ比べジェラート
「私は山根白桃が好きでした。さっぱり目で。最初はさっぱりで、後からほわっと桃の強いがくる。水分を感じて、桃を噛んだような感じでジェラートがいただけます」(田辺さん)。
「私は山根白桃が好きでした。さっぱり目で。最初はさっぱりで、後からほわっと桃の強いがくる。水分を感じて、桃を噛んだような感じでジェラートがいただけます」(田辺さん)。

〈ピーチ専科ヤマシタ〉
お取り寄せ:○(WEB)
価格: 3,200円
店舗情報:オンラインショップ
電話: 0553-22-8899

今回のセレクター…スイーツOLなり

帰国子女、東京大学大学院理系卒、金融関連企業OL。大学在学中スイーツに目覚め、ブログを開始。特に焼き菓子とチョコレートが好み。

田辺さん初めての著書が発売中!


芸能界のスイーツ女王こと、ぼる塾・田辺さんがずっと秘密にしてきた”推し”の92品を大公開。ネットやSNSの評判を鵜呑みにせず、有名店、老舗からデパ地下、コンビニまで古今東西のスイーツに奔走し続ける田辺さんの初にして集大成のガイドブックが完成しました。
購入予約可能な書籍紹介ページはこちらから

★こちらもチェック!
「ぼる塾が行く! 福島の桃体験ツアー」の様子はこちらから

photo:Wataru Kitao text:Kahoko Nishimura

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR