東十条パン4選

花井悠希の朝パン日誌 駅から徒歩5分圏内で巡れる!東十条のおすすめパン屋さん4選 Learn 2022.06.02

東十条駅。降り立ったことはありますか?駅からまっすぐ伸びる商店街には朝から人々が行き交い、お昼を過ぎる頃にできた人集りをのぞくと、演歌歌手の方が軒先のステージで歌っていて。のどかな空気感、どこか巣鴨のような風情もあるこの街。実は徒歩圏内にパン屋さんが何店舗も点在する、パン好きには見逃せない街でもあるんです。

【東十条のおすすめパン屋】3.〈Sweet kitchen〉

東十条パン4選

富士山の溶岩で作った溶岩窯が自慢のパン屋さん。パンスタンドという感じの気さくな雰囲気のお店に入ってみるとびっくり。上までずらりとパンが並べられた店内のぐるりと見渡したくなる感じはさながらお菓子の家に来たみたいです(行ったことはないけど)。

「角食パン」
「角食パン」

バターを溶かして砂糖を振って、カルダモンとシナモンでおしゃれにキメました(←言い方)。ナチュラルな甘さ、キメの細いしなやかな口当たりは毎日食べたくなる素直さで好感度高し!食感・風味・甘さなど、どこかに偏っていることのない、バランスの良さがこの飽きの来ない魅力を作っています。バターをだくだくに泳がせたところにブラウンシュガーを振ってみた甘塩っぱさも、パンのふくよかな甘みがナイスサポートで持ち上げてくれました。どんなトッピングがきてもさりげなく引き立てる縁の下の力持ちさんです。

「カスタードクリームパン」
「カスタードクリームパン」
東十条パン4選

カスタードクリームはミルキーなコクがしっかりで卵の味わいも届き、伸びやか。こちらぜひ温めて食べてみてほしい!温める過程でゆるんだクリームが生地に染み込み始め、クリームの伸びやかなとろみは止まるところを知りません。パン生地は表面さっくりで内側はふにゃんと柔らかくなり、コントラストがよりはっきりと出てきますよ。

【東十条のおすすめパン屋】4.〈トリコ商會〉

東十条パン4選
東十条パン4選

白い外観にガラスのショーケース、鳥のマークなどかわいい!が溢れてしまうお店。どちらかというとハード系が多い印象です。

「いちぢくと生姜のベーグル」
「いちぢくと生姜のベーグル」
生姜のコンポートの陰に隠れているのがドライいちじく。
生姜のコンポートの陰に隠れているのがドライいちじく。

なんて歯切れのいいベーグル!ぬっちりとしたベーグルらしい歯応えは確かにあるのに、入り口も去り際もずっと歯切れが良いから爽快でパクパクと食べ進めてしまいます。練り込まれているのは生姜のコンポートとドライいちじく。生姜はしゃきしゃきとした繊維感が残りフレッシュな印象で、スパイシーな香りと味がコンポートの甘味を介して開きます。それを引き立てるように、いちじくは一歩引いて果実味を静かにたたえそこにいるのです。生姜部分はしっかり甘いけど、生地は甘さが控えめで後味には小麦の香ばしさだけ残るので、とにもかくにも爽快。暑くなってきたいまの気分にぴったりな子に出会えました。

「ぶどうフランス」
「ぶどうフランス」
すべすべ素肌にむっちりボディ。
すべすべ素肌にむっちりボディ。

気泡は細かくぎっしりと詰まり、噛み心地しっかりのフランスパン生地の間から顔を覗かせたのはたわわなレーズン。甘さ抑えめな生地は一見ドライな印象を受けますが噛めば噛むほど小麦の甘みが顔を出してくれました。そしてね、やっぱりレーズン系のパンにはバターでしょ!パツッとしたドライなおすまし顔を緩ませるマジックをやっぱりバターは持っているらしい。レーズンも私も(!?)バターにすり寄って、気がつけばみんなしてバターに溺れておりましたとさ。

おまけ。行列するほど大人気の黒糖どら焼き「黒松」がある〈草月〉も徒歩圏内。うっかり何個も買ってしまいました(計画犯)。
おまけ。行列するほど大人気の黒糖どら焼き「黒松」がある〈草月〉も徒歩圏内。うっかり何個も買ってしまいました(計画犯)。

パン屋さんホッピングしながら東十条の街を行ったり来たりしていると、なんだか肩の力が抜けていき、凝り固まった心の鎧が外れていくような感覚に。何処か懐かしい街の雰囲気のせいなのか、日々の生活の温度や人の温もりを感じられるからなのか。なんだか疲れたなというときに散歩したら元気になれるかも?だっておいしいパン屋さんに疲れ知らずでこんなにもたくさん出会えるんですもの。

過去の連載はこちら


花井悠希の「朝パン日誌」一覧

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR