図1
図1

毎月テーマに合わせたスイーツを”推しコメ”と共に紹介! ぼる塾 田辺さんの3月の推し桜スイーツ 洋菓子編/ぼる塾・田辺智加のスイーツ”推しエントリー” Learn 2022.03.06

いま最も注⽬と信頼を集めるスイーツラヴァーであり芸人の、ぼる塾・⽥辺智加さん。そんな田辺さんに、スイーツトレンドを発信してきた『Hanako』が、毎月様々なテーマに合わせたおすすめスイーツを送付!それを田辺さんがすべて実食して、推しコメント(略して「推しコメ」)と共に紹介していく本連載。3月のテーマは「桜」、今回のセレクターはスイーツOLなりさんです。

田辺さんの「ちょっと言いたい」

211216_hanako-108.tif

「桜のおいしさを知らない人も多いと思いますが、今回のラインナップで見直してほしい。桜の商品って期間短いので、見逃さないようにしてほしいです。世の中の人に、桜スイーツが出た時にもっと敏感になってほしい。私もそうなんですが、海外に憧れすぎちゃって、日本のものを大切にしない傾向があるかもしれません。一旦外に目を向けるのは大事なんですけど、自分の国の素晴らしさを知ってから目を向けてほしいなと思いますね。桜を通して、そう思いました。桜の時期になったら、声を大にして言いたい。花見で騒ぐ前に(笑)、一旦桜のスイーツに目を向けてほしいです」

【推しコメ】元のおいしいバームクーヘンを生かした香りの良さ。/〈ねんりん家〉の桜の国のマウントバーム。

〈ねんりん家〉の桜の国のマウントバーム

スイーツOLなり 
人気シリーズ「マウントバーム」の春限定アイテムです。ふんわりと甘い桜の香りにジャリジャリとしたお砂糖の食感と甘みで、大きく見えますがペロリと食べられてしまいます。優しい桜の香りがポイント。

田辺さん 
香りがいいですね!バターもしっかりしつつ、桜が香ります!ちゃんと元のおいしい生地を活かしつつの桜がある。フワッと鼻に抜ける感じの、軽い、春の香り。バームクーヘンって色々あると思うんですけど、こちらはとにかくしっかりしていてパサつかない。そりゃバームクーヘンの大ブームの火付け役ですから。焼き上げの手間隙が見えます。

私もバームクーヘンをプロデュースしたことがあるんですけど、焼き菓子って香りや味を出すのが難しいと思っていて。味を出すのが本当に大変だったのですが、しっかり香らせる技術がすごいなと思います。ピンクのかわいらしさを出すのも上手ですし。砂糖のじゃりっていう食感がいいですよね。

〈ねんりん家〉の桜の国のマウントバーム
〈ねんりん家〉の桜の国のマウントバーム
〈ねんりん家〉の桜の国のマウントバーム

〈ねんりん家〉
お取り寄せ:○(WEB)
価格:756円(1本)
店舗情報:銀座本店 東京都中央区銀座5-6-15 座STONE[ザ・ストーン]1F
購入ページ
TEL:03-5537-3910

【推しコメ】ここまで桜が香る洋菓子に初めて出会ったかも。/〈銀座ウエスト〉の桜のタルト。

〈銀座ウエスト〉の桜のタルト

スイーツOLなり 
少し塩気の効いた桜の花とふわっと柔らかい生地のバランスがよく、いくつも食べてしまいそうな味。八重桜の塩漬けと、大島桜の葉の香りが添えられています。焼き菓子がおいしい〈銀座ウエスト〉の、春限定のお楽しみです。

田辺さん 
バターの香りと桜の香りが相まってそそられますね。塩漬けが好きなんですよ。甘じょっぱいが正義というか。〈銀座ウエスト〉さんっていうとリーフパイに目が行きがちで、そこから一日踏み出せていなかったんですけど。

バターの甘みと桜の塩気で甘じょっぱい。洋菓子ってバターも味が濃いから、桜の風味が飛んでしまうんじゃないかと難しそうですが、これは見事。この下のタルトの食感とアーモンド生地の食感もいいですね。ザクザクしすぎてないのがいいというか。口馴染みのいい食感ですね。これは日本茶やほうじ茶がいいですね。最近ハマっている、べにふうきも合うかもしれない。桜のお茶も増えてきていて、それも相性いいのかな?

〈銀座ウエスト〉の桜のタルト
〈銀座ウエスト〉の桜のタルト
〈銀座ウエスト〉の桜のタルト

〈銀座ウエスト〉
お取り寄せ:◯(WEB、3月16日からなくなり次第終了)
価格:216円(1個)
店舗情報:銀座本店 東京都中央区銀座7-3-6
公式オンラインショップ
TEL:0120-73-5622

【推しコメ】フワッと軽くてもはや空気、な“冷たい桜餅”!/〈ジェラート醍醐桜〉の恋するジャージーさくらジェラート。

〈ジェラート醍醐桜〉の恋するジャージーさくらジェラート

スイーツOLなり 
ジャージーミルクの風味もおいしい、桜餅のようなジェラート。塩漬けの花の風味もほんのり相まってさらに桜餅感が増します。ミルキーなジェラートが口の中で溶ける時に桜の香りが広がるので不思議な感じですがおいしいですよ。

田辺さん 
パッケージがめちゃくちゃ可愛いですね。何より名前が可愛いです。今さっき冷凍庫から出してきたんですけど、アイス自体がフワッとしてます。カチカチにならないんだなと。すぐ食べやすいです。

食べるとわかる、これは冷たい桜餅!ぺろっといけて、もはや空気。息を吸うように、桜が香ってくる。素材の味がすごくて、繊細な味がすごいしっかりしています。

桜の味で難しいのって香料を使われているとちょっと……ですよね。今回のは香料を感じない。素材が引き立っていますね。よくメロンのアイスを作っていたんですが、生クリームの扱いが難しかったのを覚えています。アイスは使う材料が少ないからこそ誤魔化せないですよね。

少し溶けた状態で食べるのがおいしい。
少し溶けた状態で食べるのがおいしい。
〈ジェラート醍醐桜〉の恋するジャージーさくらジェラート

〈ジェラート醍醐桜〉
お取り寄せ:◯(WEB)
価格:2,342円(6個入り)
店舗情報:岡山県真庭市西河内568-2
通販ショップ
TEL:0867-52-0181

今回のセレクター…スイーツOLなり

帰国子女、東京大学大学院理系卒、金融関連企業OL。大学在学中スイーツに目覚め、ブログを開始。特に焼き菓子とチョコレートが好み。

田辺さん初めての著書が発売中!


芸能界のスイーツ女王こと、ぼる塾・田辺さんがずっと秘密にしてきた”推し”の92品を大公開。ネットやSNSの評判を鵜呑みにせず、有名店、老舗からデパ地下、コンビニまで古今東西のスイーツに奔走し続ける田辺さんの初にして集大成のガイドブックが完成しました。
購入予約可能な書籍紹介ページはこちらから

★こちらもチェック!
「ぼる塾が行く! 福島の桃体験ツアー」の様子はこちらから

photo:Shu Yamamoto,Masanori Wada text:Kahoko Nishimura

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR