a162530787ebd0cf833f27f5964a83fd2

花井悠希の朝パン日誌 vol.16 いつからパンはオシャレになった?…〈サンチノ〉と〈FACTORY〉 Learn 2018.02.19

いつからパンは、オシャレな食べ物になったのだろう…。その理由の一つは、オンリーワンなパン屋さんがたくさん生まれたことにあり!そんなパン屋さんと作り手さんにクローズアップしてみました。

☆前回の記事はコチラから
☆連載一覧はコチラから

〈365日〉の杉窪章匡氏による日本のパンの新しい姿…〈サンチノ〉

店名は『~さん家の』や『~産地の』がその由来。かの〈365日〉や〈15℃〉のオーナーシェフとして有名な杉窪章匡氏プロデュースの元、日本各地の素材を使った昔懐かしのレトロパンやご当地パンを現代風にアレンジしたユニークなパンが揃うお店です。

明るくハツラツとしたパンがずらりと並ぶ様子は大人も子供も目を輝かせてしまうこと間違いなし。

プライスカードには、#(ハッシュタグ)で1つ1つのパンのポイントや味のヒントが書かれていて、謎解きゲームをやっているようなワクワク感も有り〼。

IMG_0395

目が合ったその瞬間から、私美味しいよー美味しいよーー!と囁き声が人一倍(パン一倍)大きかったこの子は「サンチノブリオッシュ」。

温めると、外側の猫耳のようにとんがった部分はかりりと歯ごたえを与えつつも薄氷のように繊細に壊れます。このカリッと感と繊細さが共存している皮を持っている子は、内側にはさらにデリケートで柔らかな肌を隠していることを長年の経験で私は知っている。ほっほっほっ。

Processed with VSCO with hb2 preset

期待に添う柔肌を見せてくれたら、頰スリスリしたい気持ちでいっぱい。でもぐっと堪えてそっと手に載せます。もう持ち上げただけで分かるフワフワ感。地に足ついてないとはこのこと。(←意味違)

ひよこを持つよりももっと優しく掴まないと形が変わっちゃうんじゃないかというほど柔らかです。

口に含めば滴るほどのバター感。バター汁絞れそうな程ひたひたにバターを感じられます(笑)。

でもブリオッシュにありがちな粘着質な甘みはなくて、ジャムやバターを添えても大丈夫な柔軟性の高さも持ち合わせています。

Processed with VSCO with hb2 preset

三等分にしたら、ピーチクパーチク三人娘が立ち話しているような賑やかさが。

この三人娘、コミュ力高しですよ!!

Processed with VSCO with a5 preset

こちら「コーヒー牛乳パン」のエースオーラもすごかった。

隣に双子のように並ぶ「サンチノミルクフランス」のこんもりのったミルククリームにも目を奪われたのですが、「コーヒー牛乳パン」にも同じ自家製ミルククリームが使われていて、しかも【#帯のウラには…】と気になる一文がプライスカードに添えられていたので、欲張りな私はこちらをチョイス。

密度高めの生地はモチモチと弾力があり、でも気泡は細かすぎないので、圧迫感がなく適度な抜けがあります。

コーヒー食パン生地と書いてあったけど、香りが鼻にふっと抜けて余韻にビターさが少々残る程度だから、コーヒー味で食パンの甘みを少し抑えたのかな?という印象。これならコーヒー苦手な私もぴったり!(←じゃあなぜこれを選んだ)

Processed with VSCO with a5 preset

もこもこと盛られたクリームは、こっくりテイスト。見た目の期待を裏切らないミルクのコクと甘みがしっかりで、かっこつけない、“らしい”クリームでした。

帯をハラリと外すと……お楽しみの一粒がこんにちは。さりげない遊び心にニヤリとしてしまいました

Processed with VSCO with a5 preset

小さなこのパンは「ちくーわ」(この伸ばし棒1つでこんなにキャッチーな呼び名になろうとは)。北海道のご当地パン「ちくわパン」のサンチノアレンジ版です。

Processed with VSCO with a5 preset

ツナマヨの入ったちくわがパンに包まれているのは共通しているのですが、「ちくーわ」はこのパンに青海苔が練りこまれていて、モッチモチのお餅のような食感に仕上げられています。

みんな大好き、竹輪の磯辺揚げ要素もプラスしてくるとは、さすがの一言です。

ファクトリーで朝食を…〈FACTORY〉

私の中で、東京のオシャレなパン屋さんというイメージが強いのがこの〈FACTORY〉。これまで訪問するタイミングがなくてやっと訪れることができました。

Processed with VSCO with hb1 preset

嬉しくてこの表情です(笑)。

Processed with VSCO with f2 preset

えぇっと、彼は「ノアレザン」。

大阪のおばちゃんなら「シュッとしとるなぁ」と褒めてくれるであろうこの佇まいは、「彼」という三人称がピタリとハマるんじゃなかろうか。惚れ惚れするかっこよさがひしひしと。

スライスしてそのまま食べると、クラムのガリっと感、ぎゅっとした密度にまず心持っていかれます。

Processed with VSCO with f2 preset

その後は小麦とクルミがそれぞれの香ばしさの主張を声高らかに叫ぶから、どちらにも耳を傾けていると、ああ、忙しい(なにさま)。

クルミはホックホクでその放つ香りを裏切らず、レーズンはキュッと濃縮された果実味を弾けさせ、なんというか森の恵みに感謝したくなる。

最近のイケメンは、ナチュラル志向なのだね。

Processed with VSCO with hb1 preset

イノセントな焼き色の「ビスケット」。

粒子がとても細かい。粒子を拾い集めてぎゅっとまとめたような、今すぐサラサラと雪崩れが起きてしまいそうなほどセンシティブな生地です。

Processed with VSCO with hb1 preset

口内に入った瞬間、予定通りに起きる雪崩れ。でもそこから立ち上るふかふかの空気が口内でバウンドする、ここがたまらなく美味しい!口溶けはまったりと。

全粒粉がぷちぷちと、バウンドする空気に乗ってあちらこちらで無数に弾け飛び跳ねる感覚も楽しいです。ジャムやクリームを添えてもはみ出ない塩梅の甘さもグッド。

Processed with VSCO with a5 preset

早起き頑張って、今度は人気の朝食を食べに出かけたい「FACTORY」。春になればもう少し早起き出来るかな?

☆前回の記事はコチラから
☆連載一覧はコチラから

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR