IMG_2603

花井悠希の朝パン日誌 vol.17 そうだ、つくばへ行こう。〈クーロンヌ〉と〈ペニーレイン〉 Learn 2018.03.05

時は週末。空は青く冴え渡り、お日様の光にも所々春の輝きが見える。

さぁ、思い立ったら吉日。女友達を誘ってつくばエクスプレスに乗ってビューンと〈つくばねファーム〉へ。いちご狩りに行ってきました。(いちご狩りの様子はインスタグラムで)。そしてつくばは「パンの街」と言われているそうで、つくば市にはで30店ほどパン屋さんがあるとのこと。そう聞いたらいてもたってもいられず、その中から友人(茨城出身)オススメの人気店2店に行ってきました!

ということで、朝パン日誌つくばの巻のはじまり、はじまりー!

☆前回の記事はコチラから
☆連載一覧はコチラから

大行列は一方通行、悔いなく進め!…<Couronne>

【つくば パン】と検索したら1番上に上がってきた<クーロンヌ>。大きな駐車場ぎっしりに止まった車、店内は一列に大行列と、人気の高さが伺えます。

IMG_0946

石窯焼エリアで見つけた「究極のソーセージフランス」はお店の看板商品。長さ40センチもあるロングソーセージフランスをその場で4等分に切ってくれました。この子は焼きたてが運ばれてきたので、もう朝まで待てないっ!と、外のテラスでフライング朝パンしちゃいました(もはや朝でもなんでもない)。

カリッと焼かれたフランスパン生地を進み、プチンと弾ける音が聞こえたら、それを合図に飛び出してくる肉汁。お肉屋さんと開発したというソーセージは、惜しみない肉汁でこちらの期待にしっかり答えてくれます。そしてそれを一滴たりともこぼすまいと受け止めるパンが、ひたひたになるまでギュンギュン吸ってくれる。だから、噛むたびにソーセージからはもちろん、パンからも肉の旨みがぷっしゃーー!!(○なっしー?)ソーセージとパンの間に忍ばされたマスタードがまたいいアクセントを与えてくれて、40センチという長さを物ともせずパクパクとあっという間に食べてしまいました。

IMG_0941

さて、持ちかえったパン達で正真正銘の朝パン日誌です。この子は「ソルティドック」。そうです。あのグラスの淵にぐるりと塩が添えられた有名なカクテルと同じ名前です。なるほど、こちらの上にはゲランドの塩とレモンの皮のすりおろしが散らされていました。しっかり焼き目がつけられたフランスパンのカリッと感に、まず感激。

ハーブソーセージの王様風情に圧倒されて、パンに注目しそびれそうですが、まず一口食べた感想は、パン美味しい!小麦の香りが立ち上って、目の前を香ばしい景色に染め上げる。黄金色に輝く麦穂の畑、風に揺らぎ波をうつ平原、夕陽が差し込み穂を揺らす風はキラキラと眩しく、、、おっと。香ばしい妄想で旅をしてしまいそうに。(←危ない人)

IMG_0942

どっぷり立派なソーセージは抱え込む肉汁がしっとりと艶やかで、それはルックスを裏切らず美味しいのだけど、パンは想像の上をいく美味しさだったので、より心に残りました。塩加減とレモンピールのおかげで見た目よりもさっぱりいただけます。

IMG_0943

こちらは、カルピスバターを贅沢にミルククリームに使ったその名も「大草原のミルクフランスプレミアム」!カルピスバターはミルキーであと味すっきりなイメージなのですが、このミルククリームもその印象をそのまま受け継いでいて、甘さも強すぎず、誰からも愛されるパンです。

IMG_0944

しつこさのないクリームとパン生地なので、1人1本、ペロリと食べられちゃう。何本も買って帰るお客様も多かったですよ。

お店に活気があって、親しみやすさと本格的な味とのバランスがいいパン屋さん。人気も納得です!

彷徨う伝説の4人の影…<ペニーレイン>の「イエローサブマリン」と「スコッチスコーン」

《1966Quartet》でビートルズをずっと弾いてきているので、どうしてもビートルズと聞くと身体が反応してしまいます。この<ペニーレイン >さんはずっと行ってみたかったので感無量!

IMG_0950

そりゃあ、やりますよね。

IMG_0949

そりゃあ、やりますとも。って私達の「Abbey road sonata」というアルバムはAbbey road studioでレコーディングして、ジャケ写は本物のこの横断歩道で服装も角度もそのままに撮ってきたんですもの!(久しぶりにやったら角度甘いな私……ちなみに私はポール役)

IMG_0931

広い店内にもビートルズの4人がいたるところにいて、ギターやレコードも飾られ、まさにビートルズ一色!!

IMG_0948
IMG_0945
IMG_0951

パンの種類はハード系からお惣菜系、甘い系まで幅広く、お客様もいっぱいです。せっかくならビートルズの曲名と同じ名前がついているパンないかなぁ?と見つけたのは「イエローサブマリン」

IMG_0939

真っ黄色のマスタードがトレードマーク。ソーセージの上にはタコスミートものっているとは嬉しい。パイ生地は、サクサクと崩れると内側からジューシーなバターのコクが溢れてきます。パリッとしたソーセージには肉汁たっぷり。

IMG_0940

マスタードがたっぷりのっているから全体はマスタード味に支配されるのですが、タコスミートがちょこちょこアクセントになったり、パイ生地の上にかけられているチーズがまた強い味わいをプラスしたりして、楽しくなるパン。パンじゃなくパイを合わせているあたりが、分かってるー!って言いたくなる程マッチングの良さが光っておりました。

IMG_0937

イギリスの雰囲気を感じて手に取ったこちらは「スコッチスコーン」。チョコとくるみ、ラム酒を使ったスコットランド風スコーンとのこと。みっしり密度の高い、これぞスコーンというタイプ。少し歯を立てて、しっかりとした“ らしい” 固さを突破すると、少しザラザラとするほど粉が立っている内側に出会います。それは少しショートブレッドにも似ている質感。

IMG_0938

そして口内から色めき立つラム酒ね。突然好きなテイストがふぁってのぼってきて、心がキュンとします(ラム酒使われているの知って買っているけど)。

スコーンにラム酒が効いているだけで、確かにスコッチスコーンだ!って思っちゃう私は、やはりスコットランドに行ったことがないからでしょうか(笑)。大きめにザクザクと入った自家製のチョコレートは、しっかりカカオのコクと少しの酸味があり本格派な様子を格上げしていました。ミルクティーをお供にいただきたい一品。

IMG_5496

ショッパーまで抜かりなくビートルズで、手にした帰り道もウキウキが止まりませんでした。

もうお気づきの方もいらっしゃるかもしれません。なんですかこの私の見事なまでのソーセージ縛り現象は(笑)!まず先に訪れたクーロンヌにて、あぁ美味しそうと手にとったのが2つもソーセージ系、そしてその後訪れた<ペニーレイン>でビートルズの曲のタイトルがついていたパンが2つ、なんとどちらもソーセージ系…。つくばはソーセージの街でもあるんじゃないかと思った瞬間でした(いえ私の選び方のせいです)。

調べたら、まだまだつくばには魅力的なパン屋さんがいっぱい。つくばエクスプレスを使えば秋葉原から45分で着いてしまうので、想像よりもずっと気軽に行けました。これはまたパン屋さん巡りに足を運ばねばなりませんね。いちご狩りと合わせていくのオススメです♪

☆前回の記事はコチラから
☆連載一覧はコチラから

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR