e81e4ef58b55284dde8c28a4ea00db8e

いいことずくしのサラダ! 「美人のサラダ」、その名はソンタム。From Thailand Learn 2018.02.02

チェンマイをはじめとするタイ北部の郷土料理の「ソンタム」が今、大注目です。きっかけはバンコクにあるソンタムがテーマレストランがNY出店したことから。青いパパイヤを唐辛子とライムで味付けしたこのサラダは、美しさを追求した一皿として大ヒット、NYのミシュランの一つ星を獲得するまでに。となれば「ソンタムブーム」は止まらない。カジュアルから高級まで本国、バンコクのどのレストランでもオンメニューされるほど。という事で、懸案であるダイエットも兼ねて専門店から5つ星ホテルまで、ソンタムの本場、バンコクで美人のサラダ、試めしまくりました。

おいしいだけで終わらない「ソンタム」のすごさ。

d79de34a54713eac7ce8389fea54dd26

「ソンタム」は青パパイヤのサラダのこと。青パパイヤはレモンと同等のビタミンC、カロチンとワインの7倍以上のポリフェノールまでも含んでいる野菜。その効果は脂肪減少を手助けするほかに、抗酸化や胃腸の働きを助けるとされている。美肌、ダイエットにも効果も期待できるとあって、青パパイヤは「メディカルフルーツ」と呼ばれいる。悪いところを探すのが難しいサラダなのだ。

41b213c16be35aac9e9c4c6111614390

蒸したもち米、生のインゲン、ハーブなどと一緒に食べるのが本場のスタイル。生のインゲン?と思う人も多いかもしれないが、この味は病みつきになる。こちらは〈マンダリン オリエンタル バンコク〉の〈ザ・ヴェランダ〉のソンタム340バーツ。夕焼けと共にディナーを楽しみたいなら、ちょっと早めに出かけよう。リバーサイドの席で夕日を見ながら。

ミシュランも唸らせる「ソンタム」。

11551e313fdcdf056aa561b813a510e7

バンコク市内にあるレストラン〈ソンタムダー〉。カフェのよう出で立ちだが、実はここがニューヨーカーを夢中にさせたレストランだ。オーナーのタナラーク・ラオラオウィロートさんは、バンコクの注目スポット、トンローにおしゃれタイレストランをオープンして大成功を納めた仕掛け人だ。

afcdef10c95deffa4020cbdbca24cd8a

こちらがNYミシュランで一つ星を獲得した〈ソンタムダー〉のソンタム「Tum Thai」60バーツ。海鮮の入ったもの、肉の入ったものとソンタムにはいくつかパターンがあるが、こちらは一番シンプルなもの。もち米20バーツを注文して一緒に食べよう。モリモリのハーブが入ったバスケットやシロップやナッツを入れたボトルが並んだカウンターは家のキッチンでも真似したくなる。ビビッドな色使いだけれど、やりすぎないオーナーのスマートなセンスが光る店づくりだ。

そして、バンコクで一押しのパッタイも。

pat-thai

バンコクに来たら一度は食べないと気が済まないのが〈グランドハイアット エラワン〉の地下にあるレストラン〈YOU & MEE〉のパッタイ230バーツ。直訳すれば「タイを炒める」という意味の料理は、ライスヌードルとエビ、細かく切った中華豆腐、卵焼き、タマリンドと一緒に炒めたタイ風の焼きそばだ。こちらは別添えの生のバナナリーフ、もやしをお好みで加えてライムを絞って食べるスタイル。冷めてもパラパラとほぐれる麺に絶妙な味付けの〈YOU&MEE〉のパッタイ。バンコクで食べ比べた中で、私の中のダントツ一位に輝き続けている。

バンコクに行ったら食べなきゃ損!のグリーンカレー。

e16632946fac94efd9eaf858e8f6a209

チャオプラヤー川の日もとっぷり暮れたら、さあディナータイム。バンコク最後の夜を締めくくるなら、〈マンダダリン オリエンタル ホテル バンコク〉の「グリーンカレー」はいかが。タイのくいしんぼう仲間から「グリーンカレーならここ」と教えてもらって以来、通い続けている。マイルドだけどじんわり辛い、こちらのカレーがなぜバンコクで一番なのか。それは、他店と違って生のココナツミルクで味付けしてあるから。数多あるバンコクのグリーンカレーでも、生のココナツを使っている店は稀有だという。その違いはストレートに味に出る。

映えあるソンタム大賞は?

707ba17c7ef8d9ef08b39ef314adf432

今回、食べたレストラン
〈マンダリン オリエンタルホテル バンコク〉
〈グランドハイアットエラワン〉
〈ソンタムダー〉
〈フードコート〉

家庭ごとにそれぞれのカレーの味があるように、〈ソンタム〉も店によって味わいが異なる。かつては北部料理をバンコクで食べることは難しかったが、〈ソンタムダー〉の存在がタイ料理を大きく変えた。タイの北部ではもち米を食べることが多く、もち米好きの私にとって、ソンタム効果でタイ北部の料理がぐっと気軽に楽しめるようになったのは嬉しい出来事だ。
ブームの火付け役、〈ソンタムダー〉は実は東京にも進出していた。上の写真が東京のソンタム「タムタイ」1080円。バンコクの本店と同じ辛さでも体験できるがちょっとハードルが高そう。もちろん、辛さのグラデーションはお好みで変えられる。ライムがたっぷり入って、バンコクそのままの味が再現されている。〈ソンタムダー〉は東京に続いてベトナムにもこのほどオープン。青いパパイア革命の拡大はまだまだ続く。さあ、青いパパイアのサラダで、美人の階段を登ろう!

マンダリン オリエンタル バンコク 
THE MANDERIN ORIENTAL BANGKOK
ザ・ヴェランダ
THE VERANDAH
48 Soi Charoenkrung40, Charoenkrung Rd. Bangrak
TEL 66-2659-9000
ランチ&ディナー
11:30〜翌0:30
http://www.mandarinoriental.co.jp/bangkok/fine-dining/the-verandah/

ソムタム ダー
SOMTUM DER
5/5 Saladaeng Rd. Silom.Bangrak.Bkk.
TEL 66-2632-4499
11:00〜14:30.16:30〜22:30

グランド ハイアット エラワン
YOU&MEE
494 Rajdamri Road Bangkok
TEL66-2254-1234
11:00〜22:30

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR