蔵前 Stage

BARをもっと、カジュアルに。 蔵前〈Stage〉のバーテンダー・斉藤 一徳さん〜児島麻理子の「TOKYO、会いに行きたいバーテンダー」〜 Learn 2021.09.06

お酒業界での広報歴12年!児島麻理子が、実力派のバーテンダーをご紹介します。第32回目の登場は、蔵前〈Stage〉斉藤一徳さん。ものづくりの街、蔵前で新しいカクテル文化を発信しています。

本日のバーテンダーは…斉藤 一徳さん

蔵前 Stage

斉藤 一徳
■バーテンダー歴:4年半
■生年月日:1992年4月1日
■星座:牡羊座
■血液型:A型
■趣味:コンブチャ作り。6年前くらいから続けてます。

蔵前の通りでひときわ目を引くライトブルーのエントランス。ブティックのような趣きがある入り口を覗くと、見えるのはなんと大きな蒸溜機。「TOKYO RIVERSIDE DISTILLERY」と描かれたここは、まさにクラフトジンを作る蒸溜所を備えた建物です。ここ東京リバーサイド蒸溜所の特徴は、これまで価値が見出されてなかった食材にスポットを当て、エシカルな商品を生み出しているところ。日本酒の酒粕も、カカオハスク(皮)も、賞味期限が迫ったバドワイザーさえも、ここでは鮮やかにスピリッツに変化します。

蔵前 Stage

「誰かに見つけられていなかったから日の目を浴びなかった、という素材をアップサイクルして、新しい価値を出すということは社会的に意義があるし、時代的にもいいなあと。話を聞いてすぐに一緒にやりたいなと思いました」。
そう語るのは、2Fのバー〈Stage〉でカクテルをプロデュースした斉藤一徳バーテンダー。蔵前のホステル〈Nui.〉で、バーテンダーとしての研鑽を重ねてきました。下町情緒がありながらも、羽田にも成田にも電車で1本で、普段は外国人居住率も高い蔵前。ブルックリンとも称されるイノベイティブなモノづくりの街で働いてきた斉藤さんには、海外に長く住んでいたような独特の雰囲気が漂います。

蔵前 Stage

「この街にいると、自分で移動する時間やお金をかけなくても、この先いろんな面白い人が集まってくるだろうと思って、蔵前で働くことを決めたんですよ。イギリス、オーストラリアの方が多いですが、中東、エジプトなどいろんな国の人と会いましたね」。
そんな海外の人が来たときに引きになるのは、やはり日本オリジナルのスピリッツ。クラフトジンがブームになる中で、日本の酒粕を使ったジンはきっと試してみたいものになるはず、という勝算を斉藤さんは持っています。
「ここではエシカル・スピリッツのレギュラー商品それぞれに合わせたシグネチャーカクテルを用意しています。バーの間口を広げたいという想いがあるので、味は複雑すぎず、メニューとしても想像できるものを揃えているんです。上にハーブガーデンもあるので、摘みたてのハーブも入れられますし、“farm to cocktail”というような感じでやりたいですよね」。

蔵前 Stage

言葉の通り、カクテルメニューには「梅マティーニ ハイボール」「モダン レモン サワー」など、知っているワードがある安心感が。ただし、シンプルそうに見えて、一筋縄ではいかないのが斉藤さん流です。
「梅マティーニハイボールは、昆布とカツオの出汁成分を使った旨味ビターズや和歌山の梅を使っているんです。見た目も日本の庭園っぽく、赤い梅に青紫蘇を乗せていたり、そんなデザインにしてます」。
1杯のカクテルから広がる風景。グラスに込められた想いを読み取るのも、カクテルらしい楽しみ方です。また、〈Stage〉のもう一つの魅力はジンに合わせたフード(白鳥翔大さん共同監修)の数々。蔵前流のフライドチキンKFCや、真夜中のふたくちバーガーなど、こちらも一捻りしたメニューが揃います。世界に発信できる力を持つ東京のバーが、また一つ現れました。

イタリアンの経験を持つシェフの阿部匠海さん(右)。チームでジンに合う料理の開発に挑戦。
イタリアンの経験を持つシェフの阿部匠海さん(右)。チームでジンに合う料理の開発に挑戦。
ミントやローズマリー、タイムなど10数種類が揃う屋上のハーブガーデン。
ミントやローズマリー、タイムなど10数種類が揃う屋上のハーブガーデン。
斉藤さんのお気に入りは華やかで甘みがある「LAST -ELEGANT-」。
斉藤さんのお気に入りは華やかで甘みがある「LAST -ELEGANT-」。

ハナコラボからの質問
Q.「自分の好きなカクテルはどう見つけたら良いでしょう?」

A.「今まで食べたり、飲んだりして好きだったものはこんなものです、というようなことをバーテンダーに伝えてみてください。ジンの場合は、こんな香水が好きです、というようなこともカクテルを出すヒントになりますよ」。

このお店のこの一杯「ホワイト ネグローニ」

「ホワイト ネグローニ」1,200円
「ホワイト ネグローニ」1,200円

エシカル・スピリッツ〈LAST -ELEGANT-〉を使用。ジンベースのクラシックカクテル「ネグローニ」のホワイトバージョン。ハイビスカスやラベンダーで香づけられた〈LAST -ELEGANT-〉に合わせ、屋上のハーブ園から摘んだセージとラベンダーを乗せて、より華やかに。

お酒と楽しむ一皿「えびチリ 2.0ver.」

「えびチリ 2.0ver. (白鳥翔大 監修) 」1,000円

ジンのための逸品料理としてラインアップされている進化系のエビチリ。発酵させたトマトジュレや生姜、ハイビスカスを、フリットにして衣をサクサクにしたエビと合わせ、サラダ仕立てに。自家製の発酵一味唐辛子などのスパイス使いが、ジンの味わいを増幅させる。

斉藤さんのいるお店はここ。

蔵前 Stage

元は印刷工場だった建物のフレームを生かしたインダストリアルな空間。コンクリートの壁や、植物やボトルが飾られたスチールのラックなど、ラフに飾られた内装が心地よい。1Fはジンの蒸留所、屋上にはハーブガーデンがある。

■東京都台東区蔵前3-9-3
■050-3160-2428
■18:00~23:00 
■月曜休
 ※現在は緊急事態宣言に伴い休業中。再開の際にはInstagramなどで告知。

斉藤さんの音声はこちら

【本日の一言】
注目のエシカル・スピリッツ蒸留所併設のバー。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR