n_52390DB7-EFF0-4D04-801D-042104B4F09F

水辺のアクティビティとビーチのロッジも大充実! 南アフリカを楽しみ尽くす~第五回~ Learn 2017.12.21

南アフリカのすごいところは、自然のバリエーション。海はもちろん、湖や川での遊び方もワイルドだったりロマンチックだったり、本当に楽しいんです。

探検隊気分のカヤックに挑戦。川も湖もクリアで気持ちいい!

s_vsco-photo-1-1

透明度の高いKosi Riverではカヌートリップも。まるで子供の頃にテレビで見た某探検隊気分。私たちは遭遇しませんでしたが、実はここ、クロコダイルも生息しているそう。ワイルド感はけっこう高めです。

Processed with VSCO with c1 preset
Processed with VSCO with c1 preset

ワインとチーズをお供に眺めたこのサンセットは、世界遺産に登録されるイシマンガリソ湿地公園にある『Kosi Forest Lodge』のプールサイドからのビュー。南アフリカの自然のポテンシャルの高さを実感。

Processed with VSCO with c1 preset
Processed with VSCO with c1 preset

イシマンガリソ湿地公園内には4つの湖があって、それぞれがつながっています。その間はボートで行き来できて、シュノーケリングも可能。この日も欧米からのグループ客が水浴びをしていました。

Processed with VSCO with c1 preset
Processed with VSCO with c1 preset

古代ツォンガ族による簗を用いた漁も見学。ちなみに甘いお酒しか受け付けない私が滞在中、ひたすら飲んでいたのがこちらの南アフリカのサイダー(シードル)〈Savanna〉。美味しかったので、日本でも飲めたらいいのに。

世界遺産の湿原エリアで水辺の動物に遭遇。

インド洋沿岸のグレーター・セントルシア湿原公園 (イシマンガリソ湿地公園)は、世界最大級の湿原のひとつ。サンゴ礁から淡水の湿地帯、河口水域、森林地帯まで、自然の宝庫。南アフリカ初の世界自然遺産登録地で、アフリカ最大規模のカバの生息地としても有名。ということでさっそくクルーズへ。

s_vsco-photo-3-1

ボートに乗ってしばらくすると、カバの群れがあちらこちらに。おそらく大家族? なかには30頭あまりのグループもいて圧巻でした。よく見ると赤ちゃんも。

IMG_7726-Updated

あくびしてます。

IMG_7754-Updated

アフリカ大陸に生息し、古代エジプトでは信仰の対象でもあったナイルワニも! しばらく観察しましたが全く動かないので、同乗者たちは「置物なのでは…?」と。でも引き返して同じ場所を通ったら逆方向を向いていたので、おそらく本物です(笑)。

ビーチは目と鼻の先!グッドデザインのロッジに滞在。

5AAAEE86-3553-4F35-B66A-4145BBB303F0

南アフリカのロッジの魅力は陸系だけじゃありません。海辺のロッジもまたハイレベル。私が泊まった『Thonga Beach Lodge』は、南アフリカ・南東部沿岸の「マプタランド海岸」に位置していて、歩いて1分でほぼプライベート状態のビーチが。

Processed with VSCO with g3 preset
Processed with VSCO with g3 preset
Processed with VSCO with g3 preset
Processed with VSCO with g3 preset

宿泊棟は全部で24棟。バスルームなど水回りは最新で清潔感もあり日本人好み。ベッドは天蓋付きです。

Processed with VSCO with c1 preset
Processed with VSCO with c1 preset

こちらは自由に使えるラウンジ。Wi-Fi完備なので、ここでメールをチェックしたりも。

Processed with VSCO with c1 preset
Processed with VSCO with c1 preset

ダイニングからアクセスするこのデッキの先には…。

Processed with VSCO with c1 preset
Processed with VSCO with c1 preset

このビーチ!しかも人が全然いないので、独り占め状態。

Processed with VSCO with g3 preset
Processed with VSCO with g3 preset

高台に宿泊者用のサマーベッドが置かれているので、そちらでのんびり。目の前は真っ青なインド洋。天国…!忙しい日本の生活も、仕事のことも、すっかり忘れてしまいました…。

Processed with VSCO with m5 preset
Processed with VSCO with m5 preset

車で15分ほどのところには湖があって、ワインや軽食を持ち込めばサンセットピクニックも。カップル旅やハネムーンにも絶対素敵なロケーション。日本人にあまり知られていないのが惜しいくらい穴場です。

〈Thonga Beach Lodge〉
■1泊2食付きフォレストビューロッジR3,520~、オーシャンビューロッジR4,235~(季節により変動あり)。
■予約は最低3泊から。

☆「今が行き時!知られざるパラダイス、南アフリカを楽しみ尽くす」第一回はコチラ!
☆第二回「南アフリカといえばやっぱり動物!ワイルドライフをサファリで堪能。」はコチラ!
☆第三回「南アフリカに行ったら絶対泊まりたい!インスタ映え抜群のシーサイドホテル。」はコチラ!
☆第四回「フォトジェニックな〈オイスターボックス〉を女子的目線で味わう!」はコチラ!

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR