IMG_3797

言いたいコト、書きたいコトバ…混じり気ナシ! 弘中綾香の「純度100%」~第25回~ Learn 2020.04.24

ひろなかあやか…勤務地、六本木。職業、アナウンサー。テレビという華やかな世界に身を置き、日々働きながら感じる喜怒哀楽の数々を、自分自身の言葉で書き綴る本連載。2月に訪れた初インド旅行の記録は、インド1日目のおはなしへ。

「インドに行ってきた」(その4)

 まず、暑い。到着したのは夕方で、日も落ちていたのだけれど、日本から着てきた保温インナーが余計で、長袖のシャツ一枚でちょうどいいくらい。2月は乾季ということもあって湿気は感じず、日本のようなムワッとする嫌な暑さではなかった。
 次に、人が多い。空港を出るとタクシー乗り場が目の前にあるのだが、タクシー運転手とおぼしきおじさんやお兄さんが「タクシ?タクシ?」と訛りのある英語でひっきりなしに話しかけてくる。トランクを持とうとするので振り切ろうとするが、ずっとついてくる。ただ、これはちゃんと情報として事前に知っていたので、そこまで驚かずに済んだ。これについていくと、ぼったくられるらしい。事前に運賃を交渉してから乗るタクシーストップまで、そのおじちゃんたちの猛追を阻止しながら、Aさんたちと(前回記事参照)はぐれないようについていく。このおじちゃんたちは目的が明確だから良いのだが、そこかしこにたむろっている若者やおじちゃんたちは何なのか。予想がつかない。ここは渋谷ハチ公前か?と思うくらい人がうようよいた。あと、犬もそこらへんを歩いている。もちろん首輪はつけていない。ノラ犬であることは間違いない。周りの人も気に留めていない様子で、ほったらかしている。日本では考えられない光景だが、インドでは普通のことだと後々わかっていく。
 タクシーストップに着くと、これからご一緒する他のメンバーがいらっしゃっていた。皆さんは他の都市から入っているから、初めまして、だ。ご挨拶をする。後乗りかつ初見の私を、快く迎え入れてくださった!皆さんインド慣れしているということで、またしても安心してしまう私。ここでようやくメンバーがそろい、旅が始まった。

 まず、これは車検大丈夫か?というタクシーに乗って、ホテルに向かう。すべて後々わかっていくのだが、基本的に日本で走っているようなタクシーはほぼ見ることはなく、街を走っているタクシーはどこかしらぶつけているような車が多い。道中、クラクションを鳴らす車がとてつもなく多いことに驚く。挨拶なのだろうか?と思うくらい。1分に1回は、鳴らすか鳴らされるかの世界だ。
 そして、とにかく運転が荒い。車線などお構いなし、ウインカーを出すなんて皆無。ただただ、勢いだけで進んでいく。最初はものすごく怖いけど、旅の終わりには慣れて、こんなもんか、と思えたりする。
 タクシーで洗礼を受けて、インドに来た実感を持つ。ホテルはニューデリーという、デリーの中でも都市計画の下、新しく整備された街にある。このあたりは道路の幅も広く、車線も多いし、緑も多い。あれ、想像していたインドと違う。もっとごみごみしているイメージだったのだけれど。ホテルに着くと、さらにたまげた。日本でも見たことのないような立派なホテル!ロビーは吹き抜けで大きなシャンデリアがぶら下がっていて、綺麗なお花が至るところに生けられていて、クラシックだけど、モダンとの塩梅が素晴らしい。ホテルだけは良いところにしておけば、他がどんなに汚くても、心が休まるから、というインド通のみなさんの意見で女性陣だけここに泊まることにしたのだが、大正解だった。ひとまず荷物を置いて、と部屋に入ると、バスタブもあってシャワーも水圧も完璧!もちろん、清潔!やはり、初インド、皆さんについてきてよかった…と改めての感謝。もし、インド旅に躊躇している女性がいるとするならば、良いホテルなら設備面では問題ない、とお伝えしたい(グループ行動&タクシー行動していたので、治安が悪い!と思うことも今回はなかった。ニューデリーだからかもしれないが…)。

 時間も遅いので、ホテルのレストランで夕飯をとることになった。レストランもラグジュアリーな雰囲気。ちゃんとテーブルセッティングされていて、メニューも英語表記。これがインドで初めての食事だったが、食べたものすべておいしかった!東京のインドカレー屋さんで食べるカレーは塩味が強かったり、油が…と思うことが多かったのだけれど、本場はまったくそんなことなかった。ベジタリアンが多いゆえ野菜だけのメニューが豊富で、ほっこり優しい味がするものが多い。またカレーと一言で言ってしまっても、地方によって全然味が違うし、飽きるどころかバリエーション豊富すぎて、どんどん色んな種類を食べたくなる。奥深い…。サラダにもスパイスをかけて食べるというのでびっくりしていたら、明日はありとあらゆるスパイスが集まるスパイスマーケットに行こう、という話になった。そこはオールドデリーという、まさにインドらしいインドが見られる場所らしい。心高まりつつ、一日目は終わった。
 
次回:5月8日更新予定

photo:moro_non
photo:moro_non

【弘中のひとりごと】
ラフマニノフのピアノコンチェルト見に行きたいな。

---------------------------
【2020年12/25追記】この連載が本になります!下記画像をクリックすると購入予約可能な書籍紹介ページに遷移します。

Videos

Pick Up

SPpeachPeachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅。2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で豊かな森も美しい海も楽しめ、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高くなるのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です! 日本のLCCを代表するPeachなら、奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損!Travel 2023.02.28 PR
サントリーvol3SP文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.3「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2023.02.28 PR
サントリーホールのオルガンは、オーストリアのリーガー社謹製。職人たちが1年がかりで手作業で作ったパイプをはるばる船で運び、半年かけて設置したのだとか。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.2「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2023.01.27 PR
記事3_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅③ | 絶景サンセットから、夜の森でアマミノクロウサギに遭遇!絶滅危惧種を含むユニークな動植物が数多く生息する鹿児島県の奄美大島。奄美群島のひとつである徳之島、沖縄島北部、西表島とともに2021年に世界自然遺産に登録され、海外からも熱い視線が集まっています。 サンゴを育む奄美ブルーの海と白砂がまぶしいビーチ、アマミノクロウサギをはじめとする天然記念物も暮らす亜熱帯の森やマングローブの原生林。地球の宝ともいえる、奄美ならではの美しい自然を味わってみませんか? 奄美大島は「アクセスが良くない」というイメージもありますが、LCCのPeachが運航する直行便なら、成田空港から約3時間、関西空港から約2時間。そして時期によっては片道4,990円からとリーズナブル! “遠い楽園”が身近になるPeachの直行便で奄美大島2泊3日の旅に出たのは、ハナコラボパートナーであるフォトグラファーのもろんのんさん。今回はサンセットの名所と森のナイトツアーを体験した絶景&アクティビティ編をお届けします。 公式サイトはこちらTravel 2023.03.14 PR
記事2_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅② | とれたての海鮮丼から、島唄居酒屋で歌って踊って!?2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で、豊かな森も美しい海も楽しめ、「沖縄より混雑していない」ことでも注目されて、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高いのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です!日本のLCCを代表するPeachなら奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4,990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損! そこで、ハナコラボ パートナーである藤井茉莉花さんが奄美大島2泊3日の旅へ。 奄美に魅せられて移住し、現在は多拠点でライターや通訳士として活動する藤原志帆さん(https://enjoy-amami.com/)に教わったおすすめスポットをまわります。 今回は海鮮丼、島唄割烹、お土産のセレクトショップなど、グルメ&お買い物編をお届けします。 公式サイトはこちらTravel 2023.03.07 PR
記事1_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅① | 島とうふにスパイスカレー、超地元スーパーでおかいもの。2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で、豊かな森も美しい海も楽しめ、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島(かけろまじま)や徳之島(とくのしま)、沖永良部島(おきのえらぶじま)など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高いのでは」と心配する声が聞こえてきますが…大丈夫です! 日本のLCCを代表するPeachなら、奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損! そこで、ハナコラボ パートナーでフォトグラファーでもあるもろんのんさんが奄美大島2泊3日の旅へ。 奄美に魅せられて移住し、現在は多拠点でライターや通訳士として活動する藤原志帆さん(https://enjoy-amami.com/)に教わったおすすめスポットをまわります。 まずは、島とうふの定食にスパイスカレー、超地元スーパーでショッピングなど、グルメ&お買い物編をお届けします。公式サイトはこちらTravel 2023.02.28 PR