n_DSC8202

ハマるひと続出! 【京都】絵本にアンティーク、金物…見て買って食べて楽しめるショップ×カフェ Food 2017.07.12

買い物の合間にほっと一息つけるといったイメージが強いショップ併設のカフェ。しかし、ビオワインなどアルコールが充実してバー使いも可能なお店も登場!楽しみ方がさらに広がる京都のショップ×カフェを4軒ご紹介します。

1.人気セレクトブックストアの新展開は、カフェ併設ののんびり空間。〈ホホホ座三条大橋店〉

DSC8167

三条大橋のたもとに誕生した、京都では2店舗目となる〈ホホホ座〉の最新店。古い商店を思わせるレトロな空間に、本と雑貨がずらり。

本は「誰もが手に取りやすいもの」という緩やかなルールのもと、新書を中心に古書やリトルプレスなども交えてセレクト。

DSC8225

『髪とアタシ』『ゴミ』といったタイトルを眺めているだけでも楽しい。猫好きの店主によって集められた、猫ものの本や雑貨もちらほら。

今後は暮らしや食にまつわるタイトルも増やしていくそうで、こちらも楽しみ。

DSC8186

古い町家を改装した空間には、グループ唯一の喫茶も。鳥取〈miepump coffee〉焙煎のコーヒーやラム酒を効かせたパウンドケーキなど、本を片手に楽しみたいメニューがそろう。

DSC8202

オリジナルブレンドコーヒー450円。ラム酒漬けドライフルーツのパウンドケーキ450円(ドリンクとセットで100円引き。(各税込)。季節の果物を使ったジャムソーダや自家製バターチキンカレーもおすすめ。

DSC8141

2.独自目線のセレクトが新鮮!大人も楽しめる絵本カフェ。〈絵本カフェMébaé〉

DSC8377

書店や雑貨店を営む〈ふたば書房〉の新展開は、カフェ併設の絵本専門店。絵本専門士の資格を持つ社長自らがセレクトを担当。0歳児向けの文字なし絵本から国内外の名作、新刊まで、約600タイトルが並ぶ。靴を脱いで上がる絵本スペース。壁一面を覆う本棚には、テーマ別に並べられた様々な絵本が。本は自由に閲覧・購入できるほか、選んだ本をカフェスペースに持ち込むのもOK。

「笑う」「仕事」「ママ」など、ユニークなジャンル分けがされた棚もあり、新しい視点で本を選べるのが楽しい。

DSC8393

食や本にまつわる本や雑貨の販売も。

DSC8330

壁面を利用したギャラリーコーナー。4/8からはイラストレーター、オガワナホさんの原画展を開催。

カフェでは〈カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ〉の焙煎豆を使ったコーヒーや軽食を用意。

DSC8365

「はらぺこあおむしのクロックムッシュプレート」750円(税込)。パンは烏丸御池〈アネ〉の山食を使用。

DSC8409

月替わりの絵本原画展やワークショップも必見!

3.インダストリアルな空間に並ぶ個性豊かなブロカントの数々。〈SOWGEN 四条店〉

DSC8429

北白川〈そうげんカフェ&ブロカント〉の姉妹店。駐車場&倉庫だった場所をリノベーションしたインダストリアルな空間に、国籍も年代も様々な家具や古道具がひしめき合う様は圧巻!パン屋さんで使われていたガラスケースや欧州の蚤の市で出合った陶器、照明まで幅広い品ぞろえ。春にはフランスから家具や雑貨が多数到着予定。

グリーンを随所に効かせたディスプレイもセンス良く、その全てが購入可能なのもうれしい。

DSC8473

デンマークの「シュガーポット」6,200円、「平皿」3,600円~。

DSC8509

カフェで使われている家具や古道具も購入可能。お酒も豊富で、夜はバー使いもOK。

奥に用意されたカフェでは、京都の焙煎所の豆を使ったコーヒーやサンドイッチといったメニューに加え、ビオワインなどのアルコールも充実。昼夜問わず訪れたい、頼れる存在の一軒。

DSC8451

「抹茶のテリーヌ」450円(ドリンクとセットで100円引き)、山科の〈ガルーダコーヒー〉の日替わりブレンド500円。

DSC8421

4.パーツ好きを魅了する名店が移転。カフェの登場でますます楽しく。〈BOLTS HARDWARE STORE〉

“D.I.Y.好きの聖地”的存在のセレクト金物店が、上賀茂神社近くにお引っ越し。ショップスペースの拡大と共に、アイテム数も大幅増。いっそう充実のラインナップに。

DSC7418

店主・朝陽鎮也さんが手がけるオリジナルパーツを筆頭に、国内外から優れたデザインの金物や道具類をセレクト。唯一無二の品ぞろえに長居は必至!

DSC7489

真鍮製のキーリング300円~など普段使いのアイテムも。

また、店主の奥様による〈喫茶部〉も新たにスタート。

DSC7364

高い天井と窓から差し込むまろやかな光が心地よいカフェスペース。

東京の珈琲焙煎店〈ろばや〉の有機栽培コーヒーや、卵や乳製品を使わず焼き上げる素朴な味わいの焼き菓子など、からだが喜ぶ優しいメニューで出迎えてくれる。

DSC7402

京丹波産のまいこ金時を使用した「焼き芋のスコーン」200円、「有機栽培コーヒー」370円。奥様が集めていたという北欧ヴィンテージの器で提供。

DSC7469

パーツ選びに、焼きたてのおやつを目当てにと、通いたくなる要素がたくさん!

こんな記事もオススメ!
☆Hanakoセレクト!ときめき京都旅まとめはコチラ!
☆おしゃれなショップ×カフェその1はコチラ!
☆フォトジェニックメニューに出会える京都の隠れ家カフェ3軒はコチラ!

(Hanako1131号/photo : Noriko Yoshimura text : Azusa Shimokawa)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR