main2
2020.06.24

第6回 いまさら聞けない基本のお作法を、徹底解説! 「手水を取って心身を清めよう」/MARIKOの、神社 de デトックス!

今回のテーマは、参拝する際にお馴染みの「手水」について。実はただ手を洗うだけではなく、心身の穢れを祓う大切なものなんです。意外と知らない手水の正しい作法を知ることで、神様にご挨拶する準備を整えましょう。

「手水」ってどんなもの?

“てみず” や “ちょうず” とも呼ばれる「手水」。参道脇にある「手水舎(てみずや)」の水を使って手と口をすすぐことは「手水を取る」と言われ、神社を参拝する上で、心身を清める大切な行為とされています。

IMG_2002

「手水」は、ただ手や口を洗うだけでなく、「禊(みそぎ)」をシンプルにしたものだとも言われています。禊の起源が、国生みを行なったとされる「伊邪那岐命(いざなきのみこと)」が、死者の国「黄泉の国(よみのくに)」から帰ってきた時に、全身を水に浸かって「禊祓(みそぎばらえ)」をしたことが始まりとされていますから、私たちが水によって穢れ(けがれ)を清めているという意味も納得できますね。

「手水」の手順をご紹介!

Step 1.「 左手を清める」

まず右手で柄杓を持ち、水を汲んだら左手を清めます。
まず右手で柄杓を持ち、水を汲んだら左手を清めます。
はじめに柄杓に注いだ水で全ての手順を行うので使い切らないように。
はじめに柄杓に注いだ水で全ての手順を行うので使い切らないように。
まず右手で柄杓を持ち、水を汲んだら左手を清めます。
はじめに柄杓に注いだ水で全ての手順を行うので使い切らないように。

Step 2.「 右手を清める」

柄杓を左手に持ち替え、右手を清めます。
柄杓を左手に持ち替え、右手を清めます。
手を清める際は周りに注意しながら丁寧に。
手を清める際は周りに注意しながら丁寧に。
柄杓を左手に持ち替え、右手を清めます。
手を清める際は周りに注意しながら丁寧に。

Step 3.「 口を清める」

再び柄杓を右手に持って、左手に水を溜め、口をすすぎます。柄杓に口をつけたり、水を飲むのはNGです。
再び柄杓を右手に持って、左手に水を溜め、口をすすぎます。柄杓に口をつけたり、水を飲むのはNGです。

Step 4.「 再び左手を清める」

口をすすいだ左手をもう一度清めます。
口をすすいだ左手をもう一度清めます。
身も心もスッキリ。残すは1step!
身も心もスッキリ。残すは1step!
口をすすいだ左手をもう一度清めます。
身も心もスッキリ。残すは1step!

Step 5.「 柄杓の柄を清める」

最後に、残った水で柄杓の柄を洗い流し、元に戻します。これにて終了!
最後に、残った水で柄杓の柄を洗い流し、元に戻します。これにて終了!

神様へのご挨拶は、心身のお清めが肝心。

写真11

大切な予定がある日にはファッションに気を遣うように、参拝ではきちんとした自分で神様と向き合いたいもの。“清浄”であることが重んじられる神道において、手水を取ることはまさに身も心も綺麗になれる、参拝前の大切な準備です。普段よりも丁寧に手水を取ることができたら、いつもの参拝がちょっと違って見えるかもしれませんね。

MARIKO
MARIKO

「ファッションや美容など幅広い方面で活躍するモデルでありながら、神社検定1級を持つ神社好き。神社の話題は、インスタグラム@marikozaemonでも。」

MARIKOさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る