main
2020.05.27

第4回 いまさら聞けない基本のお作法を、徹底解説!  「参拝の“きほん”をおさえよう」/MARIKOの、神社 de デトックス!

神社検定1級を持つモデルのMARIKOさんが、今行くべきおすすめの神社と、参拝時の基本のお作法を2本立てで綴っていくこちらの連載。第4回目のテーマは「参拝」について。知ってるようで意外と知らない参拝の“きほん”を解説します。

参拝のお作法について学ぼう。

ff

神社に訪れるとき一番大切にしたいのが参拝の時間。神様にご挨拶する上で欠かせない「二拝二拍手一拝」といった参拝のお作法ですが、いざお賽銭を入れて拝もうとすると「どうするんだっけ…?」と慌ててしまうこともありますよね。せっかくの参拝を気持ちのよいものにするためにも、今回は正しい参拝のお作法についてご紹介します。

まずは、お賽銭で日々の感謝を。

MG_8711_re-768x512

私たちが普段祈願する場所は「拝殿」といい、その奥には神様がお祀りされている最も神聖な「本殿」があります。まずは拝殿前に立ち、お賽銭を入れましょう。お賽銭は神様への日々の感謝を表すためのお供えもの。元々は神前に米をまいたり、米を紙に包んだ「おひねり」をお供えしていましたが、時代とともに変化しました。ちなみにお賽銭の金額に決まりはありません。お賽銭は神様へのお供え物なので、気持ちを込めて丁寧に入れるのも大切です。

「二拝二拍手一拝」の動作に心を込めて。

参拝の基本「二拝二拍手一拝」の手順を、4つのステップに分けてご紹介します。

写真2

Step 1. 「二拝二拍手一拝」へと入る前に、まずは賽銭箱の上に吊るされた鈴を鳴らします。鈴はその音色で人々を祓い清め、神様をお招きする道具です。魔除けの力があると信じられていて、お守りに鈴がついているのもそんな理由なんですよ。

写真3

Step 2. 次に90度のお辞儀を二回します。続けて、両手を胸の高さに合わせ、右指先を少し下に引いて二回拍手を打ちましょう。拍手は「柏手(かしわで)」ともいい、古くは貴人に対しても行われていた日本古来の拝礼作法です。

写真4

Step 3. 両手を合わせて祈願しましょう。ちなみに私の場合、通い慣れた馴染みの神社には、日々元気でいられることの“感謝の気持ち”を。初めての神社であれば、「はじめまして。どうぞこれから宜しくお願いします!」といった“ご挨拶”を意識することが多いです。

2020-04-06_12-22-42_000

Step 4. 両手を下ろし、最後にもう一度90度のお辞儀をして完了です。

お作法を身に付け、気持ち穏やかな参拝を。

ss

参拝の基本は「二拝二拍手一拝」ですが、先日ご紹介した〈桜神宮〉の「二拝四拍手一拝」のように、独自の作法を行う神社もあります。参拝作法は難しそうなイメージもありますが、ひとつひとつの動作に心を込めることで、自然と自分の気持ちが整えられることも。穏やかな気持ちで参拝するためにも、お作法を身に付けるのはおすすめですよ~!

MARIKO
MARIKO

「ファッションや美容など幅広い方面で活躍するモデルでありながら、神社検定1級を持つ神社好き。神社の話題は、インスタグラム@marikozaemonでも。」

MARIKOさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る