SDGs 五月女さん
2022.07.01 — Page 1/2

第71回 ハナコラボSDGsレポート 日本発の「母子健康手帳」が世界へ!小さく生まれた赤ちゃんとママを支える「リトルベビーハンドブック」の輪が広がる

ハナコラボ パートナーの中から、SDGsについて知りたい、学びたいと意欲をもった4人が「ハナコラボSDGsレポーターズ」を発足!毎週さまざまなコンテンツをレポートします。第63回は、ライターとして活躍する五月女菜穂さんが、NPO法人〈HANDS〉の横田雅史さんと、〈国際母子手帳委員会〉事務局長の板東あけみさんに話を伺いました。

母親のお腹にいるときの様子や、子どもがいつどこで生まれて、どのように成長したのかが記録される、母子健康手帳(母子手帳)。実は、世界で最初の母子手帳は日本で生まれたことをご存知ですか。

日本では“当たり前”に感じていた母子手帳ですが、今や50以上の国と地域に広がって、世界中の母と子の命を守っているーー。小児科医の中村安秀さんが書いた『海をわたった母子手帳 かけがえのない命をまもるパスポート』(旬報社)の本などを読み、まさにSDGsの「すべての人に健康と福祉を」にも合致する活動に興味を持ちました。

今回は、途上国で母子手帳の導入や普及をサポートしているNPO法人〈HANDS〉の横田雅史さんと、〈国際母子手帳委員会〉事務局長の板東あけみさんにお話を伺いました。

五月女 菜穂
五月女 菜穂 / フリーライター

「1988年東京都生まれのハナコラボメンバー。旅と演劇を愛するアラサー女子。海外渡航歴は40か国超ですが、最近は国内旅行もはまっています。」

五月女 菜穂さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る