山の上ホテルの客室で読書をするまろさん

まろが行く、ひとりホテルのすゝめ 私だけの“避暑地”でおこもり。文豪達を魅了する 東京・御茶ノ水〈山の上ホテル〉 Travel 2023.09.18

誰かと一緒に過ごすのはもちろん楽しいけれど、時にはひとりになりたい時間がある。そんな誰もが抱く欲求に、ひとり時間の楽しみ方を提案し、ひとりホテルステイに“沼っている”まろさんが寄り添います。こだわり抜かれた空間を満喫し、宿を通して街を知り、自由気ままに散策する…。今回は東京・御茶ノ水の〈山の上ホテル〉を訪れました。

文豪に愛され続ける、丘の上に佇む小さなホテル

山の上ホテルの外観

第9回目は、東京・御茶ノ水にある〈山の上ホテル。坂を上がって、丘の上にひっそり佇んでおり、東京とは思えない静けさに包まれています。開業は1954年。以来、川端康成氏、三島由紀夫氏、池波正太郎氏をはじめ数多くの作家に愛されてきたホテルとして名高く、今も文化人を魅了し続けています。

ロビーで出迎えてくれるホテルマンの方のクラシックな制服と佇まいから、ワクワクするんですよね。今となってはこういうスタイルって珍しくて。すでに小説の一コマに出てくるような雰囲気です。

ホテルマンのクラシックな制服と佇まいがホテルのレトロな雰囲気を引き立てます。
ホテルマンのクラシックな制服と佇まいがホテルのレトロな雰囲気を引き立てます。

そして、ひとたびロビーに足を踏み入れると、幾何学モチーフ直線、波線形が多用されたアールデコ調のデザインが目を惹きます。椅子に座ってチェックインするので、ゆっくりとこの空間を味わえるのがいいんですよね。

幾何学模様のテラゾー床が映えます。
幾何学模様のテラゾー床が映えます。
チェックインはこちらのロビーで。窓際にはリサ・ラーソンのライオンのオブジェも。
チェックインはこちらのロビーで。窓際にはリサ・ラーソンのライオンのオブジェも。
文化人を思わせる素敵なデスクもあります。
文化人を思わせる素敵なデスクもあります。

客室に続く、なんとも上品で美しい螺旋階段にはうっとり階段のタイルなど、随所に散りばめられた意匠も見逃せません。

上の階から眺めると、その螺旋構造の美しさに驚かされます。
上の階から眺めると、その螺旋構造の美しさに驚かされます。

ひとりだからこそ、時間をかけてディテールに目を凝らしながら、すーっとこの〈山の上ホテル〉の“空気”を吸い込む時間がとても幸せで。これだけで、「ああ来てよかった」と心から思えます。

静かで気楽、そしてチャーミングなお部屋

お部屋は、わずか35室。一つとして同じレイアウトのものはなく、どれも個性を放っています。

私は、おひとりさまにぴったりな「デラックスシングル・ダブル(洋室)」のお部屋をチョイス。窓一面に広がる木々を眺めながら、椅子に腰掛けて、ゆったり読書する時間がなんとも心地いいのです。(神保町が近いので、チェックイン前に古本屋で旅の一冊を探すのもおすすめ!)

ゆったりと腰掛けて読書をする時間が贅沢。
ゆったりと腰掛けて読書をする時間が贅沢。

お部屋にある便箋の中に「のんびりと おうちの居間とおんなじ ここはさういふ 気楽なところです」と書いてあるのですが、まさにそんな空間。心ゆくまで寛ぐことができます。

便箋のメッセージにも思いやりが溢れています。
便箋のメッセージにも思いやりが溢れています。

そして、お部屋の隅々まで、“愛おしい”に溢れていて。丸みを帯びた鏡台や、お部屋のアクセントになっている一輪の薔薇アメニティの手書き文字ランドリーバッグドアプレートのイラスト…。一つひとつ手にとるたびに、思わず抱きしめたくなる可愛さです。

山の上ホテルの掃除中の札
山の上ホテルのアメニティ
山の上ホテルのランドリーバッグ
山の上ホテルのドレッサー

ルームキーも、とても美しくて。いつもこうやって、外の緑を透かしては惚れ惚れしています。実は、こちら小さめのものがキーホルダーとして売られていて、お土産で購入もできるんです! 〈山の上ホテル〉での思い出に、これは欲しくなる…。(※現在は売り切れ中ですが、10月上旬入荷予定とのことです)

ルームキーの美しさも〈山の上ホテル〉ならでは。
ルームキーの美しさも〈山の上ホテル〉ならでは。

〈山の上ホテル〉でかなう“美食探訪”

山の上ホテルのもう一つの魅力は、やっぱり“”。館内には、なんと7つものレストラン&バーがあり、美味しい食の宝庫なんです。

創業者の吉田俊男氏が食に対して、こだわりと情熱に溢れた人だったことと、長い間滞在する文豪の先生たちのリクエストもあって、飲食店がこれだけの数になったんだとか。滞在中に何を食べようか、自分の思うままに、組み合わせられるのがひとりステイの特権! ということで、私が今まで滞在した中でも特に心に残ったお店を紹介していきます。

ホテル内にある喫茶店「コーヒーパーラー ヒルトップ」。
ホテル内にある喫茶店「コーヒーパーラー ヒルトップ」。

まずは、〈コーヒーパーラー ヒルトップ〉。古き良き時代に愛されたクラシックコーヒーのほか、ペストリー監修の人気スイーツがいただけるのですが、やはり名物の「プリンアラモード」は欠かせません! 子供の時から食べたいと思っていたスイーツの夢が全て詰まっているこの感じ、たまらないですよね。

可愛らしいバラの照明や、ホテルロゴの入ったコースターテーブルクロス、その全てにときめいちゃってください。チェックインして少しお部屋で休んで、夕方の少し空き始めた時間を狙っていくのがおすすめです。

コーヒーパーラー-ヒルトップの名物プリンアラモード
山の上ホテル内にある喫茶店「コーヒーパーラー ヒルトップ」のシャンデリア
山の上ホテル内にある喫茶店「コーヒーパーラー ヒルトップ」のコースター

そして、ディナーは〈てんぷらと和食 山の上〉。カウンターにて、目の前でどんどんと天ぷらが揚げられ、まるでお寿司屋さんのようにコースでいただくことができます。天ぷらが揚がるジューというBGMと、 “職人さん”たちのこだわりが詰まった旬の食材についてのお話も聞けて、何重にも美味しいんです。

目の前で揚げてもらった活車海老と鱚(きす)天。
目の前で揚げてもらった活車海老と鱚(きす)天。

締めの穴子の天ぷらは、天丼にもできるとのことで、私は迷わず天丼に。お腹いっぱいで、泣く泣く途中でギブアップしてしまったのですが、なんとお部屋にはお持ち帰りOKとのことで、しっかりお夜食でいただきました。〈山の上ホテル〉生活、最高だな…。

締めの“穴子天丼”。なんと贅沢…。
締めの“穴子天丼”。なんと贅沢…。

最後は、「バーノンノン」に。天ぷらを食べたこの日は、実はお腹いっぱいでお部屋でバタンキューだったのですが(笑)、前回行った時に初めて、勇気を出して足を踏み入れまして。小さな英国風バーなのですが、趣があってカッコよくて、一人でふらっと来る常連さんもいて、私も“文化人気分”で季節のカクテルをいただきました。いつか背伸びをせずに、この空間にすっと馴染めるような大人になれるように、頑張るぞ。

「バーノンノン」。入り口から英国風。
「バーノンノン」。入り口から英国風。
文化人気分が味わえる圧巻の内装。
文化人気分が味わえる圧巻の内装。

お土産に、パティスリーでケーキを買うのもお忘れなく。夢のようなショーケースの前で悩める時間の贅沢さといったら!私のオススメは、“HILLTOP”のロゴが入っている、「山の上チーズケーキ」です。

山の上ホテルのスイーツ
山の上ホテルのスイーツ

【HOTEL INFORMATION】

今回宿泊したホテル:山の上ホテル
住所:〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-1
公式HPhttps://www.yamanoue-hotel.co.jp/
公式インスタグラムhttps://www.instagram.com/yamanouehotel/

まろの編集後記 〜Vol.9のステイを終えて〜

山の上ホテルの客室のデスクで手紙を書くまろさん

いかがでしたでしょうか? いやもうね、飲食しかり、一泊ではとても足りなくて、何日か連泊して、ここで暮らすのが本当におすすめなのでございます。ぜひ、この私だけの“避暑地”に篭ってみてください

そして、実は今回、よりひとりステイの様子が伝わるようにと、滞在とは別に撮影時間を少し設けて、プロの素敵なカメラマンの方に撮影いただきました。実はひとりステイのときも、お部屋にカメラを置いて、ホテルの空間にいる自分を撮ることがあるんですが、プロの方の手によってより雰囲気のある写真になり、何より大好きな山の上ホテルで撮影できて大感激でした…! この写真たちは家宝にしようと思います。

また時々こんな形で連載をお送りできたらと思っていますので、そんなところも楽しみにいただけたら嬉しいです。

それでは、HAVE A NICE HITORI HOTEL!

text_Maro photo_Yuka Uesawa

Videos

Pick Up

SP用トップ画像ハナコラボ パートナーが楽しむ、とっておきのホテルステイ実現の理由とは。これからの旅にはホテル提携のクレジットカードがお得! 〈ヒルトン小田原リゾート&スパ〉編。久しぶりに行動制限なしで外出を楽しめる今年は、旅行へのモチベーションが高まっている人も多いのでは。旅で使うお金や日常生活の支払いを一つのクレカにまとめると、ポイントや特典がついてお得に。貯めたポイントを次の旅行でも使えたりするから、クレカ選びは大切。今、旅行好きでコスパや特典重視の人たちにおすすめしたいのは、とっておきのホテルステイを驚くほどお得に実現できてしまうカード。 中でも注目すべきは「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス®・カード」。料金の上がりがちな週末に世界中のヒルトングループのホテルに一泊無料で宿泊ができる「ウィークエンド無料宿泊特典」などがあり、年会費の元があっという間に取れてしまうと評判です。そこで、旅行好きのハナコラボ パートナーの二人がこのカードを体験してみました。毎日の決済やヒルトンでの滞在などでカードを利用しポイントを貯めている様子や、どんな特典を楽しんだかをリポートします(抽選で100名さまにAmazonギフトコードカード500円分が当たる読者アンケートを実施中。回答は記事の最後から) (PR/ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス®・カード)Learn 2023.08.31 PR
ホテルインディゴ東京渋谷時代と共に変わりゆく街・渋谷を表現!〈ホテルインディゴ東京渋谷〉が誕生大型複合施設〈道玄坂通 dogenzaka-dori〉の上層階に、〈ホテルインディゴ東京渋谷〉が8月29日(火)開業。ここでしか体験できない、クリエイティブな渋谷を感じられる施設とは?気になる魅力をご紹介します。(PR/ホテルインディゴ東京渋谷)Travel 2023.08.29 PR